>  >  > ジェジュン、シンガーとしての魅力

ジェジュン、“ロック”なシンガーとしての魅力 バラエティとのギャップもポイントに

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日6月15日、ジェジュンが約8年半ぶりに『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演する。本国では俳優やタレントとしての活動が目立つジェジュンだが、27日にソロとして日本1stシングル『Sign/Your Love』をリリースする。シンガーとしてどのような魅力があるのか。K-POPアーティストに詳しいライターの西門香央里氏に話を聞いた。

ジェジュン『Sign/Your Love』(通常盤)

 西門氏は、K-POPアーティストの中でも個性が強く、男性も憧れるミュージシャンだと教えてくれた。

「K-POPアーティストの楽曲は、EDMやダンスミュージック、エレクトロポップが多いのですが、ジェジュンはソロの時はロック色の強いアーティストとして活躍してきています。新曲『Sign』もロックバラードです。力強さがありながらも甘い声の持ち主だと思いますが、ボーカリストのスタイルとしては日本のアーティストのHYDEやGACKTに近いものがあると感じています。ロックを歌えるK-POPのボーカリストというのは、貴重な存在ではないかと個人的には思っています。過去の楽曲ですが、『Mine』のMVは、ヘヴィでダークなサウンドやゴシックテイストな映像から、日本のヴィジュアル系を彷彿させました」

김재중_KIM JAEJOONG_MINE_MV

 サウンドやボーカルだけでなく、メイクやパフォーマンスも“ロック”な印象があるという。

「K-POPアーティストは、最近は特に中性的なメイクが多いのですが、ジェジュンの場合、中性的でありながら目元を強調したをダークなメイクなのも特徴です。ライブではマイクスタンドを巧みに使い、ステージを縦横無尽に動き、ロックアーティストさながらの振る舞いが印象的。また、さいたまスーパーアリーナなどの広い会場でも、遠くの席にいる観客としっかりコミュニケーションをとる場面などがあり、ファンを大切にしていることが感じられます。だからこそ長い間日本でも人気があるんでしょう」

ジェジュン (Jae Joong 김재중)「Sign」(short ver.)

      

「ジェジュン、“ロック”なシンガーとしての魅力 バラエティとのギャップもポイントに」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版