>  >  > 白石&齋藤「インフルエンサー」ダンス秘話を披露

乃木坂46 白石麻衣&齋藤飛鳥「インフルエンサー」ダンス秘話を明かす「みんな泣いてたよね」

関連タグ
乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビートたけしとくりぃむしちゅー 上田晋也がMCを務めるトークバラエティ『成功の遺伝史5』(日本テレビ系)の3月5日放送回では、「世界に誇る25人の日本人! 人生に影響を受けた人物は誰? 原点を徹底取材」の模様がオンエアされた。

乃木坂46『僕だけの君 〜Under Super Best〜』(通常盤)

 同番組は、世界に誇る日本人が人生に大きな影響を受けた人物と成功のルーツを“遺伝史”と名付け、徹底取材を行うというもの。

 番組の中盤で、乃木坂46 白石麻衣と齋藤飛鳥の“遺伝史VTR”が流れる。2017年本ランキング写真集部門で、1位(白石麻衣)・2位(齋藤飛鳥)・4位(橋本奈々未)・5位(衛藤美彩)・8位(西野七瀬)・9位(秋元真夏)にランクインした乃木坂46。結成7年で、CD総売上は1,000万枚以上を記録している。『NHK紅白歌合戦』には3年連続出場し、2017年には「第59回日本レコード大賞」を受賞。「顔面偏差値NO.1」と言われるアイドルグループだが、大きな壁にぶち当たった過去があるという。それは、2017年にリリースした「インフルエンサー」。同楽曲で挑戦した乃木坂46史上、最高難易度の高速ダンスに苦戦したのだとか。白石は、当時を振り返り「とにかく難しい。速いので」とコメント。齋藤もまた「みんな泣いてたよね。“できない”って」と明かした。

 この時のメイキング映像がオンエアされると、そこには「わかんない……」とテーブルに突っ伏す齋藤の姿や、今まで経験したことのない速さのダンスに、堀未央奈、秋元真夏ら多くのメンバーが涙する様が映し出されていた。そんな乃木坂46を支えたのが、同楽曲の振付を担当した振付師Seishiroだという。Seishiroは、日本の振付師の頂点を決める大会で歴代最年少優勝を果たし、数多くの舞台を演出している。そんなSeishiroは、苦戦するメンバー一人ひとりに熱心にダンスを指導。齋藤はSeishiroについて「“あなたはできると思ってるよ”ってすごい、優しくずっと励ましてくれて」と語り、白石もまた「“わからないこと何でも聞いて”っていうくらい本当に親身になって教えてくれた」とエピソードを披露した。

      

「乃木坂46 白石麻衣&齋藤飛鳥「インフルエンサー」ダンス秘話を明かす「みんな泣いてたよね」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版