>  >  > アーティストコラボなぜ増加?

チェコ×SKY-HI、MIYAVI、オザケン×セカオワ……アーティストコラボはなぜ増加?

関連タグ
小沢健二
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 以上のように、J-POPにおいてもアーティスト同士の交流や、フットワークの軽い活動スタイルが徐々に普及してきている。今年6月にリリースされたカルヴィン・ハリスの新作『Funk Wav Bounces Vol.1』は時代の潮流を読みつつも、異なるジャンルを取り込むことによって生まれた傑作だ。この作品のように、ジャンルやメジャー/インディーにとらわれず、アーティスト同士が自由にコラボを重ねることで、より日本の音楽的な土壌は豊かになっていくはずだ。共同制作だけでなく、多様な活動スタイルが生まれることを期待しながら今後もシーンを見守っていきたい。

(文=山田勇真)

      

「チェコ×SKY-HI、MIYAVI、オザケン×セカオワ……アーティストコラボはなぜ増加?」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版