>  >  > ジャニーズきっての肉体派メンバー

『VS嵐』出演の上田竜也&塚田僚一から『花晴れ』平野紫耀まで…ジャニーズきっての肉体派メンバー

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日4月26日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に、“ジャニーズきっての肉体派”としてKAT-TUN・上田竜也とA.B.C-Z・塚田僚一が出演する。爽やかな“王子様”といったイメージも根強いジャニーズだが、上田や塚田のように、肉体美を誇るたくましいメンバーも少なくない。コンサートなどで見せているパワフルなダンスパフォーマンスを考えれば当然とも言えるが、各メンバーのエピソードを振り返りつつ、彼らの魅力に迫りたい。

KAT-TUN・上田竜也

 2012年からレギュラー出演している『炎の体育会TV』(TBS系)でジャニーズ陸上部部長を務め、美しく鍛え上げた筋肉を度々披露している上田。陸上のみならずフェンシングなど他の競技にも挑戦し、運動能力の高さを感じさせている。また時に後輩に対して叱咤激励するなど、ストイックで熱い一面も。先日開催された『KAT-TUN LIVE 2018 UNION』では、客席に「これからは笑顔で帰れるコンサートにするからな」と声をかけていたというエピソードからは、ファンに対しても熱い思いを持っていることが窺える。まさに“体育会系ジャニーズ”と呼ぶにふさわしいメンバーだろう。近年ではドラマ『視覚探偵 日暮旅人』(日本テレビ系)や『新宿セブン』(テレビ東京系)でアクションシーンを見せ、さらに幅広い層にその魅力を届けている上田(とりわけ、タンクトップから覗く二の腕を高く評価する声が多い)。『VS嵐』予告では、瞬発力を生かした動きで活躍している様子が見られた。チームのために尽くす上田らしい姿と同時に、躍動する肉体美も楽しめそうだ。

A.B.C-Z・塚田僚一

 ジャニーズの“筋肉キャラ”の代名詞と言っても過言ではないのが塚田。体操経験のある彼はしなやかな肉体を見せ、コンサートでは30回連続バク転を披露するなど、得意のアクロバットでファンを魅了し続けている。5月12日公開の主演映画『ラスト・ホールド!』では、ボルダリングに挑戦。見ているこちらがヒヤヒヤするような緊張感あるシーンも、アクロバットで鍛えられた肉体で乗り切っている。また、今や常連となった『SASUKE』(TBS系)。今年は稽古場の練習場では物足りず、日置将士の家まで出向いて特訓を重ねたという。『VS嵐』予告でも軽々とジャンプする塚田の姿があり、『SASUKE』や映画撮影でさらにパワーアップした肉体が見られることだろう。また、『アウト×デラックス』(フジテレビ系)などバラエティ番組で見せる天然ぶりも彼の魅力の一つ。筋肉キャラとのギャップにも注目したい。

      

「『VS嵐』出演の上田竜也&塚田僚一から『花晴れ』平野紫耀まで…ジャニーズきっての肉体派メンバー」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版