>  >  > DNCE×セカオワ、コラボの意義とは?

DNCE×SEKAI NO OWARI、Mステ出演 セカオワの世界展開から読むコラボの意義

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月10日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、DNCE x End of the World (SEKAI NO OWARI)が出演。コラボ曲「Hollow」を披露する。

 同コラボは、アメリカのロックバンドDNCEと、SEKAI NO OWARIがタッグを組んだもの。2組は、2016年12月にDNCEの所属レーベルが開いた食事会で意気投合し、今年3月にDNCEが来日した際には、セカオワハウスを訪問。セカオワのメンバーとセッションやカラオケなどを楽しみ、親睦を深めていったという。

 そんななか、SEKAI NO OWARIがアメリカで一軒家を借りて曲作りに取り掛かった際、Nakajin(Gt)が「Hollow」を制作し、それを聴いたFukase(Vo/Gt)が「この楽曲をDNCEと一緒にやったら、すごいいい曲ができるかもしれない」と考え、バンドにコラボを提案。DNCEも楽曲が持つ雰囲気やメッセージに共感し、このコラボが実現したという。

 DNCEのコール・ウィットル(Ba)は「人間同士が自然につながって友情が生まれたという感じ。その結果、コラボすることになって当然の成り行きだよね」とコメントしたり、タイトルについて「ファンに覚えてもらいやすいものにしたい」という両バンドの思いが通じたりと、国を越えた関係性が生んだスペシャルな楽曲だ(以上参照:http://www.universal-music.co.jp/dnce/news/2017-10-24/)。

 SEKAI NO OWARIはこれまで、Owl Cityことアダム・ラヴィーンの「TOKYO feat. SEKAI NO OWARI」に客演として参加したり、ライブのゲストにまだ日本でブレイク前のオースティン・マホーンを呼んだりと、海外ミュージシャンとのコラボレーションを多く実行に移し、そのどれもを成功させてきた。

 バンド自体も、先述したアダム・ラヴィーンのプロデュースによる「Mr.Heartache」や、GorillazやKasabianのサウンドプロデュースを手掛けてきたダン・ジ・オートメイターとタッグを組んだ「ANTI-HERO」、Sigur Rosのプロデューサーで知られるケン・トーマスを迎えた「SOS」を制作したり、Fukaseがケイティ・ペリーやブリトニー・スピアーズ、Owl Cityなどを手がけるボーカル・プロデューサー、エミリー・ライトとともに徹底的にボーカルトレーニングに励み、ネイティブにより近い発音を手に入れるなど、数年前から世界進出へ向けた準備もしてきただけに、今回のコラボの意義も大きい。

      

「DNCE×SEKAI NO OWARI、Mステ出演 セカオワの世界展開から読むコラボの意義」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版