>  > 22/7に聞く、“キャラとの関係性”の変化

2ndシングル『シャンプーの匂いがした』インタビュー

デジタル声優アイドル 22/7 海乃るり&西條和&花川芽衣&宮瀬玲奈に聞く、“キャラとの関係性”の変化

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「『人格崩壊』は人間の一種の防衛本能を表してる曲」(西條) 

ーーみなさんまだお若いですから(笑)。そして残りの1曲、「人格崩壊」は前作のカップリング曲「地下鉄抵抗主義」にも増してすごいタイトルです。

宮瀬:期待を裏切らないですよね(笑)。

ーー〈こんな愛してちゃダメなんだ 嫌いにならなくちゃ精神が保てない〉という歌詞が象徴するように、愛の深さゆえに苦しむ人の気持ちが描かれています。

花川:それだけ人を愛するような体験を自分では経験したことがなかったので、パフォーマンスをすることでその気持ちを感じることができて、表現してて楽しい曲だと思いました。

西條:私はこれが人間の一種の防衛本能を表してる曲だと思ってて、みんな何かに傷ついたときは、例えば誰か別の人を傷つけたり、落ち込みまくったりして自分の心を防衛すると思うんです。この曲の歌詞にある〈もっと激しく誰かを責めなきゃ一人落ち込むよ〉も防衛本能だと思うんですけど、それって普通は隠したい部分じゃないですか。でもこの曲ではそれをストレートに出していて、人間の弱さを表した曲でカッコイイなと思います。

ーー途中にみなさんがセリフを読み上げるようなポエトリー風のパートもありますし、力強いビートも含めてライブ映えしそうなナンバーです。

海乃:「人格崩壊」のあとに「循環バス」とかやってみたいよね。

ーーそれ、情緒不安定で本当に人格崩壊してるじゃないですか(笑)。それと素朴な疑問なんですけど、みなさん曲を歌うときはキャラの心情で歌うのですか? それとも自分自身として歌ってるのでしょうか?

海乃:私はキャラのことは意識してないです。でも私はもともとキャラソンも好きなので、ジュンちゃんとして歌いたいという気持ちもとてつもなくあるんですよ(笑)。ただ、今の私にその技術はないので。

ーーバーチャルライブでキャラとして歌う機会もあるわけですが、そのときはリアルライブと歌い分けるようなこともあるのでは?

宮瀬:スタッフさんからは、特にキャラクターとして歌う話はいただいてなくて、最初の頃に自分の気持ちで歌うように言われた記憶がありますね。

ーー今後キャラクターがソロで歌うことになったら、また別になるかもしれないですね。

海乃:(スタッフに向けて)ぜひいつか歌わせていただきたいと思ってます!(笑)。

ーー超アピールしますね(笑)。でもそういう意味では、まだ“キャラクターとして歌唱する”というチャンネルが残されてるわけで、グループの可能性が一気に膨らみますよね。

海乃:アニメ化されたら、今までの「地下鉄抵抗主義」や「人格崩壊」もキャラとして歌えたら、また私たちと違った一面を見せられると思うので、いつか歌ってみたいです。

「本当に絢香ちゃんがそこにいるような気がした」(宮瀬)

ーーデジタル声優アイドルとしてもまだまだ伸びしろはありそうですね。みなさん配役されてからもうすぐ1年が経つわけですが、キャラに対する愛着もさらに深まっているのでは?

西條:私はたぶん8人のなかでもいちばん自分とキャラが近いと思ってて、みんなはわりと親目線でキャラを見てたりするんですけど、私は自分を重ねてるというか。「僕は存在していなかった」のMVで、みうちゃんがひとりで前に出るところも、彼女が踊ってるのを見ると私もがんばろうと思えるので、一心同体のような、自分の分身のような気持ちで今は演じてます。

花川:ニコルちゃんはもうひとりの自分みたいな存在だと思ってたので、今回のMVでニコルちゃんのいろんな表情を見ることができて、別の自分の一面を見た感じになって不思議な気持ちというか……。他人でもないし自分自身でもないけど、別の自分みたいな立場にニコルちゃんはいるので……何だろう? ニコルちゃんは絶対に離れたくないし、一緒じゃないといけない存在だと思ってます。

宮瀬:私、この間のライブでいちばん最初に泣いたのがリハで絢香ちゃんが踊ってるのを客席から見たときで。本当に絢香ちゃんがそこにいるような気がしたし、ひとりじゃないんだと思うことがけっこうあって。あっ、泣きそう(涙声に)……絢香ちゃんのがんばってる姿を見ると……本当に私もがんばらないと……(泣)。本当に8人みんな自分のキャラクターに思い入れがあるし、MVを見てもやっぱり自分のキャラクターがすごくかわいいし……大好きです。

ーーその涙からも、ご自身の演じるキャラへの愛がめちゃくちゃ伝わってきました。では最後に海乃さん、どうぞ。

海乃:私はジュンちゃんと似てるとも思わないし、重ねることもまったくないんですけど、もし私が二次元に存在するとしたらこの子なんだろうなっていうイメージでいます。私はずっとアニメが好きで、二次元に入ることにすごく憧れがあって。それに〈CV:海乃るり〉ってつくことも夢だったので、その2つの夢をかなえてくれた女の子がジュンちゃんなんです。なので今度は私が自分の夢をかなえてくれた子の夢をかなえたいので、モーションキャプチャーを通じて、ジュンちゃんがファンの方と触れ合える場を作っていきたいと思ってます。ジュンちゃんは自分でもないけど家族でもないし……でも彼女のことをすごく知りたいと思ってますし、もしかしたら好きな人ができたらこんな感じなのかもしれないですね(笑)。

(取材・文=北野 創/撮影=三橋優美子)

■リリース情報
『シャンプーの匂いがした』
発売:4月11日(水)
価格:初回仕様限定盤Type-A【CD+DVD+トレカ(Type-Aアーティストトレカ11種のうちランダムで1枚封入)】¥1,667(税抜)
初回仕様限定盤Type-B【CD+DVD+トレカ(Type-Bアーティストトレカ11種のうちランダムで1枚封入)】¥1,667(税抜)
通常盤(CDのみ)¥1,111(税抜)
※初回仕様限定盤Type-A&B封入特典「イベント参加券 or スペシャルプレゼント応募券」1枚封入

<CD収録内容>
・Type-A
1、シャンプーの匂いがした
2、人格崩壊
3、やさしい記憶
4、シャンプーの匂いがした -off vocal ver.-
5、人格崩壊 -off vocal ver.-
6、やさしい記憶-off vocal ver.-

・Type-B
1、シャンプーの匂いがした
2、人格崩壊
3、叫ぶしかない青春
4、シャンプーの匂いがした -off vocal ver.-
5、人格崩壊 -off vocal ver.-
6、叫ぶしかない青春 -off vocal ver.-

・通常盤
1、シャンプーの匂いがした
2、人格崩壊
3、循環バス
4、シャンプーの匂いがした -off vocal ver.-
5、人格崩壊 -off vocal ver.-
6、循環バス -off vocal ver.-

<DVD収録内容>
・Type-A
「シャンプーの匂いがした」music video

・Type-B
Documentary of 22/7

■イベント情報
『22/7(ナナブンノニジュウニ)セカンドシングル『シャンプーの匂いがした』発売記念「個別握手会」』
5月6日(日)都内某所
5月26日(土)都内某所
ForTUNE MUSIC HP

「22/7 割り切れない集い-演劇編-」開催中
22/7オフィシャルHP

■関連リンク
22/7(ナナブンノニジュウニ)スタッフTwitter

「デジタル声優アイドル 22/7 海乃るり&西條和&花川芽衣&宮瀬玲奈に聞く、“キャラとの関係性”の変化」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版