>  >  > ニコラス・エドワーズ、日本語と歌への愛

『ナカイの窓』歌が上手い人SP出演ニコラス・エドワーズ、歌を心から愛する“表現者”としての魅力

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月2日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)にて、「歌が上手い人SP 第2弾」がオンエアされた。昨年11月にも放送された人気企画。今回も知る人ぞ知る“歌うま”メンバーたちが集結し、MCの中居正広、陣内智則を前にその実力を披露した。

 女性の原曲キーを歌いこなす声域を持ったマルチタレント・つるの剛士、湖池屋CMで堂々とした歌唱を披露し話題となった女子高生・鈴木瑛美子、沖縄で注目のバンドcainoのギターボーカル・高良豊、二人の織りなすハーモニーが特徴の阿佐ヶ谷姉妹といった個性豊かな出演者が揃った本放送で、ひときわ存在感を放っていたのが歌手のニコラス・エドワーズである。

 番組で“奇跡の歌声”と紹介されたニコラスは、米国オレゴン州ポートランド生まれ。最初に興味を持ったのは日本語で、特に形で意味が表現されている“漢字”に関心を抱いたのだという。日本人や日本の文化とふれあう中でコブクロ「蕾」と出会い、J-POPに興味を持つように。そして、ギタリストの父の影響で「シンガーになりたい」という夢を持っていたニコラスはいつしかJ-POPを歌いはじめ、2011年、日本の歌を愛する外国人が歌唱力を競い、日本の歌が上手い外国人No.1を決定する『のどじまんTHEワールド!』(日本テレビ系)に出演。以降15回の連続出場、3回の最多優勝という快挙を成し遂げた。

 MCの中居は『のどじまんTHEワールド!』でもMCを務めており、ニコラスの成長をずっと見守っていてくれた存在。中居は「歌がうまい、ルックスがいい、184cm、完璧じゃん!」と絶賛し、ニコラスが目の前でWANDS「世界が終るまでは…」を歌うと驚愕の表情を見せた。その後もニコラスは「森のくまさん」をアメリカンなバラード調にアレンジして歌ったり、絢香×コブクロ「WINDING ROAD」を出演者全員で歌うなど、ボーカル力を存分に発揮した。

ニコラス・エドワーズ 『世界が終わるまでは••• 』

 放送からもわかるように、ニコラスはライブパフォーマンスにも定評がある。時に力強く、時に繊細な歌声を響かせる歌唱力と、手足の長さを活かしたステージング。特に高音域の迫力は圧巻の一言。そこに彫刻のように端正な容姿と王子様のようなオーラが加わることで、観る者は一瞬にして目と耳を奪われてしまうのだ。

 番組の最後に行われる心理分析コーナーでは「歌うことを心から愛している人」の結果が発表され、内発的なモチベーションが一番感じられたというニコラスが見事選ばれた。まさに、何よりニコラスの歌が人々の心を掴むのは、日本語に対する愛と理解の深さ。幼少から日本語の勉強を重ねてきたニコラスは、2011年の来日からわずか1年で同時通訳の資格レベルの日本語能力試験1級を取得。今では自身の楽曲で作詞も手がけている。感情の機微や情緒を表現する言葉選びの美しさが、改めて“日本語が持つ美しさ”にも気づかせてくれる。

ニコラス・エドワーズ「Freeze (Short Version)」

 7月29日放送のドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)第4話では、『のどじまんTHEワールド』のパロディイベント『うたじまんTHEワールド』で歌う本人役として出演していたニコラス。近年では、シンガーとしての活動のほか、ドラマ・映画などでの演技にも積極的に取り組んでいる。秋にはライブハウスツアーと恒例のクリスマスコンサートも決定。表現者としての挑戦と努力を惜しまない姿勢でさらなる飛躍を見せるか。ニコラス・エドワーズ、要注目である。

(文=久蔵千恵)

ニコラス・エドワーズ ポニーキャニオンオフィシャルサイト
ニコラス・エドワーズ オフィシャルサイト
ニコラス・エドワーズTwitter(@nyk_staff)
ニコラス・エドワーズInstagram(@n_y.k)
ニコラス・エドワーズ オフィシャルブログ
ニコラス・エドワーズFacebook

■ライブ情報
『ALIVE Sessions: Acoustic Tour Autumn 29』
秋のライブハウスツアー開催
10月19日(木)東京
10月28日(土)福岡
11月3日(金・祝)京都
11月4日(土)名古屋
11月9日(木)東京
11月11日(土)横浜

『MOTION2017 Christmas Concert 」開催
12月21日(木)

※時間、会場等詳細は後日ニコラス・エドワーズ オフィシャルサイトにて

■リリース情報
『GO EAST』-Japanese ver.-
【Limited Edition(CD+DVD)】 ¥4,400(税込)※仕様:スペシャルパッケージ、ブックレット:24ページ
【CD ONLY】¥3,300(税込)

『GO WEST』-English ver.-
【CD ONLY】¥3,300(税込)

Live DVD&Blu-ray 『Nicholas Edwards MOTION 2016 Video Document』
発売中
【DVD(2枚組)】¥5,800+税
【Blu-ray(2枚組)】¥6,800円+税
収録分数:約200分(Disc1:105分/Disc2:95分)
封入特典:ブックレット(24P)/オリジナルポストカード1枚(全3種類のうちランダム1枚)

<収録内容>
DISC1:MOTION2016 CHRISTMAS CONCERT(EX THEATER ROPPONGI)
DISC2:MOTION2016 SPRING CONCERT/SUMMER CONCERT/AUTUMN CONCERT

「『ナカイの窓』歌が上手い人SP出演ニコラス・エドワーズ、歌を心から愛する“表現者”としての魅力」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版