>  >  > 超特急『a kind of love』聞きどころは?

宗像明将のチャート一刀両断!

超特急、『a kind of love』でエンタメ集団としての実力発揮! 収録曲のサウンドを解説

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2018年4月16日付週間シングルランキング(2018年4月2日~2018年4月8日・ORICON NEWS)

 2018年4月16日付の週間CDシングルランキングの2位は、超特急の『a kind of love』。スターダストプロモーション所属のEBiDANから選抜された、メインダンサー&バックボーカルグループの14枚目のシングルです。

超特急『a kind of love』

 超特急の特徴は、メインダンサーのカイ(2号車)、リョウガ(3号車)、タクヤ(4号車)、ユーキ(5号車)、ユースケ(6号車)、バックボーカルのタカシ(7号車)という構成。ダンサーが前で踊り、ボーカルが後ろで歌うというスタイルです。ちなみにファンの総称は「8号車」。 資料に「超特急の魅力はなんといっても、超特急と8号車が連結して作り上げる一体感あるステージ」と書かれていて、「連結」とはうまい表現だなと感じました。ライブ動員数も「ライブ乗車数」と書かれている徹底ぶりです。

超特急「a kind of love」MUSIC VIDEO

 「a kind of love」は、3B junior関連も手掛けるMEG.MEが作詞。作曲は、ハロー!プロジェクト関連への楽曲提供もしているKOUGA。編曲は、嵐の編曲でも知られる佐々木博史です。

 「a kind of love」では、イントロからストリングスの音色が響き、全編で流麗に鳴り続けます。タカシのボーカルは艶がありつつ溌溂としていて、豊かな表情を見せます。

 2番になるとピアノやエレキギターなどが前に出てサウンドに変化を付け、終盤はドラマティックに展開。最後はエレキギターとピアノの音色で楽曲を締めます。非常に高品位なポップスです。

超特急「Party Maker」MUSIC VIDEO

 カップリング曲「Party Maker」は、GOT7への楽曲提供もしているIE-MONが作詞。作曲はMUSOH / IE-MON / DX ISHIIの連名です。MUSOHはDa-iCEへの楽曲提供も。編曲もしているDX ISHIIは、IE-MONと同じくGOT7へ楽曲提供をしています。

 「Party Maker」はデジタルなダンスミュージック。ワイルドなコーラスを多用しており、ボーカルとコーラスの掛けあいもスリリングです。

 MVはダンスシーン満載。エンターテインメント集団としての超特急を体感させます。

      

「超特急、『a kind of love』でエンタメ集団としての実力発揮! 収録曲のサウンドを解説」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版