>  > 小林太郎×NoB『アマゾンズ』主題歌対談

『劇場版 仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』主題歌対談

小林太郎×NoBが語る、『仮面ライダーアマゾンズ』主題歌へ込めた熱い思い

関連タグ
小林太郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「今回はどこかポジティブなところを音楽で付与できた」(小林太郎)

ーーこの生命力の強い二つの声で歌われるからこそ、生きることへの執着を強く訴えかけるサビが映えると思うんです。そこが、映画のクライマックスにもうまくつながっているなと。

NoB:歌詞が上がってきたときに、「EAT, KILL ALL」という言葉が出てきて。僕、わざわざその「EAT, KILL ALL」という言葉を歌うためだけに、サビの最後のリピートを付け足したんですよ。それだけ強く伝えたかったので。

ーーそうだったんですね。しかも、曲中には過去2曲をオマージュ的に使っていて、集大成的なアレンジでもありますし。

小林:あれはびっくりしますよね。制作側もあそこでいろんな記憶がフラッシュバックするんじゃないでしょうか(笑)。

ーー『アマゾンズ』という作品にとって、自分とどう向き合って生きていくかは重要なファクターだと思いますが、そこをシリーズ完結編の主題歌「EAT, KILL ALL」で強く表現したことにすごく腑に落ちたところがありました。

NoB:作詞のマイクスギヤマさんも、よくこんなにイメージどおりの歌詞を書いたよね。天才ですよ。かと思えば、彼はスーパー戦隊シリーズで子供がすごく喜ぶような歌詞も書きますからね。

ーーそうですよね。ほかにも『ドラえもん』の楽曲も手がけていますし。

NoB:どれだけ僕よりボキャブラリーを持ってるんだって思いますけどね。

小林:言葉のチョイスがすごくカッコいいですよね。マイクさんとも何度もお話させてもらっているんですが、まず「Armour Zone」からそうきたかと。「Armour Zone」=「アマゾン」ですし、今回の「EAT, KILL ALL」もそもそものテーマである「生きろ」ということを伝えているわけですから。歌い手としても、「Armour Zone」と「DIE SET DOWN」はシリアスなフレーズが多いと思うんですが、完結編となる今回はすごくポジティブで。テーマとして結構シリアスになりやすいし、もちろんそこは大事なんですけど、今回はどこかポジティブなところを音楽で付与できたことがすごく素晴らしいなと思いました。

「仁と悠のバトルをイメージしながら聴いてほしい」(NoB)

ーーちなみに、これまでの『アマゾンズ』シリーズの中で共感できる登場人物やキャラクターはいますか?

NoB:共感というか、今回は役どころとして完全に自分は仁だと思ってましたね。だから、自分から彼とシンクロしようと思っていた部分がありました。

小林:となると、僕は悠ですね。僕はシーズン2で、悠と仁が主役というところからちょっと外れたのが、個人的には『機動戦士Zガンダム』におけるアムロとシャアと重なって。あのときの悠くんの演技から、彼が本当にシーズン1からシーズン2の間で成長した感じがすごく伝わってきたんです。最初は訳もわからずアマゾンになって、今も答えは出てないんだけど、アマゾンとして人間もアマゾンも守らなければならない。で、仁さんはめちゃめちゃ破天荒になっているから(笑)、一番大人なキャラに見える。そういう意味でも、迷いつつも全力で進む悠くんの姿が好きですね。

ーーでは、NoBさんから見た小林太郎というシンガーの魅力はどういったところでしょうか?

NoB:僕と歌のスタイルが違うし、ビートの取り方やタイム感も全然違う。彼はすごく重くて、僕はジャストでいくタイプなので、結局は交わらないんですよ。だから、逆に2人で歌うことが面白かったのかな。「Armour Zone」のときから、僕が作ったデモテープとは全然違うカッコよさがあったし、同じように歌われたら、それはそれで「俺のほうがいいじゃん」ってきっと思う気がします(笑)。

小林:同じやり方だったら勝てないですよ(笑)。

ーー小林さんから見たNoBさんの魅力は?

小林:そもそもNoBさんが歌われていた「ペガサス幻想」(※NoBが80年代に在籍したバンドMAKE-UPによる、アニメ『聖闘士星矢』の主題歌)を、僕はカラオケで歌うぐらい好きだったんです。その時点でめちゃくちゃリスペクトしているんですが、今回一緒にレコーディングをしたときに、NoBさんの歌の存在感……どっしり構えていてオーラが漂っていて、引力がすごいなと思ったんですね。僕は高い声でシャウトすることが多いんですけど、NoBさんは本当に真逆の立ち位置で、それこそ『アマゾンズ』で言ったら、本当にアルファのような存在です。曲中ではいろんな絡みがあるんですが、NoBさんの世界観とどう絡んだらいいか、どういうふうに崩したり合わせたりしたらいいかというのも、NoBさんのプロデュースによってちゃんと形になったんじゃないかなと思います。この曲、最初からシャウトで始まるので、劇場の大音量で聴いたらどうなるんだろう?(笑)。

NoB:オープニングの2人でのシャウトを聴いたら、映画を観終わったあとも頭の中はこの曲のことでいっぱいなんじゃないかな(笑)。なので、映画の中での仁と悠のバトルをイメージしながら聴いてほしいですね。

(取材・文=西廣智一/写真=三橋優美子)

『劇場版 仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判 オリジナルサウンドトラック』

■リリース情報
『劇場版 仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判 オリジナルサウンドトラック』
発売日:5月23日(水)
価格:3,800円+税

<収録内容>
・劇場版『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』BGM
・主題歌「EAT, KILL ALL」
ほか
音楽プロデュース:Project.R

『仮面ライダーアマゾンズ オリジナル・サウンドトラック』
発売中
価格:3,800円(+税)

『仮面ライダーアマゾンズ SEASON II オリジナルサウンドトラック』
発売中
価格:3,800円(+税)

■映画情報
『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』
5月19日(土)公開
原作:石ノ森章太郎
監督:石田秀範
脚本:高橋悠也
監修:小林靖子
出演:藤田富、谷口賢志、武田玲奈、東亜優、姜暢雄、国府田聖那、加藤貴子、神尾佑
劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会
(c)石森プロ・東映

「小林太郎×NoBが語る、『仮面ライダーアマゾンズ』主題歌へ込めた熱い思い」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版