>  > SKE小畑優奈、理想のアイドル像

SKE48『無意識の色』リリースインタビュー

SKE48 小畑優奈、成長と挑戦を重ねて描く理想の姿「王道だけど王道すぎないアイドルが良い」

関連タグ
SKE48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「王道の可愛いアイドルの中にギャップがあると面白い」

――初センターを務めた昨年は、小畑さんにとって転機の年かと思います。年明け早々振り返るのもあれですが、せっかくなので小畑さん個人が「2017年、ここで私変わったかも!」と思った瞬間を聞きたいです。

小畑:グラビアは変わりましたね!

――センターに抜擢されるより前に、雑誌の表紙で水着グラビアデビューを飾っていましたね。

小畑:そうなんです、4月に。最初、グラビア!? って感じだったし、無理無理! って思ってたんですよ(笑)。それが急遽決まっちゃって。もう、流れるままですよね、そこからは。(流されているようなジェスチャーをしながら)ちょっと~~って感じで(笑)。

――へえ! そこまで予定外だったんですね。

小畑:そうなんですよー! で、流れに身を任せたままはじめたんですけど、実際にやってみたら私こんな表情できるんだ!っていう発見ばかりだったんです。

――ステージ上でのパフォーマンスとはまた違った自分を出せたんですね。

小畑:はい。雑誌を見てみると、本当に驚きます。そういう経験が、今後ステージ上でも生きてくるといいなって思いますね。今は、すごくやりがいを感じてます。

――成長の年を経て、アイドルとしても考え方が固まりはじめた時期かなと思います。今、小畑さんはどんなアイドルを目指していますか?

小畑: “王道だけど王道すぎないアイドル”が良いんじゃないですかね? 王道の可愛いアイドルでいたいんですけど、その中にギャップがあると面白いというか。

――王道って、ともすれば普通にもなってしまいますもんね。

小畑:そうなんです。だから、違う部分も伸ばせると良いなって思います。私はトーク力が欲しいんですよね! MCとかラジオとか、トークをする場ってたくさんあるので。先輩に相談したりして磨く努力はしているんですけど、まだまだ。もっと面白いことを言えるようになりたいです。

――トークはトークでもそっち方面なんですね! 芸人さん寄りというか。

小畑:はい。一発ギャグをやったときに、面白かったらいいなって思います! それを吹っ切れてできる人。そういうスキルも身につけたいです。

――てっきり、大矢真那さんのように、ポロっと出た言葉でみんなを笑顔にさせてしまう、みたいなものかと思ってました。

小畑:あれは真那さんにしかできないものですから(笑)! 一発ギャグ的も難しいですけど、真那さんはまた違います。天性の才能ですね。

「SKE48にとって、もっともっと必要とされる存在になりたい」

――さあ、そして2018年はSKE48の10周年イヤーです。SKE48として、やってみたいことは何ですか?

小畑:ナゴヤドームに立ちたいです! というのも、最近になってメンバーみんなが「ナゴヤドームに立ちたい」って言えるようになってきているんですよ。

――それもいい流れですよね。まさに右肩上がりの証拠。

小畑:10周年だからこそ立ちたいですし、今のSKE48ならきっといいものができると思うんですよね。それに私、まだナゴヤドームに立ったことがないんですよ。

――SKE48がナゴヤドームに立ったのは、2014年。小畑さんの加入前ですからね。

小畑:だけど、周りから当時のことだけは聞くんです。「あの景色はすごかったよ!」って。で、そのたびに、どんな景色だったんだろう!? って思うんですよ(笑)。想像なんて、到底できないじゃないですか。

――そうですよね。立った人にだけわかる景色かと。

小畑:この前、2014年のナゴヤドームの映像は見せてもらったんですけど、もうovertureからすごくて! ファンの方の団結力とか、メンバーのキラキラ感とかが違って見えたんですよ。私が知っているものじゃないって。

――それこそ、ナゴヤドームという場所が作り出したものなんでしょうね。

小畑:だから、これはもう見たい! ステージの上から見たい!って強く思ったんです。だから目指したいし、言葉にしていきたいなと思ってます。

――そこまで強い思いがあると、個人としてもちゃんと大きくなっていきたいって思いますよね。

小畑:そうですね。SKE48にとって、もっともっと必要とされる存在になりたいです。「小畑優奈にやって欲しい」って思ってもらえるものが増えていくのが理想ですね。そのためには、もっといろんな仕事に挑戦して、経験を重ねたいです!

 フォトギャラリー

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

(取材・文=松本まゆげ/写真=外林健太)

■リリース情報
SKE48 22ndシングル『無意識の色』
発売日:2018年1月10日(水)

<選抜メンバー(16名)>
チームS:北川綾巴、松井珠理奈
チームKⅡ:江籠裕奈、大場美奈、小畑優奈、北野瑠華、惣田紗莉渚、高柳明音、竹内彩姫、日高優月、古畑奈和
チームE:鎌田菜月、熊崎晴香、後藤楽々、菅原茉椰、須田亜香里

<ラブ・クレッシェンド>
江籠裕奈、小畑優奈、北川綾巴、熊崎晴香、後藤楽々、菅原茉椰、松井珠理奈
※新メンバー:一色嶺奈、井上瑠夏、野村実代、松本慈子

<愛知トヨタ選抜>
江籠裕奈、大場美奈、小畑優奈、北川綾巴、熊崎晴香、後藤楽々、菅原茉椰、須田亜香里、惣田紗莉渚、高柳明音、古畑奈和、松井珠理奈

<サガミチェーン選抜>
江籠裕奈、大場美奈、小畑優奈、北川綾巴、熊崎晴香、後藤楽々、須田亜香里、惣田紗莉渚、高柳明音、古畑奈和、松井珠理奈、矢作有紀奈

<名前呼ばれ隊>
青木詩織、市野成美、内山命、北野瑠華、斉藤真木子、日高優月

<サクララブレター32>
相川暖花、浅井裕華、渥美彩羽、荒井優希、石川咲姫、石黒友月、井田玲音名、大芝りんか、太田彩夏、岡田美紅、片岡成美、上村亜柚香、北川愛乃、倉島杏実、坂本真凛、佐藤佳穂、白井琴望、白雪希明、末永桜花、杉山愛佳、髙塚夏生、髙畑結希、仲村和泉、野島樺乃、野々垣美希、深井ねがい、福士奈央、町音葉、水野愛理、森平莉子、矢作有紀奈、和田愛菜

<コサンガー7>
犬塚あさな、都築里佳、山内鈴蘭、山田樹奈、高木由麻奈、松村香織、髙寺沙菜、谷真理佳

<収録内容>
・TYPE-A
<CD収録内容>
01.無意識の色
02.反射的スルー(ラブ・クレッシェンド)
03.We’re Growing Up(愛知トヨタ選抜)
04.無意識の色 off vocal
05.反射的スルー off vocal
06.We’re Growing Up off vocal

<DVD収録内容>
01.無意識の色 MV
02.反射的スルー(ラブ・クレッシェンド) MV
03.10周年を愛知県でPR

・TYPE-B
<CD収録内容>
01.無意識の色
02.夜明けのコヨーテ(サガミチェーン選抜)
03.We’re Growing Up(愛知トヨタ選抜)
04.無意識の色 off vocal
05.夜明けのコヨーテ off vocal
06.We’re Growing Up off vocal

<DVD収録内容>
01.無意識の色 MV
02.夜明けのコヨーテ MV
03.SKE48劇場デビュー9周年記念特別公演 前編

・TYPE-C
<CD収録内容>
01.無意識の色
02.ぼっちでスキップ(名前呼ばれ隊)
03.We’re Growing Up(愛知トヨタ選抜)
04.無意識の色 off vocal
05.ぼっちでスキップ off vocal
06.We’re Growing Up off vocal

<DVD収録内容>
01.無意識の色 MV
02.ぼっちでスキップ MV
03.SKE48劇場デビュー9周年記念特別公演 後編

・TYPE-D
<CD収録内容>
01.無意識の色
02.触らぬロマンス(サクララブレター32)
03.We’re Growing Up(愛知トヨタ選抜)
04.無意識の色 off vocal
05.触らぬロマンス off vocal
06.We’re Growing Up off vocal

<DVD収録内容>
01.無意識の色 MV
02.触らぬロマンス MV
03.若手をイライラさせてみようシリーズ復刻版

・劇場盤
<CD収録内容>
01.無意識の色
02.Because どっちつかず(コサンガー7)
03. We’re Growing Up(愛知トヨタ選抜)
04.SKE48 22nd Single Medley
05.無意識の色 off vocal
06. Because どっちつかず off vocal
07. We’re Growing Up off vocal

SKE48オフィシャルホームページ

小畑優奈 サイン入りチェキプレゼント 

小畑優奈のサイン入りチェキを1名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。
※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド 公式Twitter

<応募締切>
2018年1月21日まで

「SKE48 小畑優奈、成長と挑戦を重ねて描く理想の姿「王道だけど王道すぎないアイドルが良い」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版