>  > KEMURI“無料フェス”開催の意義

KEMURI 伊藤ふみおが語る“無料フェス”開催の意義、そしてスカパンクの現在地

関連タグ
KEMURI
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「こういうことが起きたらいいな」と思っていたことは、ほとんど全て起きている

――ところで、現在のKEMURIの状態はいかがですか?

伊藤:いい感じですね。すごく楽しい。ライブの雰囲気も、その後の打ち上げの雰囲気も最高だし。3月にリリースした最新作、『FREEDOMOSH』が本当にいいアルバムで。その曲をメインにしつつ、再結成後の曲のみで本編のセットリストを作ったんですけど、それもすごく盛り上がりました。

――そういう、今までにやったことのない試みが成功したのは自信に繋がったのでは?

伊藤:そうだといいですね……。ただ、課題点ももちろんあります。「もうちょっとできるはずだ」って。「もっとたくさんの人に見てもらいたい」って思いますし、CDの売り上げにしてもそうですよね。世界中でCD売り上げ不振が言われていますけど、それでも頑張っている人たちはいるし、僕らは僕らなりに、何かできる方法がもっとあるはずだと思っています。しかもそういう課題を話し合っている時でも、嫌な空気にならずにいられるのが、すごく心地いいです。

――1stアルバムのリリースから20年経って、今思うことは?

伊藤:いろんなことが変わりましたよね。20年前に持っていたバンドマンとしての夢は叶えたし、未だに生きて音楽をやっているなんて思ってなかったけど、まだ生きてバンドをやっている(笑)。結婚もしたし、子供もできたし、クラウドファンディングまでやっているし!(笑)。 音楽業界も本当に変わりましたね。ミュージシャンにとっては、CDが売れなくなったというのは本当に大きな変化で。

――そうですね。

伊藤:とはいえ、20年前に何百万もかけなきゃできなかったよう録音が、ほとんどタダ同然でできる世の中にもなっている。僕らみたいなパンクロックバンドでも、何千人ものオーディエンスの前でライブができるフェスがいくつも存在している。「こういうことが起きたらいいな」と思っていたことは、ほとんど全て起きていますしね。もしタイムマシンがあったら、20年前の自分のところへ行って、「そんな心配しなくて大丈夫だよ」って言いたいです。

――それは僕も同感です(笑)。この先、伊藤さんが考えていることは?

伊藤:「もっと歌いたい!」って思いますね。KEMURIでも歌いたいし、曲も沢山作りたい。歌はもともと好きですけど、声もなんか、出ている感じがここにきてすごく感じるんですよ。今までライブでは辛かったような高いキーを、アンコールの最後の最後でも、全く苦もなく楽に歌えた。ボーカリストとしてもいい感じなんですよね。

――昨年、『ルート66』という企画がありました。

伊藤:そうそう。1966年生まれで50歳になったミュージシャンが集まったんですけど、みんなすっごい歌が上手くて。渡辺美里ちゃんとかトータス松本、田島貴男、斉藤和義とか……。「俺も、もっとああいう風に歌いたい」と心から思いました。とはいえ、あまり目標とかテーマに重きを置かないように。基本の基本、まず「歌う」っていう。それで人の心や自分の心を動かせるようになるっていうことにフォーカスしていけば、きっとまた想像もしなかったような、素晴らしい景色が広がっていくんだろうなって思っています。そういう意味では、すごくシンプルに考えて生きていますね。

(取材・文=黒田隆憲/撮影=石川真魚)

■『KEMURI “SKA BRAVO 無料ツアー” 開催プロジェクト』情報
CAMPFIRE
KEMURI オフィシャルサイト

■ツアー情報
『’FREE SHOW!’ 〜SKA BRAVO SPECIAL TOUR 2017〜』
11月14日(火)18時 東京 某ライヴハウス
11月15日(水)18時 名古屋 某ライヴハウス
11月16日(木)18時 大阪 某ライヴハウス
入場方法:無料(ドリンク代別途)
出演:KEMURI、海外バンド2組

■アルバム情報
『FREEDOMOSH』
発売日 : 2017年3月1日(水)
CD+DVD ¥4,600(税抜)
CD ¥3,000(税抜)

<収録内容>
・CD
01. THUMBS UP!
02. GO! GO! GO! GO! GLOW!
03. CHOCOLATE
04. DIAMOND
05. My Best Friend
06. SAKURA
07. AWE
08. SPIRAL
09. Dancing in MOON LIGHT
10. RAINDROP
11. SHOUT
12. サラバ アタエラレン

・DVD
01. THUMBS UP! -MUSIC VIDEO-
02. サラバ アタエラレン-MUSIC VIDEO-
03. I am proud (Bristol, UK)
04. SUNNY SIDE UP! (Sheffield, UK)
05. Crappy Go Happy (Birmingham, UK)
06. Dancing in MOON LIGHT (London, UK)
07. HATE (Atlanta, US)
08. PMA (Positive Mental Attitude) (Orlando. US)
09. New Generation (St. Petersburg, US)
10. サラバ アタエラレン (Tokyo, JP)
11. Heart Beat (Tokyo, JP)
12. Ato-Ichinen (Tokyo, JP)

「KEMURI 伊藤ふみおが語る“無料フェス”開催の意義、そしてスカパンクの現在地」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版