>  >  > TOKIOの楽曲にはなぜ“説得力”がある?

TOKIOの楽曲にはなぜ“説得力”がある? 長瀬智也が語った『クモ』制作エピソードから考察

関連タグ
TOKIO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カップリング曲には、国分太一が手掛けたピアノバラード「story」。そして、“島茂子とザ・ソイラテズ”による「女の坂道」と表現の幅広さと遊び心がたっぷりと詰まっている。 何事も全力な彼らの本気が、多くの人の背中を押すことだろう。

(文=竹上尋子)

      

「TOKIOの楽曲にはなぜ“説得力”がある? 長瀬智也が語った『クモ』制作エピソードから考察」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版