>  >  > 嵐、『VS嵐』SP収録を振り返る

嵐、5人で『VS嵐』新春SPを振り返る 大野智「大変でしたよね。金額が金額なんで」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月28日深夜に『こたつDE嵐』(フジテレビ系)の第一夜が放送された。

 『こたつDE嵐』は1月3日放送の『VS嵐 2018賀正新春豪華3時間SP』『嵐ツボ まだ決まっていないランキングお正月SP』(ともにフジテレビ系)を嵐メンバーが紹介する番組。今回は『VS嵐 2018賀正新春豪華3時間SP』の三つ巴対決の見どころをオンエアした。収録を振り返り、相葉雅紀が「派手だったね。広島(東洋カープ)の皆さんスター選手いっぱい来てくれた。それだけでも楽しいじゃないですか。でもあんなドラマがあるとはね」と言うと、今回はゲストチームが勝利すると100万円がもらえるというルールだったため、大野智は「大変でしたよね。金額が金額なんで」と発言。これに対し櫻井翔も「100万円を阻止すべく頑張った」とコメントした。

 さらにボールを投げ、ボーリングピンを倒すゲーム「ボンバーストライカー」の舞台裏に潜入。美術スタッフは「一番緊張感のあるゲームだと思います。ピンの出し入れだったり、一番失敗しちゃいけない」と語った。美術スタッフたちは慎重にピンを送り出すと、ボールやピンから身を守るためにプロテクターを装着。大野は「裏は正直見たことなかった。本当にピン倒れない。あの集中力は相当だと思います」と驚いた様子を見せた。さらにVTRではチーム交代する際、先行チームが投げたボールを回収するのを嵐が手伝っていることも判明した。

      

「嵐、5人で『VS嵐』新春SPを振り返る 大野智「大変でしたよね。金額が金額なんで」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版