>  > やなぎなぎが考える、マルチな視点の表現活動

『無形のアウトライン』インタビュー

やなぎなぎが考える、“歌い手”と“作り手”の視点が共存した表現活動

関連タグ
やなぎなぎ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゼロから何かを作るという行為が生きがい」 

——話は変わりますが、やなぎさんは昨年にTVアニメ『Just Because!』で初めて劇伴音楽の制作に挑戦したり、同作のテーマソングや自身のシングルとアルバムの制作、ryo (supercell) × やなぎなぎ「メルト 10th ANNIVERSARY MIX」の発表など、近年ますます精力的に創作活動を行われている印象があります。そのクリエイティブのエネルギーはどこから生まれてるのかなと思いまして。

やなぎ:どこから生まれてくるんでしょうね(笑)。でも、私はやっぱり作ることが好きなんです。ゼロから何かを作るという行為が生きがいみたいなところもあるので、「時間がもっとほしい」と思うことはありますけど、作ることが苦しいとか頑張ってるみたいな意識はなくて。どんどん作ることのほうが楽しいですし、劇伴でアイデアが出そうにないときは歌ものを作ってみることが気分転換になったりして、そのバランスも楽しくて休もうという気持ちもあまりなかったですね。

——やなぎさんは同人活動の中でいわば自分の趣味として作品を作られてもいますが、そういった“作ることの楽しさ”を失わないまま現在はプロとして創作活動を行っている印象があります。

やなぎ:もちろん同人でやってた時は自分の自由に作ってましたし、アニメの主題歌の場合は作品に沿ったものを作るという違いはあるんですけど、やっぱりその分アニメから得るインプットがたくさんあるので、そこは自分の世界観がどんどん広がっていく部分なので積極的にやりたいと思ってます。だから「何かを作れるのであればどんどんテーマをください」という感じですね(笑)。

——かつ、やなぎさんはご自身で作詞・作曲もされますが、一方で今回の「無形のアウトライン」のようにアニメタイアップ曲などでは他者から楽曲提供を受けることがほとんどです。一般的にシンガーソングライターの方は他者からの曲提供を受けることが少ないですけど、やなぎさんはタイアップ作品の内容に合うのであれば、自分以外の適した人に曲を書いてもらうように判断できるバランス感覚を持たれていて。

やなぎ:どうなんでしょうね。私は作ることが好きですけど、聴くのも好きですし、好きな曲を書かれる方もたくさんいるので。作品のタイアップをいただいた時は自分もその作品のファンになっていくので、「自分ならこの作品の主題歌はこの人に書いてもらったほうがうれしいな」と思う時もありますし、そういう目線になってしまうんです。そこにあまり抵抗とか執着はないですね。

——自分の中にシンガーソングライター視点とプロデューサー視点の2つが共存しているような感じなのでしょうか。

やなぎ:そこはけっこう意識して心がけてる部分でもありますね。自分ひとりで自由に作品を作る時はシンガーソングライターでいいと思うんですけど、自分以外の要素が入る場合、例えば「このお話をもとに曲を作ってください」ということになると、自分だけの目線ではひとりよがりになりますから。だから、アニメタイアップの時は自分を一度客観的に見ることを意識していて、それが「この人にお願いしたほうがいいだろう」という第三者目線になるのかもしれないですね。

——そういう視点を持てるようになったのはデビュー以降?

やなぎ:以降ですね。いろんな人に曲を聴いてもらえるようになってから、だんだん自分だけで作ってたものが他の人にも伝わるようになって、自分の思っていた意図と違うように受け取られてしまうこともあることを実感して。それはそれでいい時もありますけど、受け取られ方が自分の中にあるだけのものになってしまうと作品に寄れないし、かといって自分としても中途半端なものになってしまうなあと思って。そこからです。

——いわば“シンガー・ソング・プロデューサー”的な資質の持ち主というか。

やなぎ:ウフフ(笑)、新しいですね。

——そのアーティスト視点とプロデューサー視点を持ち併せたうえで、今後新たに挑戦したいことはありますか?

やなぎ:やっていきたいことはいろいろありますけど、いままでいろんな方に曲を書いていただいたり、映像作品を制作していただいたことを踏まえて、オールセルフプロデュースの作品をやってみたいなあと思ってるんです。自分でストーリーを書いて、曲も作って、さらにそれを映像として自分で制作してみる。そういうことを一度やってみたいなと思ってます。時間さえあればいつでもやりたいんですけど(笑)。

(取材・文=北野 創)

■リリース情報
やなぎなぎ『無形のアウトライン』
発売:5月30日(水)
価格:初回生産限定盤(CD+DVD)¥1,944(税込)
通常盤(CDのみ)¥1,296(税込)

<収録楽曲>
1.無形のアウトライン
作詞:やなぎなぎ 作曲:石川智晶 編曲:土屋学
2.return
作詞・作曲・編曲:やなぎなぎ
3.無形のアウトライン (Instrumental)
4.return (Instrumental)

<特典DVD収録内容>※初回生産限定盤のみ
「無形のアウトライン」MV

■関連リンク
やなぎなぎ オフィシャルサイト

      

「やなぎなぎが考える、“歌い手”と“作り手”の視点が共存した表現活動」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版