>  >  > ジュンスカ、邦楽カバーアルバム発売

JUN SKY WALKER(S)、デビュー30周年記念し邦楽カバー盤発売 RCサクセションなど全10曲

関連タグ
JUN SKY WALKER(S)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JUN SKY WALKER(S)がドリーミュージックに移籍、2018年にデビュー30周年を迎えるにあたりアニバーサリー企画を始動する。

 移籍第1弾として2018年1月24日にバンド史上初の邦楽カバーアルバム『BADAS(S)』(読み:バッダス)をリリースする。収録楽曲は、“ジュンスカのジュンスカによるジュンスカがカッコイイと思った”時代の名曲をピックアップ。宮田和弥が「自分たちが影響を受けたり、仲間として共鳴し合っていたり、後輩の楽曲だったとしても素直にカッコいいを思える楽曲を選曲しました」と話すように、バンド結成時からリスペクトしていたARB、RCサクセション、BOØWY、THE BLUE HEARTS、Mr.Children、スピッツ、MONGOL800、松任谷由実などの楽曲をセレクトしている。今回公開されたJUN SKY WALKER(S)30周年スペシャルサイトでは、今回のカバーアルバムの選曲の理由を掲載。さらに、ONE OK ROCK等を手掛けるakkinがサウンドプロデュースとして参加する。

 また、ジャケット写真は写真家ハービー・山口を起用し、バンド結成ゆかりの地「ひばりヶ丘」にて撮り下したもの。CDに封入されるブックレット全24ページにも多くの写真が使用されているという。

 また、1980年代にヨーロピアンスタイルのスタイリッシュなイメージでDCブランドブームをけん引したJUNMENを継承したJUNRedとのコラボレーションも決定。当時高校生でバンドを組んだリーダーでギタリストの森純太が着用していた”JUN”のTシャツのフロント面に印字された”JUN SKY WALKER”というロゴプリントをメンバーが気に入り、それをバンド名に採用されたというエピソードがある。ボーカルの宮田和弥は、「まさかデビュー30周年のタイミングでバンド名の由来となったJUNとコラボすることになって当時から思えば夢のようです。とても光栄に感じています」とコメントし、JUNRedブランド部長の六車氏も「ファッションと音楽には切り離せないカルチャーがあると思います。30年の時を超えて今回のコラボレーションが実現したことには大きな意味を感じています」と話している。今後スペシャルサイトでTシャツのデザインも発表される予定だ。

■リリース情報
『BADAS(S)』
発売:2018年1月24日
価格:¥3,000(税抜)
<収録内容>
1.ベイビー!逃げるんだ。
作詞・作曲:忌野清志郎・仲井戸麗市
2.リンダリンダ
作詞・作曲:甲本ヒロト
3.NO.NEW YORK
作詞:深沢和明 作曲:布袋寅泰
4.魂こがして
作詞・作曲:石橋凌
5.Hello, my friend
作詞・作曲:松任谷由実
6.ゴキゲンRADIO
作詞・作曲:森山達也
7.楓
作詞・作曲:草野正宗
8.FADE AWAY
作詞・作曲:大江慎也
9.あなたに
作詞:上江洌清作 作曲:MONGOL800
10.星になれたら
作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿・寺岡呼人

■ライブ情報
『~COUNTDOWN SPECIAL 29/30 ×××~ 』
2017年12月26日(火)/12月27日(水)
渋谷La.mama

JUN SKY WALKER(S)オフィシャルサイト

「JUN SKY WALKER(S)、デビュー30周年記念し邦楽カバー盤発売 RCサクセションなど全10曲」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版