>  > ニューロティカ、地元フェスへの思い

「ニューロティカ八王子ポカポカフェスタを大成功計画」

ニューロティカが語る、地元八王子でフェス開催の理由とクラウドファンディングとの距離感

関連タグ
ニューロティカ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「『今回限り』と思って協力してくれる方もいたのは間違いないから」 (NABO)

ーーそんなみなさんですが、プロジェクトページでは「多くの方から「またクラウドファンディング?」と揶揄されました。少なからず、自分もにその気持ちはあります」と正直な気持ちも吐露されています。これについても詳しく訊かせてください。

NABO:最初のプロジェクトだとみんな賛同してくれるだろうけど、3回目となると批判的に見る人も出てきていて。「またやってるよ」みたいな。これまでも「今回限り」と思って協力してくれる方もいたのは間違いないから。

ーーアルタの体験があって、以前よりもクラウドファンディングへ前向きになっているのかなと思っていたので意外でした。

NABO:やっぱり「もうやめてよね」って揶揄されることも多くて。映画のときもアルタ前のフリーライブも、それぞれ充実したリターンも出したと思うんだけど。

JAMES:ハトも飛ばしたんですけどね(笑)。

NABO:他よりも良い倍率で返してるし、やり取りとして成り立っていると考えていたけど、そういう問題ではなくて、「先にお金を出してあとで見返りを貰う」というところに違和感を覚えているひとたちが多いのも事実で。いまだに「お金を貰おうとしている」と思われるし。

JAMES:自分と同じ若い世代でも、やっぱりNABOさんの言ったような感覚を持っているひとが多くて。これを一般の人に認知してもらうのは、やはり時間が掛かるんだなと改めて思いました。

NABO:それでもフェスをやろうと思ったのは、楽しい一日を作ることができると確信したからなんだけどね。

KATARU:最初からあっちゃんは「フリーライブだ!」って言ってたからね。

アツシ:同じようなことをほかにやっている人を見たことがなかったので、やってみたいと思ったんです。どうしようって不安な気持ちしかないけど、bambooからも「フェスというのは最初の1、2回は赤字ですよ」と言われて少し救われました。

NABO:俺も何回も聞いたんだけどね。「ホントにやるの?」って。でもやるって言って聞かないんだから(笑)。

ーー前回のアルタ前フリーライブから今回のプロジェクトに至るまで、バンドの活動において大きな変化はありましたか?

NABO:これまでニューロティカは、外とのやり取りや身の回りのことも、ほとんど自分たちでやってきたんですけど、『八王子ポカポカフェス』の開催を決めてから、裏方をやってくれるスタッフを入れたんです。それが一番大きいかもしれない。

ーーそれは、「音楽に集中できるようになった」ということですか?

NABO:いや、その人たちも音楽に対して意見をすごく言ってくれるので、音楽活動へダイレクトに影響しています。今年出したアルバム『良いか悪いかは別として(笑) 』やツアーに関してもそうで、録音した音源を聴いて「ダメなんじゃない?」と遠慮なく言ってくるから。俺たちもときには反抗しながら、良い方向には向かっていけてるんだと思います。

JAMES:確かに、以前よりもケツを叩かれてる感じはありますね。

NABO:もちろん、戸惑うこともあるんですけどね。でもバンドのことをよく知っていて外から見てきてくれた人だから。

KATARU:今はもう、だいぶその体制に慣れてきたかな。ライブの選曲も今までと変わってきて新鮮だし、なんでもやってみるのがいいんだなと改めて思いました。

JAMES:明確な目標を長いスパンで、みんなで決めていけているのも、前に進んでいる感じはしますよね。

ーーずっと自前でやってきたバンドが、ここにきて人を入れるというのは、相当大きい決断だったのでは?

NABO:そうでもないですよ。やっぱりどうしても、サポートしてくれる人がいないと取ってこれない仕事はあるし、自分たちでできる領域の限界に来ていると4人全員が感じていたので。

JAMES:4人で出来ることはやり尽くした感じがありましたよね。

NABO;間違いなくあったと思う。ドキュメンタリー映画を作って、新しいことはできたけど、そこからバンドとしてどう動こうかというところで行き詰まりがあったのは事実だから。そのタイミングで「八王子市制100周年ロックンロールプロジェクト」を始めることができたのは、良い機会だったんだなと思っています。

JAMES:僕は入って3年なんですけど、こうやって色々面白いことを思いつくおじさんたちなので、漠然とできるんだろうな、やれるんだろうなという感覚があって。もちろん蓋を開けてみれば大変なこともいっぱいあるんですけど、今回のことも、結局達成できちゃうバンドなんだと思います。

(取材・文=中村拓海/撮影=はぎひさこ)

■プロジェクトページ
「ニューロティカ八王子ポカポカフェスタを大成功計画」

■イベント情報
『八王子ポカポカフェスタ』
日時:12月3日(日)
場所:エスフォルタアリーナ八王子
チケット:無料

<出演者>
ニューロティカ/JUN SKY WALKER(S) /GELUGUGU/藤代舞/ベイビーレイズJAPAN/アローレトゥインクル/まちゃまちゃ/二丁拳銃/八王子トレインズ/アローレ八王子/SOTO DOUBLE DUTCH CLUB/8princess/紙芝居を広める会/ザ・レインボーズ/日本パンカツ協会/高尾ポテト/サザンテラスミウ/TheMisoFishStand Noa/Crepe & Galette CAFE/リリブ/チッキ/本町幼稚園/からまつ保育園/ga-megane/sakisaki/geewhiz/chatoy/tugu×JAyco/藤屋縁日

      

「ニューロティカが語る、地元八王子でフェス開催の理由とクラウドファンディングとの距離感」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版