>  > SKE小畑優奈、理想のアイドル像

SKE48『無意識の色』リリースインタビュー

SKE48 小畑優奈、成長と挑戦を重ねて描く理想の姿「王道だけど王道すぎないアイドルが良い」

関連タグ
SKE48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「みなるんさんの言葉が、自分の中に刺さったんです」

――改めて、センターポジションについて伺います。「意外にマンゴー」のセンター発表のときは、驚きすぎて唖然としていましたが、今回はどうでした?

小畑:今回は、MV撮影のときに知りました。それまで、10周年一発目だから絶対に珠理奈さんだろうな~! ってずっと思ってたので、自分なの!? っていう驚きはありましたね。でも、「意外にマンゴー」でセンターをやってみて、1回で終わりたくないっていう気持ちが芽生えていたんですよ。だから、続けてセンターをやらせていただけることは嬉しかったです。

――センターを経験して成長しましたね!

小畑:はい、変わりましたね。歌番組は、とくに勉強になりました。やっぱり一般の方にも見ていただける場なので、いろんな意見をいただけるようになったんですけど、その意見一つひとつが貴重で素敵な声なんですよね。そうやって捉えられるようになったのも成長かなと思います。

――それに、歌番組は経験値としても大きそうです。

小畑:ライブはただただ楽しんでやれるんですけど、歌番組はカメラを気にしなきゃいけないから緊張しちゃうんですよね。そこでアドバイスをくれたのが珠理奈さんでした。リハの映像をチェックして「ここはもうちょっと角度を変えたほうが可愛く見えるよ」って私に言ってくださって。本当に勉強になりましたね。

――そうして、着実に力をつけてきたわけですね。

小畑:私、結構変わりましたよ。それまでは、自分の意見を言うこともできなかったんです。自信がなかったから。でも、センターをやって自信がついて、少しずつ自分の思っていることを言えるようになってきました。例えば、こういうインタビューで「目標はありますか?」って言われたときに、「またセンターやりたいです!」って言えるとか。そうなった自分がいることに、自分でびっくりしてます(笑)。

――ちなみに、センターを経験したメンバーに話を聞くと、「自分がセンターに立つ意味を考える」と言ったりするんですが、小畑さんはそういうこと考えますか?

小畑:あ、考えました! とくに「意外にマンゴー」のMV撮影直前までは、すごく考えましたね。

――お、そうなんですね。答えは見つかりましたか?

小畑:結局、1人でモヤモヤしてしまったので、そのときホテルで同室だったみなるんさん(大場美奈)に「どうしたらいいですか?」って相談したんですよ。そうしたら、「ゆななはそのままでいいんだよ」って言ってくださって。そのシンプルな言葉が、自分の中に刺さったんですよね。肩の荷も下りたっていうか。だからできた気がします。

――大場さん、頼もしいですね。

小畑:はい。サバサバしていらっしゃるので、何を聞いても「これはいい!」「これはダメ!」ってハッキリ言ってくださるんです。だからわかりやすくて、頼りやすい先輩ですね。

「『もっと上に上がりたい』って“ちゃんと燃えている”んです」

――野心家が多いSKE48。センターを明確に狙ってるメンバーはすごく多いと思うんですが、狙われてる! って感じますか?

小畑:感じますね! 最近はとくに。この前、ある番組の企画でパーティーをしたんですよ。メンバーの素を見ようということで。で、そのときセンターについて真剣に話す場面があったんですけど、そこでみなさん狙ってるんだってハッキリ思ったし、言葉にも熱がこもっていて。アツいなSKE48! って思いました。ただ、今センターに立っているのは私だから。私がやらなきゃっていう気持ちにもなりましたね。改めて身が引き締まりました。

――すっかり強くなりましたね。それはSKE48の“アツさ”に感化されたのでしょうか。

小畑:かもしれないです。SKE48って「一緒に楽しもう」っていう一体感があるんですけど、個々はすごく向上心があって、「もっと上に上がりたい」って“ちゃんと燃えている”んです。そこがわかりやすくて、すごく楽しいんですよ。

――じゃあ、今のSKE48の勢いをグラフにすると、どんな線を描いていると思います?

小畑:右肩上がりだと思います! うふふ。例えば身近なところで言うと、私がセンターになって同期の(後藤)楽々は悔しかったと思うんですよ。実際にそういう話をしたわけじゃないんですけど、ふとしたときにメラメラしたものが見えるから。ライバル心が強まったのかなと感じるので、みんなで刺激し合ってもっと良いグループになっていくはずです!

――では、小畑さんのライバルは誰ですか?

小畑:うーーん、やっぱり楽々かなあ? そこはずっと変わらないです。

――後藤さんは、7期生の中でも最初に選抜入りしましたもんね。とすると、当時から燃えていた?

小畑:……徐々に、ですかね! 活動を見てすごいなって思っているうちに、自分もそこに行きたいって思うようになっていった感じです。楽々はすごくオープンな性格で、みんなを明るくできる才能があるんですよ。それに、私より表現力が全然高くて。よく、見ていてハッとさせられる部分もあります。そこが、ライバル視しちゃうところですね。

――普段は仲良しなおふたりですが、お互いに“ちゃんと燃えている”んですね。

小畑:はい! 楽々がいてよかったです。ライバルって大事だなって思いますね。

――じゃあ今後、グループがさらに上に行くために、自分はどうしていくべきだと思いますか?

小畑:えー難しいですね! なんだろう……。あ、でも表情のパターンはもっと増やしたいなって思います。私はどうしても笑顔の印象が強いと思うんですけど、違う表情をしたら「そういう表情も好き」ってみなさん言ってくださるんですよ。なので、今後はそっちも磨いていきたいですね。

――参考にしたい人っていますか?

小畑:やっぱりみなるんさんですかね! みなるんさんは、カッコいいも可愛いもきっちり見せられる方なんですよ。きっと、自分の中で切り替えができるんでしょうね。すごいなって思いますし、見習いたいです。

「SKE48 小畑優奈、成長と挑戦を重ねて描く理想の姿「王道だけど王道すぎないアイドルが良い」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版