>  > 福山雅治、ロングインタビュー

32thシングル『聖域』リリースインタビュー

福山雅治が語る、”音楽の源流”から辿りついた表現「いかに今日的な解釈として生み出すか」

関連タグ
福山雅治
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

圧倒的な不安とコンプレックスが20代の僕の“聖域”だった

ーー「聖域」の歌詞についても話をお伺いできればと思います。今回の曲は女言葉で書かれていますが、どんなイメージから書いていったんでしょうか?

福山:今回の「聖域」に関しては、『黒革の手帖』の主人公が原口元子という女性なので、まず女歌という縛りになるだろうと思いました。今まで書いてきた女言葉の歌には、最初に書いた「Squall」から、その後の「milk tea」や「ながれ星」など、年齢を重ねながらいろんな曲に登場している女性のキャラクターが僕の中に存在しているんです。でも、今回はその人じゃなくて。やっぱり『黒革の手帖』の元子なんです。とは言っても20代の女性のメンタリティは僕にはわからない。そこで僕自身との共通項を探したわけです。

ーー共通項というと?

福山:元子というのは親の借金を背負わされた辛い過去を持つ女性で、一方若さと美貌が自分の武器になるということに対して自覚的な人である。そこがポイントでした。僕自身も決して裕福な家ではなかったので、まずここがシンクロできる。あと、若さと美貌については……かつては僕も“イケメンの神様の子供”と自称してたので (笑)。まぁ冗談はこのくらいにして、そのあたりから入っていけば嘘っぽくはないと考えたんですね。

――そこから、最終的に“聖域”というキーワードにたどり着いた。

福山:じゃあ、その人は何を一番大事にしてるんだ? ということを考えたんです。元子の場合はお金ですけど、自分の場合は、まずサバイブすることだった。20代当時の僕は、とにかく音楽業界の中で数字を残していかないと次の作品が作れないという現実の前にいた。続けていきたいのであれば結果を出すしかない。だから批評家に評価されることよりも、とにかくまずCDを売ること、ライブにお客さんが入ることが最優先だと考えていたんです。僕も渋谷陽一さんが編集長をやられていた『ROCKIN’ON JAPAN』を読んでいた世代で、「ここに出られたらいいな」なんて思ったこともあったんですけど、「今はここじゃない」と。

ーーとにかく数字を残すほうが先決だ、と。

福山:でも自分の中には、理解してほしい、認めてほしいという思いもあった。もっといいシンガーソングライターになりたい、自分が思い描く表現に辿り着きたいというピュアネスだけがあった。だけど、実際のところ、辿り着いている自信はなかったんです。だから、同情してほしくもなかったし、応援してほしくもなかった。そういう圧倒的な不安とコンプレックスが20代の自分にあった。それこそが、当時の僕の“聖域”だったと思うんです。元子は愛を乞いているけれど、愛され方と愛し方がわからない。そのほころびを1ミリでも他人に見せると心のダムが決壊してしまうという恐れを抱いて生きている。そういう風に、僕自身が元子とシンクロできるところを探して、そこから歌詞を作っていったんです。

――カップリングについてもお話をお伺いできればと思います。まずは「jazzとHepburnと君と」について。これはどのようなきっかけから生まれたんでしょうか。

福山:いろんな曲を作っている中で、この曲のメロディはわりと力を抜いた感じで生まれてきたものだったんですね。もともとメロディの尺も2分半くらいしかなくて、だからシングルのカップリングの候補じゃなかったんです。でも、シンプルであるがゆえに頭の中をループするいい中毒性があると思って。で、今回『スカッとジャパン』(フジテレビ系)というテレビ番組の「胸キュンスカッと」というコーナーでオファーをいただいて、曲全体を改めて作っていきました。

――この曲にもバンジョーが入っていますが、これはカントリーやブルーグラス寄りの、アメリカンな匂いのする曲ですね。

福山:そうですね。メロディがシンプルな分、サウンドが主張できる空間があると思ったので。そういうはっきりしたサウンドにできる曲だと思いました。

――タイトルには「jazz」という言葉が入っているけれど、曲自体はジャズではないんですよね。

福山:そうなんですよ。そこはポイントですね。

――この曲の歌詞には〈君がよく聴くjazzも 君が憧れるHepburnも 君が付き合ってた彼氏のことも 知ってるつもりだけど 本当は何ひとつ君を知らない〉という一節が出てきます。曲の主人公にはどんなイメージがありましたか?

福山:この曲の主人公は好きになった女性に対して玉砕覚悟でぶつかっていく人。この曲は10代の頃の自分、恋愛とはどういうことかも整理整頓できてない頃の自分を引っ張り出して書いたような感じですね。もうずいぶん遠くになって忘れてしまいましたけど(笑)。

――これはきっと偶然だと思うんですけれど、「聖域」の主人公の女性と「jazzとHepburnと君と」に出てくる女性が、どこか重なり合っているような感じがあるんです。「聖域」の主人公は、若くて美貌があって人を惹きつけてやまないけれど、どこかミステリアスで踏み込ませないところがある。「jazzとHepburnと君と」に出てくる「君」は、それより年齢は若いと思うんですけれど、似たキャラクターに思える。そういう偶然の呼応があるのは、やはりその中に福山さん自身がいるからだと思うんです。

福山:そこはやっぱりシンガーソングライターの性なんでしょうね。どれだけ外から刺激されて、外のエッセンスを取り入れたとしても、結局のところ自分の内部で曲を生み出す原子みたいなところは一つであるという。

ーーそして、もう一曲のカップリングは「Humbucker vs. Single-Coil」。アサヒスーパードライCMに起用されているインストゥルメンタルナンバーです。CMではジョニー・デップと共演でのセッションが実現しましたが、これはどんな風に作っていったんでしょう?

福山:ジョニーさんとギターセッションのCMを作るというので、ツインリードのようなギターソロのフレーズを考えたんです。最初はレスポール、つまりハムバッカーのギターだけでフレーズを作っていったんですが、ジョニーさんが持ってきたギターがデューセンバーグというメーカーのオリジナルのもので。これがおそらくシングルコイルだったんですね。それを見てギターを弾き直すことを決めました。ジョニーさんが実際にプレイした音が入っているわけではありませんが、せっかくCMで出会うという環境をいただいたので、メインのフレーズをハムバッカーで、もう一つのフレーズをシングルコイルで弾いて、ツインリードにするという形にしました。この曲はライブで盛り上がるんじゃないかなと思いますね。

(取材・文=柴那典)

■リリース情報
『聖域』
2017年9月13日(水)

<全形態共通収録曲>
1.聖域(テレビ朝日系木曜ドラマ「黒革の手帖」主題歌)
2.jazzとHepburnと君と(フジテレビ系「痛快TVスカッとジャパン 胸キュンスカッと」テーマソング)
3.Humbucker vs. Single-Coil(アサヒスーパードライCMソング)
4.聖域(Instrumental) 
5.jazzとHepburnと君と(Instrumental)

・通常盤(CD1枚組)1300円(税抜) 

・初回盤(25周年ライブDVD付盤)2525円(税抜)
三方背スリーブケース
初回特典:デビュー25周年ライブ5公演のライブ映像DVD & ライブフォトブックレット付
<DVD収録内容>
デビュー25周年ライブ映像ダイジェスト
1.HELLO(福山☆夏の大創業祭2015/8/1&2@ヤンマースタジアム長居) 
2.あの夏も 海も 空も(福山☆夏の大創業祭2015/8/8&9@日産スタジアム) 
3.少年(夏だ!台場だ!福山だ!Zeppに福山雅治がやってくる!10代限定「真夏の初体験」2015/8/19&20@Zepp Tokyo) 
4.Prelude(福山☆夏の大創業祭2015/8/29&30@稲佐山公園野外ステージ) 
5.HUMAN(福山☆夏の大創業祭2015/8/29&30@稲佐山公園野外ステージ) 
6.東京にもあったんだ(福山☆冬の大感謝祭其の十五 野郎夜!! THE SECOND 2015/12/23@パシフィコ横浜)

・初回盤(Music Clip DVD・弾き語り音源付盤)1800円(税抜)
三方背スリーブケース付
初回特典:聖域(Music Clip)DVD付 & 「聖域」「タイトル未定」弾き語りバージョン、シングル「聖域」ライナーノーツトークを収録
<引き語り楽曲内容>
聖域(弾き語り)
jazzとHepburnと君と(弾き語り)

・ファンクラブ限定 BROS.盤(CD2枚組)1800円(税抜)
BROS.盤特典:“WE’RE BROS.大祭 in TOKYO DOME”ライブ音源ダイジェストCD、ライナーノーツトーク & ライブフォトブックレット & ライブ映像ストリーミングダイジェスト再生URL封入
<CD2収録内容>
WE’RE BROS.大祭 in TOKYO DOME  2016/9/25&26 ライブ音源
WE’RE BROS大祭 in TOKYO DOME ライブダイジェスト音源CD
1.追憶の雨の中
2.HEAVEN
3.遠くへ
4.あの夏も 海も 空も
5.もっとそばにきて
6.最愛
7.道標
8.「WE’RE BROS大祭 in TOKYO DOME」ライナーノーツトーク

■配信情報
各サイトで9月13日より配信スタート
レコチョク
レコチョク ハイレゾ
iTunes
mora ハイレゾ

■ライブ情報
『福山☆冬の大感謝祭 其の十七』@パシフィコ横浜展示ホール
12月21日(木)16:00 18:00 BROS.限定LIVE
12月23日(土)15:30 17:00 男性限定LIVE
12月24日(日)15:30 17:00 女性限定LIVE
12月27日(水)16:30 18:00
12月28日(木)16:30 18:00
12月30日(土)15:30 17:00
12月31日(日)20:00 21:30 カウントダウンライブ

『WE’RE BROS. TOUR 2018』
1月24日(水)17:00 18:30 大阪城ホール BROS.限定LIVE
1月25日(木)17:30 18:30 大阪城ホール
1月27日(土)16:00 17:00 大阪城ホール
1月28日(日)16:00 17:00 大阪城ホール
2月10日(土)17:00 18:00 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
2月11日(日)16:00 17:00 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
2月24日(土)17:00 18:00 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
2月25日(日)16:00 17:00 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター”
3月14日(水)17:30 18:30 愛知・日本ガイシホール
3月15日(木)17:30 18:30 愛知・日本ガイシホール
3月24日(土)17:00 18:00 静岡エコパアリーナ
3月25日(日)16:00 17:00 静岡エコパアリーナ
3月30日(金)17:30 18:30 三重県営サンアリーナ
3月31日(土)16:00 17:00 三重県営サンアリーナ
4月7日(土)17:00 18:00 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
4月8日(日)16:00 17:00 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
4月14日(土)17:00 18:00 アスティとくしま
4月15日(日)16:00 17:00 アスティとくしま
4月21日(土)17:00 18:00 広島グリーンアリーナ
4月22日(日)16:00 17:00 広島グリーンアリーナ
4月26日(木)17:30 18:30 マリンメッセ福岡
4月27日(金)17:30 18:30 マリンメッセ福岡
4月29日(日)16:00 17:00 マリンメッセ福岡
4月30日(月)16:00 17:00 マリンメッセ福岡

福山雅治オフィシャルサイト
福山雅治「聖域」特設サイト  
ライブ特設サイト  

「福山雅治が語る、”音楽の源流”から辿りついた表現「いかに今日的な解釈として生み出すか」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版