>  > 大原櫻子が語る、シンガーとしての自立

ニューシングル『マイ フェイバリット ジュエル』インタビュー

大原櫻子が語る、歌と向き合う姿勢とシンガーとしての自立「自分の音楽には優しさがあってほしい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


歌のニュアンスを大事にしたい

ーーこれまでのシングルに比べると、大人っぽい表情も感じられて。21才になって、意識の変化もありましたか?

大原:それは感じています。歌詞に対する責任感だったり、歌の重み、奥深さみたいなものも出していきたいなって。本当に微妙なんですけど、たとえば柔らかさと優しさと温かさってやっぱり違うじゃないですか。そういうニュアンスを大事にしたいんですよね。プロデューサーの亀田誠治さんをはじめ、すごいプロの方々に支えられて、安心感のなかで活動してきて。そろそろ自立しないといけないなって思っていますね。

ーー2曲目の「Jet Set Music!」は突き抜けるようなメロディが印象的なアッパーチューン。

大原:はじめて聴いたときから「すごくいい!」と思って。すごく爽快な曲だし、ライブで早く歌いたいなって。ただ、この曲を歌うとすごくカロリーを使うんですよ(笑)。いままででいちばん高い音もあるみたいで、歌うのはけっこう大変でした。

ーーライブで歌うときも気合いが必要かも。

大原:ヤバそうなときは、こうやって(客席にマイクを向けるポーズ)みなさんに歌ってもらいます(笑)。それは冗談ですけど、すごくいい曲なのでがんばって歌いたいですね。『リトル・ヴォイス』をやらせてもらったことで、音域が広がっているのも実感しているので。

ーー歌える楽曲の幅も増えそうですね。この曲はまさに“明るくて元気”という大原さんのパブリックイメージにピッタリだと思いますが、リスナーが求めているものに応えたいという気持ちもありますか?

大原:それもあるし、シングルでもいろんな表情を見せたいと思っていますね。需要に合わせるというよりも、自分の気持ちに合った曲を表現できたらなって。

ーーさらに「ALIVE」を収録。夢に向かって頑張っている人たちに向けたメッセージが込められた楽曲ですね。

大原:壮大なイメージの曲で、ライブの最後にも合いそうだなって。等身大で歌えるし、私らしい曲だなと思います。仮歌を録る段階では歌詞が決まっていなかったんですけど、〈いま風にそよぐ  やさしさが溢れる〉という言葉だけは入っていて。そのときに「自分らしい曲になるだろうな」とビビッときたんです。

ーー“やさしさ”がポイントだった?

大原:自分の音楽には優しさがあってほしいなと思っているんですよね。元気なときにハッピーな曲を聴いて盛り上がるのもいいけど、悲しいとき、苦しいときに聴いて元気がでる歌を歌っていきたいなって。自分自身を救ってくれたのも、苦しいとき、悩んでいるときなんかに力をもらったのも音楽なので。そういう曲は心に響くし、ずっと聴いてもらえると思うんですよね。「ALIVE」はまさにそういう曲だし、聴いてくれる人の心の雲が晴れるといいなと。

ーー10代の頃からそういう考え方だったんですか?

大原:そうですね。超おしゃべりでうるさいから“うる櫻子”って言われるくらい元気なんですけど(笑)、じつは考え過ぎちゃうところもあるし、心配性だったりもして。1stアルバム(『HAPPY』/2015年3月リリース)の最後に入っている「ワンダフル・ワールド」みたいな曲がーーあの時点では挑戦だったんですけどーー私の神髄なのかなと思いますね。

「大原櫻子が語る、歌と向き合う姿勢とシンガーとしての自立「自分の音楽には優しさがあってほしい」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版