>  >  > 日本のシーンをアップデートする新作

森朋之の「本日、フラゲ日!」vol.89

米津玄師、w-inds.、雨パレ.……日本の音楽シーンをアップデートする新作

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いまや日本の音楽シーンの最重要アーティストとなった米津玄師の新曲「Lemon」、トラックメイカー/プロデューサーとしての橘慶太の才能が光るw-inds.のニューシングル『Dirty Talk』など、今回も大充実の作品がずらり。海外の新しい動きとリンクしながら、日本のシーンをアップデートさせ続けるアーティストたちの新作を紹介します。

米津玄師『lemon』

 CDリリース前にも関わらず、先行配信とMVの再生数(発表から6日で1000万再生を突破)ですでに大ヒットとなっている米津玄師のニューシングル『Lemon』は、最愛の“あなた”を失ってしまった“わたし”の感情の揺れを映し出すミディアムナンバー。<あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ/そのすべてを愛してた あなたとともに>というサビのフレーズには、いつか必ず終わりを迎える我々の生を照らす、普遍的な力が宿っている。美しく洗練されたトラック、室屋光一郎のアレンジによる鋭利なストリングスを中心にしたサウンドメイクも絶品。エド・シーラン、ボン・イヴェールといった海外のSSWと並んで評すべきクオリティを備えた楽曲だと思う。

米津玄師 MV「Lemon」
w-inds.『Dirty Talk』(通常盤)

 w-inds. 橘慶太プロデュースシングル第3弾の表題曲「Dirty Talk」はネオソウル、オルタナR&Bと1980年代後半のニュージャックスウィングを融合させたダンスチューン。ブルーノ・マーズ以降のトレンドを予感させるビート、日本語と英語を交えながらオリエンタルなグルーヴへとつなげるリリック、緻密に重ねられたコーラスワークなど、J-POPの新たな可能性を切り開く質の高い楽曲に仕上がっている。カップリング曲「If I said l loved you」は穏やかな抑制されたエレクトロ系のトラックのなかで、憂いを帯びたメロディがゆったりと広がるラブソング。本作をきっかけにして橘慶太は、日本の音楽シーンにおけるトップクリエイターとしての評価をさらに高めることになるだろう。

Dirty Talk(MUSIC VIDEO Full ver.)/ w-inds.
雨のパレード『Reason of Black Color』

 シングル曲「Shoes」(テレビ東京系ドラマ24『下北沢ダイハード』エンディングテーマ)を含む雨のパレードの3rdアルバム『Reason of Black Color』。ノイジーなサウンドメイクと優れてキャッチーなメロディが共存するタイトルチューン「Reason of Black Color」、インディー系ギターロックの進化形とも言える「Horizon」、“冷徹なファンク”と形容すべきバンドサウンドが印象的な「ice」、ソウルミュージック的な音像とドラマティックな旋律が溶け合う「You & I」など、現在進行形のトレンドを取り入れながら、意外性に溢れたアイデアとメンバーのプレイヤビリティを活かした独創的な楽曲へと昇華することに成功している。喜怒哀楽を鮮やかに映し出す福永浩平(Vo)のボーカルも本作の魅力だ。

雨のパレード – Reason of Black Color ~YouTube Edition~

      

「米津玄師、w-inds.、雨パレ.……日本の音楽シーンをアップデートする新作」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版