>  >  > キスマイでもっとも“ビビり”は横尾渉?

Kis-My-Ft2でもっとも“ビビり”は横尾渉? 宮田俊哉とのラジオで明かされた意外なギャップ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 料理が得意で、動物好き。さらに俳句の才能も開花させるなど、 落ち着きのある魅力で人気を集めているKis-My-Ft2の横尾渉。“Kis-My-Ft2の母” とも言われるほど、しっかり者なイメージが定着しているが、 そんな彼にも大きな弱点があった。それは、人一倍ビビりであること。

 以前から、宮田俊哉と一緒だといつもより饒舌になると話していた横尾。 8月2日深夜に放送された『キスマイRadio』(文化放送) では、宮田と盛り上がるうちに、 横尾のビビりな部分がどんどん露呈していってしまった。

 ことの発端は「これがないと寝られない、など寝るときのクセがはありますか?」 というリスナーからの質問だった。「クセというより、自分の家の寝室じゃないと眠れない」という横尾の言葉に、宮田が「(仕事で地方に行くときの)ホテルとかは?」とたずねる。すると、横尾は「え、ホテルとか本当怖い。朝5時、6時まで起きてるもん」と衝撃の告白。ライブが終わった後でも、それは変わらないのだとか。

 すると、宮田の口から「横尾さんが怖がりっていうギャップ、俺けっこう面白いんだよね。慣れないスタジオとかのトイレとか、“ちょっとさ一緒に来てよ”って言うじゃん。なんで? みたいな(笑)」と次々と横尾のビビりエピソードが明かされる。その流れに乗って「マジで怖いんだって。たまに、ごはん屋さんでもあるじゃないですか、ちょっと離れたところに非常口通るトイレとか、ほんっと怖いもん」と、怖がりな一面を横尾も自ら語りだす。

 「リアルにオバケ系の仕事が来た場合は、とりあえず1回“宮田さんとですか?”とは聞く。(ひとりで……となったら) そのときはマジで、マネージャーさんと戦います、1回リアルに」そのあまりに必死な姿に宮田も「ハハハ」と笑いが止まらない。 宮田自身は全く霊感がなく、むしろひとりで心霊スポットにドライブで出かけたこともあるほどの強者。「やめなさいよ、本当、あぶ、あぶないんだから!」宮田の行動を想像して思わずビビって噛むなど、ふだん気の強い印象がある横尾の可愛らしさが全面に出る展開となった。

      

「Kis-My-Ft2でもっとも“ビビり”は横尾渉? 宮田俊哉とのラジオで明かされた意外なギャップ」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版