>  >  > ルナフェス初出演組に見るバンドの影響力

画期的でクレイジーな『LUNATIC FEST.』が再び開催ーー初出演組に見る、LUNA SEAの影響力

関連タグ
LUNA SEA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LUNA SEAが主宰し、6月23日、24日に幕張メッセで開催される3年ぶりのロックフェス『LUNATIC FEST. 2018』。現在、出演アーティストが続々と発表され、注目を浴びている。

『LUNATIC FEST. OFFICIAL DOCUMENT BOOK』

 “史上最狂のロックフェス”と銘打たれ、2015年に開催された『LUNATIC FEST.』にはLUNA SEAが世に出るきっかけとなったYOSHIKI主宰の<エクスタシーレーベル>に所属していたX JAPANをはじめとする強者バンドやDEAD END、BUCK-TICKらの先輩バンド、GLAY、SIAM SHADEなど同時代を駆け抜けてきた戦友バンド、そしてLUNA SEAに何らかの影響を受けた[Alexandros]、MUCC、coldrain、the telephones、9mm Parabellum Bulletなどの後輩バンドら全22組が2日間にわたって出演。LUNA SEAが音楽ジャンルを超えてシーンに影響を与えた存在であったことを証明した。そして、結成25周年を迎えたバンドのヒストリーを紐解ける側面を持ちながらも、同時にこれまでになかった画期的でクレイジーなロックフェスとなった。3年前、驚いたのはLUNA SEAのインディーズ時代のバンド名だったLUNACYが復活し、主催者自らトップバッター(午前11時出演)を飾るという試み(これもある意味クレイジー)でもあったが、最狂ゆえに当時は一回限りの伝説となるであろうと思われたフェスが、再び開催されるとは筆者自身想像していなかった。

 なんと今回もLUNACYの限定復活が決まっているが、現在(2018年4月2日)、発表されているアーティストで、2015年に続いての出演となるのはDIR EN GREYとMUCCの2組のみ。ほとんどが初出演となる『LUNATIC FEST. 2018』から見えてくるものとは? 彼らとLUNA SEAとの関係をわかる限り記していこう。

 まずはシド。結成15周年を迎えた彼らは2007年にLUNA SEAのトリビュートアルバム『LUNA SEA MEMORIAL COVER ALBUM -Re:birth-』に参加。「WISH」をカバーしている。メンバーの中でも特にベーシストの明希はLUNA SEAに影響を受けていることを以前から公言。Twitterでも「つ、つ、ついにLUNA SEAと対バン。。。 バンドを続けてきてよかった\m/,(•。•)」とつぶやくなど興奮を隠しきれない様子が伝わってくる。

 女王蜂はJとの繋がりが深い。Jはソロ活動において毎年のように今はなきSHIBUYA AXや赤坂BLITZでジャンルを超えたオープニングアクトを迎え、5DAYS連続や10DAYSライブなどなどそれこそクレイジーなイベントを開催してきたが、女王蜂はJのイベントに複数回出演。そんな縁もあって2017年には氣志團主宰の対戦型ライブイベント『THE GREAT ROCK’N’ROLL SEKIGAHARA 2017』にJ×女王蜂のスペシャルバンド“J王蜂”を結成して大いに話題を呼んだ。

 RIZEのJESSEのプロジェクトであるThe BONEZも、同じくJのイベントにオープニングアクトとして出演した経験を持つ。The BONEZのリズム隊、T$UYO$HIとZAXはP.T.P.(Pay money To my Pain)のメンバーだった頃からの付き合いでもあり、P.T.P.のギタリスト、PABLOはINORANがKEN LLOYDと結成したFAKE?のサポートとしてライブに参加するなどの繋がりも。またRIZEのベーシスト、KenKenはSUGIZOのソロプロジェクト、SUGIZO & THE SPANK YOUR JUICEやSHAG時代に何度も一緒にステージに立っていたり、まだいろいろエピソードはありそうだ。

 THE MAD CAPSULE MARKETSの上田剛士のソロプロジェクト、AA=とLUNA SEAの繋がりは長い。BUCK-TICK、LUNA SEA、SOFT BALLETの3バンドが集結したレジェンドとなっている1994年の全国ツアー『LSB』にTHE MAD CAPSULE MARKETSが数カ所で参加していることを考えるともはや20年以上の付き合い。AA=はJのイベントにも招かれている。

 OLDCODEXはINORANがサウンドプロデュースを手掛けたことがあるバンドとしてもおなじみ。ギタリストが脱退し、現在のTa_2とYORKE.の2人体制となったアルバム『CONTRAST SILVER』(2012年)のリード曲「HEAVEN」の作曲、プロデュースを手掛け、ミュージックビデオにも参加。2013年にはOLDCODEXのライブにゲスト参加し、場内を盛り上げまくった。

 THE ORAL CIGARETTESは2017年にさいたまスーパーアリーナで開催されたテレビ朝日主催のライブイベント『テレビ朝日ドリームフェスティバル2017』で共演。ライブ後、SUGIZOは「素晴らしい若手バンド達との共演(THE ORAL CIGARETTES最高!)は超刺激的だったし、SLAVE皆も本領発揮だったし、本当に出演してよかった。心から、ありがとう。SGZ」とツイートしている。

 最近、5人体制で復活したlynch.はベーシストの明徳が一時脱退していた時期に制作されたEP『SINNERS-EP』収録曲にJをゲストベーシストとして迎えた。Jのソロ20周年カウントダウンイベントにゲスト出演したことから交流が深まり、lynch.からの熱烈オファーによってコラボレーションが実現したとのことだが、ボーカルの葉月はLUNA SEA好きを公言。ギターの悠介も学生時代にLUNA SEAをコピーしまくっていたということだ。以上が第1弾として発表されたアーティスト7組。

      

「画期的でクレイジーな『LUNATIC FEST.』が再び開催ーー初出演組に見る、LUNA SEAの影響力」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版