>  >  > Perfumeら出演『Amuse Fes』レポ

『Amuse Fes in MAKUHARI 2018 - 雨男晴女 -』レポート

ポルノグラフィティ、Perfumeら出演 『Amuse Fes』限定コラボ企画を振り返る

関連タグ
Perfume
高橋優
FLOW
ポルノグラフィティ
WEAVER
Rihwa
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月2日、幕張メッセ国際展示場 9~11ホールにて『Amuse Fes in MAKUHARI 2018 - 雨男晴女 -』が開催された。同イベントはアミューズが主催し、高橋優、Perfume、FLOW、ポルノグラフィティ、WEAVER、エドガー・サリヴァン、辻村有記、藤原さくら、フレデリック、Rihwaの10組のアーティストが出演。今回で5回目の開催となった同イベントの魅力は、各アーティストのステージに加え、アミューズスペシャルバンドによるここでしか見られないコラボレーションだろう。そこで本稿ではコラボ企画を中心に当日の模様を振り返ってみたい。

(C) 上山陽介

 コラボ/カバー企画はこれまでの『Amuse Fes』でも様々に趣向を変え、度々行われてきたが、今回は島袋優(Gt / BEGIN)、阪井一生(Gt / flumpool)、GOT’S(Ba / FLOW)、杉本雄治(Key / WEAVER)、上地等(Key / BEGIN)、小倉誠司(Dr / flumpool)による1日限りの“アミューズスペシャルバンド”による演奏に、曲ごとにゲストボーカルを迎える形で行われた。選ばれた楽曲は発売から30周年の爆風スランプ「Runner」、島袋作曲の「海の声」、現在活動休止中のflumpoolの「星に願いを」、そしてサザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」だ。サプライズゲストのサンプラザ中野くんとFLOW・KOSHI、KEIGOが歌唱した「Runner」は、3人のボーカルで原曲よりさらにパワフルに。タイトルにちなみ、ステージ上を走り回るパフォーマンスで会場を沸かせた。

 一方、ポルノグラフィティ・岡野昭仁が柔らかな歌声で披露したのは「星に願いを」。後輩の楽曲を歌ったことについて岡野は本番後の囲み取材で、「スペシャルバンドがいて、flumpoolの曲を歌うということで、僕でいいのかな、みたいな」と心境を明かし、自分たちのステージよりも緊張したと振り返っていたが、岡野のボーカルにより真っ直ぐに届けられた歌詞は療養中の山村隆太へのメッセージにも受け取れた。また、比嘉栄昇から衣装を借りたという高橋優は「海の声」を歌唱。力強い高橋のボーカルはスペシャルバンドの演奏とマッチし、早くも夏の気配を感じさせた。

      

「ポルノグラフィティ、Perfumeら出演 『Amuse Fes』限定コラボ企画を振り返る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版