>  >  > 『スペシャアワード』に見る充実の音楽シーン

『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018』

ゆず、星野源、平井堅、Hi-STANDARDらが受賞 『スペシャアワード』に見る充実の音楽シーン

関連タグ
ゆず
星野源
平井堅
Hi-STANDARD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スペースシャワーTVが主催する音楽の祭典『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018』が、3月1日にパシフィコ横浜にて開催された。

 スペースシャワーTVの視点で1年間の音楽シーンを総括し、様々な音楽コンテンツで功績をあげたアーティストとクリエイターに、感謝と敬意を込めて表彰する本アワード。2016年にスタートし、今年で3回目の開催となる。MCに、いとうせいこう、ユースケ・サンタマリア、きゃりーぱみゅぱみゅを迎え、計27部門の各賞の受賞者が発表された。

ゆず

 2017年で最も優れたアーティストに贈られる「ARTIST OF THE YEAR」、ポップシーンで最も活躍したアーティストに授与される「BEST POP ARTIST」の2部門での受賞となったのは、ゆず。ライブアクトの大トリを飾った2人は、大勢のバックダンサーを引き連れ、観客がタンバリンを鳴らす中「タッタ」を披露。北川悠仁が「僕たちのふるさと横浜、そして僕たちのふるさと、このスペースシャワーでこんな素晴らしい賞をいただけまして嬉しいです!」と感謝の意を表し、1998年6月にスペースシャワーTVのPOWER PUSHとして選ばれたデビュー曲「夏色」を“祭りバージョン”で熱唱した。2017年、ゆずは20周年を記念したオールタイムベスト『ゆずイロハ 1997-2017』をリリース。ほかにも、30万人を動員した初のドームツアーを開催し、昨夏には『SWEET LOVE SHOWER』をはじめとした全国8カ所の夏フェスにも出演。精力的な活動が、今回のアニバーサリーイヤーを締めくくる記念すべき受賞へと結実した。

星野源

 35万票もの一般投票によって決定する優秀アーティスト賞「PEOPLE’S CHOICE」には、星野源が選ばれた。会場で放送されたVTR内で星野は「自分の音楽を聴いてくれる人が爆発的に増えたことを実感しました。自分自身は変わってないんですけど、周りの環境が変わった1年でもあったので、締めといいますか、証がもらえた気がします」と2017年を振り返る。社会現象となった「恋」(2016年10月)のリリースから星野は人気の熱を冷ますことなく、5月からスタートさせた20万人動員の初のアリーナツアー『Continues』を成功。8月には、多様な家族の形を描いた「Family Song」をリリースした。この楽曲では「BEST ART DIRECTION VIDEO」も受賞し、星野は2冠を達成している。2018年の目標については、「自分ができる方法を駆使して、たくさん遊んでいきたいと思います」と飽くなき探究心と音楽愛を見せた。

平井堅

 年間で最も優れたミュージックビデオに授与される「VIDEO OF THE YEAR」は、平井堅の「ノンフィクション」が受賞。田辺秀伸が監督を務めたMVでは、舞踏家の工藤丈輝を起用し、花束を持って歌う平井と緊迫感がありながらも情熱的な舞を見せる工藤の対比は、楽曲で描かれている人生の本質を問うメッセージを見事に映像化している。ライブパフォーマンスでは、アコースティックギターの弾き語りに乗せ、平井が息を呑む気迫で「ノンフィクション」を披露。平井は23年間のキャリアの中で、MVでの受賞は初めてとのこと。自ら映像のプロデュースも務める平井は「毎回監督さんを交えたチームで考えて、なるべく普通じゃないことをしようとしている」とコメントした。

 ほかにも、「打上花火」で授賞式の幕開けを飾ったDAOKOが、「SONG OF THE YEAR」「BEST BREAKTHROUGH ARTIST」の2冠を獲得。Suchmosは、「BEST NEW VISION」「BEST ROCK ARTIST」の2部門を受賞し、ライブアクトでは「WIPER」「808」でフロアを揺らした。水曜日のカンパネラは、「BEST GROOVE ARTIST」の賞を獲得し「一休さん」を披露。

 そして、デビュー30周年を迎え、「BEST RESPECT ARTIST」を受賞したのはエレファントカシマシ。オールタイムベスト『THE FIGHTING MAN』のリリースにはじまり、47都道府県ツアー、年末の『NHK紅白歌合戦』出演、Spitz、Mr.Childrenとの夢の共演……と、その唯一無二の存在をあらためてシーンに提示した活動が評価された。ステージでは、代表曲「悲しみの果て」「ガストロンジャー」で熱狂的なパフォーマンスを見せた。

エレファントカシマシ

 Hi-STANDARDは、パンク/ラウドロックシーンで最も活躍したアーティストに授与される賞「BEST PUNK/LOUD ROCK ARTIST」、そして18年ぶりのリリースとなったアルバム『The Gift』では、「ALBUM OF THE YEAR」を獲得。事前アナウンスなしの広告看板でのリリース告知や、40万通の応募があったという『THE GIFT TOUR 2017』など、ファンを楽しませようとする遊び心とモンスターバンドとしての実力を名実ともに見せつけた1年となった。

Hi-STANDARD

      

「ゆず、星野源、平井堅、Hi-STANDARDらが受賞 『スペシャアワード』に見る充実の音楽シーン」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版