>  > シド、3年半ぶりALを語り尽くす

アルバム『NOMAD』リリースインタビュー

シドが“3年半ぶりのアルバム”でも新鮮さを失わない理由 「不安を感じることも刺激になる」

関連タグ
シド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「“シドらしさ”というのはあまり考えてないかもしれない」(マオ)

ーーその楽曲をマオさんが歌詞を乗せて歌うわけですが、作詞で意識したことはありますか?

マオ:アルバム全体を通してですが、オープニングの「NOMAD」でみんなと再会して、ラストの「普通の奇跡」で別れていくっていうところはすごく意識していて。最初と最後をそういう意識で作れば、アルバム全体がまとまるかなと思ってました。

ーー今作でも改めて感じたことですが、「躾」や「普通の奇跡」という曲タイトルや、「躾」に出てくる「躾という名の深海」といったフレーズなど、マオさんの言葉のチョイスが本当に独特で。こういうセンスが“シドらしさ”を作る一端になっていると思うんです。

マオ:でも、そういう“シドらしさ”というのはあまり考えてないかもしれないですね。どちらかというと、メロディに導かれる言葉が乗っていくというか。そこに、そのとき自分の中で旬な事柄や、そのとき書いてみたいテーマがハマれば書くというのもあります。「普通の奇跡」に関しては、この王道バラードでありがちなタイトルだと引っかかりがなさすぎるなと思って、違和感が欲しくてこういうタイトルにしました。けど、「普通の奇跡」というタイトル自体は普通に出てきた言葉なので、それは俺のメッセージとしてちゃんと伝えたいなというのはありますね。

ーー確かに「奇跡」というシンプルなタイトルでもエンディングを締めくくるにはよかったと思うけど、それではインパクトが弱いと。

マオ:そうです。とにかく最初のインパクトが大事だと思うし、このアルバムで新しくシドに入ってくる人もいると思うので、そういう人たちに対しての引っかかりになったらいいなと思うし。それに、その人たちがこれからファンになって、そのままずっと聴いてくれていたら「普通の奇跡」というものが当たり前の言葉になっていくと思うんです。そういうタイトルってシドの中にはたくさんあるので、この曲もそういった感じでどんどん浸透していけば、みんなに愛される曲になるのかなという気がしています。

ーー歌詞の中身的にも、久しぶりのアルバムでこういうことを歌ってもらえるというのは、ファン目線的には意義深いと思っていて。人同士の関係を歌った内容だと思うんですが、ある種バンドのメンバー同士やバンドとファンの関係にも置き換えられる。そこに感動するものがあるんじゃないかなと思いました。

マオ:単純にこの曲はファンの方へのメッセージソングとして書きたいなというのと、今思っていることや経験してきたことをストレートに伝えたいという気持ちで書いたんです。だから、そう感じてもらえたなら嬉しいですね。

ーーちなみに、アルバムタイトルに「NOMAD」を持ってきた理由は?

明希:アルバムタイトルは最後に決めたよね?

マオ:そう。これは僕が付けたんですけど、響きが良いなと思って。意味はあとから調べたんですけど、アルバムの内容にもぴったりだと単純に思いました。放浪してまたここに集まってきたというリアルな感覚もあるし、なんかいいんじゃないかなって。

ーーこれだけバラエティに富んだ楽曲が揃うと、曲順を決めるのが大変という印象がありますが、今回に関してはどうでしたか?

ゆうや:曲順はみんなで出しあったよね?

Shinji:うん。で、わりとみんな曲順が似ていたという。

マオ:プリプロのときから「1曲目と最後はこれだよね」というのが決まっていたから、そこから叩き台を作って、それぞれがああだこうだと考えて。でも、そんなに難航した印象はないかな。

ーー本作はこれだけいろんなタイプの楽曲が集まっていながら、いざ聴き始めるとスルッと最後まで聴けてしまう。これはシドのどの作品にも言えることで、毎回不思議に感じていました。正直、いろいろやりすぎるとオムニバスアルバムみたいになってしまうこともあるし。

明希:ああ、確かに。

ーー特に本作だとラストの「普通の奇跡」へと向かう、特に7曲目「低温」(ゆうや作曲)、8曲目「KILL TIME」(Shinji作曲)、9曲目「螺旋のユメ」(明希作曲)と作曲者が切り替わりながらそれぞれがせめぎ合い、最後に普遍的なバラードにたどり着く構成がとても美しくて、「普通の奇跡」の特別感が強く伝わると思うんです。そこは意識したんですか?

マオ:いや(笑)。今言われて、「確かに」って初めて思いました。「螺旋のユメ」をラスト前に持ってくることで、聴き慣れたシングル曲がひとつ挟まっていたほうがいいのかなとは思ってました。

ーーそうだったんですね。「普通の奇跡」は単独で聴いても美しい曲だけど、この流れで聴くとまた印象がガラッと変わるんですよ。それと、曲数を毎回10曲から12曲程度に収めてますよね。特に今作は10曲でトータル40分強という非常に聴きやすい長さですし。

ゆうや:そういう話もあったよね。今の曲数から「もう1曲増やす?」って話になったときに、「10曲が絶対にちょうどいいよ」って。そこで1曲1曲を色濃くして、10曲で勝負するのがいいんじゃないかって話になった記憶があるな。

明希:個人的には45分がマックスかなと思っているので、その中で収めたいというのはありますね。それに、ライブを考えたときに、やっぱりニューアルバムの曲もできるだけ聴かせたいし、今までリリースしてきた曲もふんだんに演奏したいと考えると、このぐらいのボリュームがちょうどいい気がします。

ーーなるほど、そう考えるとすごく腑に落ちます。この3年半で音楽シーンの状況はかなり大きく変化しています。海外に目を向けるとCDを出すことをやめて、アルバムという概念自体も捨てて新曲ができたら配信で発表するケースも増え始めています。そんな中でシドが2017年にシングルを3枚発表したりアルバムを作ったりする意味を、どのように考えていますか?

明希:時代性というよりは、まだこの4人でやりたいこと、やれることがたくさんあるからやっているという。シンプルだけど、そこに尽きるかな。これからも続けていきたいし、その思いは『NOMAD』を作ってより強まっているから、まだ次へ次へという欲求はありますね。きっとツアー(9月からスタートする『SID TOUR 2017 「NOMAD」』)が終わる頃には「次はどうしよう?」ってみんな考えるんじゃないかな。それで、「こういうことをやろう」と誰がか言い出して、またそこから新しいことが始まる。それがずっと続いていくんだと思います。

(取材・文=西廣智一)

■リリース情報
『NOMAD』
9月6日(水)発売
価格:初回生産限定盤A(CD+DVD)¥3,611+税
初回生産限定盤B(CD+写真集)¥3,611+税
初回仕様限定盤(CD)¥2,870+税

〈収録内容〉
【CD】 ※3形態共通
01. NOMAD
02. XYZ
03. 硝子の瞳(劇場版『黒執事 Book of the Atlantic』主題歌)
04. スノウ
05. 躾
06. バタフライエフェクト
07. 低温
08. KILL TIME
09. 螺旋のユメ(TVアニメ『将国のアルタイル』(MBSほか)オープニングテーマ)
10. 普通の奇跡

【DVD】※初回生産限定盤Aのみ
NOMAD -Specialインタビュー映像-

※封入特典:初回限定盤A・B、通常盤(初回仕様)
・『NOMAD』購入者対象握手会参加券
・SID TOUR 2017『NOMAD』チケット特別受付応募チラシ

 

 

■ツアー情報
『SID TOUR 2017「NOMAD」』
9月23日(祝・土)松戸・森のホール21 開場16時/開演17:00
9月24日(日)松戸・森のホール21 開場15時/開演16時
10月1日(日)福岡市民会館 開場17時/開演18時
10月8日(日)厚木市文化会館 開場17時/開演18時
10月12日(木)オリックス劇場 開場17時30分/開演18時30分
10月15日(日)新潟テルサ 開場17時/開演18時
10月21日(土)ベイシア文化ホール(群馬県民会館)開場17時/開演18時
10月27日(金)東京国際フォーラム ホールA 開場17時30分/開演18時30分
11月3日(祝・金)神戸国際会館 こくさいホール 開場17時/開演18時
11月4日(土)ロームシアター京都 メインホール 開場17時/開演18時
11月7日(火)大宮ソニックシティ 開場17時30分/開演18時30分
11月11日(土)日本特殊陶業市民会館 フォレストホール 開場17時/開演18時
11月12日(日)日本特殊陶業市民会館 フォレストホール 開場15時/開演16時
11月21日(火)中野サンプラザホール 開場17時30分/開演18時30分
11月23日(祝・木)東京エレクトロンホール宮城 開場17時/開演18時
11月25日(土)わくわくホリデーホール(札幌市民ホール) 開場17時/開演18時

チケット料金:¥7,300(全席指定・税込) ※4歳以上有料
チケット一般発売日:
松戸~群馬公演 8月26日(土)
国際フォーラム~札幌公演 9月30日(土)

シド オフィシャルサイト

「シドが“3年半ぶりのアルバム”でも新鮮さを失わない理由 「不安を感じることも刺激になる」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版