>  >  > ヘクとパスカル、新作アートワーク公開

ヘクとパスカル、1stアルバム『キシカンミシカン(既視感未視感)』アートワーク公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヘクとパスカルが、1月24日にリリースする1stアルバム『キシカンミシカン(既視感未視感)』のアートワークを公開した。

 岩井俊二(映画監督)、椎名琴音(俳優/シンガーソングラター)、桑原まこ(作編曲家/ピアニスト)で2015年に活動をスタートさせたヘクとパスカル。昨年の中国ツアーでのバンド編成をきっかけに、荒井桃子(ヴァイオリニスト)、林田順平(チェリスト)、ヨースケ@HOME(ギタリスト)がバンドメンバーとして加わり、6人編成として始動する。

 同作のタイトルは、「初めて聴くけどどこかで聴いたことのある新曲と、聴いたことあるはずなのに初めて聴く気がするカバー曲」という意味を込めて、メンバーである岩井俊二が考案したもの。アルバムジャケットは、森本千絵プロデュースによる7inch紙ジャケット仕様となっている。

『キシカンミシカン(既視感未視感)』

■リリース情報
『キシカンミシカン(既視感未視感)』
1月24日(水)
価格:3,500円(+税)

<収録曲>
01.君の好きな色
02.テレビの海をクルージング
03.アルカード
04.花の歌
05.冬の小鳥
06.休日の歌
07.引っ越し
08.Break These Chain
09.花は咲く
10.Forever Friends
※森本千絵プロデュースによる 7inch 紙ジャケット仕様。

「ヘクとパスカル、1stアルバム『キシカンミシカン(既視感未視感)』アートワーク公開」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版