>  > 宮田悟志、ソロデビューへの思い

アルバム『RISE』インタビュー

宮田悟志が語る、ソロデビューにかける思い「原点に立ち返って歌をシンプルに届けていく」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同年代の男性にも刺さってほしい

――そして2年の月日が流れ、今こうしてアルバム『RISE』が完成したわけですが、このアルバムは、具体的には、どんなふうに組み上がっていったのですか?

宮田:やっぱり、もう一度原点に立ち返って、歌をシンプルに届けていくってことをまずは第一に考えて。自分のルーツには、そういうものがあるし、好きな音楽もそういうものだから。自分がやりたいものって、結局「歌もの」というか、しっかりシンプルに音楽を届けることなんですよね。一昨年の冬にやったアコースティックツアーは、かなりごまかしの効かないライブというか、オープニングからすごい緊張感のあるライブだったんですけど、それをソロでやり切ったことが、自信にもなって。これがいちばんしっくりくるなって、そのとき思ったんです。そのあたりから、もう一度バラードとかラブソングを、ていねいに届けるってことを意識するようになって。自分のなかでもひとつ、本作のテーマになっていると思います。

――バラードやラブソングの印象は強いですけど、それらの歌詞を見ると、今の年齢だからこそ歌えるような、大人のラブソングが多い気がしました。

宮田:そうかもしれません。だからこそ、同年代の男性にも刺さってほしいなって思っています。そう、「大人が聴けるアルバムだね」って言われるのが、いちばんうれしかったりもするので。最終的には、命とか生きることみたいな、ある種の人間っぽさが垣間見られるような曲も、結構入ってきているので。たとえば、先ほど言ったMATSUさんの舞台の主題歌になった「かげろう」とか……「サンサーラ」も、そういう感じの一曲ですね。

――そう、ドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』のテーマソングとして、いろいろな人に歌い継がれている有名な一曲「サンサーラ」も、今回のアルバムには収録されています。

宮田:そういう曲が入っていても、あんまり重くならないようにっていうのは、ちょっと意識したかもしれないです。サウンドとしては、すごくバラエティに富んだものになっていると思うので。そこはひとつ、今回のアルバムの面白いところだと思うんですよね。

――表題曲でもある「RISE」は、わりとアップテンポな曲になっていたりしますもんね。

宮田:そうですね。ちょっとEDMっぽい感じで。そういう今っぽさというか、新しい宮田悟志も出しつつ……曲はEDMだけど、ボーカルはちゃんと聞こえるものになっていると思うんですよね。ダンス・ミュージックとかで、みんなEDMをやっていて、それが今は普通みたいな感じになっているけど、「僕がやったら、どんな感じになるのな?」みたいなところから始まって、シンプルなEDMを目指しました。結果的に「歌ものEDM」という感じの一曲になったと思います。それと一緒に「かげろう」や「サンサーラ」のような曲が入っている面白さというか……そのあたりが、ポップスのアルバムらしいところかなと。

――BREATHEとしてのキャリアも含めて、今回が初のアルバム作品となるわけですが、ご自身としては、どんな感想を持っていますか?

宮田:BREATHEではオリジナルアルバムを出していないので、その頃からのファンの方々は、相当待ってくださっていたと思いますし、今回初めて僕のことを知っていただいた方にも是非……大人の方にも聴いていただけるような一枚になったと思うので、いろいろな方々に聴いてもらえたらなって思っています。

――若さゆえの「青さ」みたいなものと、さまざまな経験を積んだ大人としての「深さ」みたいなものが、いいバランスで混じり合った一枚だなって思いました。

宮田:そう言っていただけると、すごくうれしいです。これから先、自分が歳を重ねるごとに、このアルバムに入っている曲の表現の仕方も、きっと変わってくるだろうし……そう、このアルバムを引っ提げてステージに立つことが、今からすごい楽しみでしょうがないんですよね(笑)。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider
 

(取材・文=麦倉正樹/写真=石川真魚)

宮田悟志『RISE』

■リリース情報
1st Album『RISE』
1月10日(水)発売
¥4,000(税込)
<CD収録曲>
1. Sorry~海になれない~
2. RISE
3. アレコレ
4. Goodbye
5. Dried Flower
6. 僕はコウモリ
7. かげろう
8. サンサーラ
9. Mask
10. 待ってて
11. STORY

<DVD収録曲>
Music Video
1. RISE
2. Sorry~海になれない~
3. 僕はコウモリ
4. 待ってて

<販売場所>
・EXILE TRIBE STATION
EXILE TRIBE STATION ONLINE

      

「宮田悟志が語る、ソロデビューにかける思い「原点に立ち返って歌をシンプルに届けていく」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版