>  >  > サカナクション、SLSレポ

『SWEET LOVE SHOWER 2017』ライブレポート

サカナクションのパフォーマンスは進化し続ける SWEET LOVE SHOWER2日目フィナーレ!

関連タグ
サカナクション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スペースシャワーTVが主催する野外ライブイベント『SWEET LOVE SHOWER 2017』が、今年は8月25~27日の3日間にわたって山梨・山中湖交流プラザ きららで開催中だ。リアルサウンドでは、同イベントのライブレポートを掲載。本稿では、2日目のトリを務めたサカナクションのライブの模様をお届けする。


 2日目を終えようとしている『SWEET LOVE SHOWER 2017』。LAKESIDE STAGEのトリとしてこの一日を締めくくったのは、メジャーデビュー10周年を迎えたサカナクション。今年で9回目の出演、『SWEET LOVE SHOWER』に欠かせない存在と言っても良いだろう。

 青白い照明とステージ上に焚かれたスモークが幻想的な雰囲気を作り出すなか、全身黒色の衣装で揃えた山口一郎(Vo&G)、岩寺基晴(G)、草刈愛美(B)、岡崎英美(K)、江島啓一(Dr)がステージに現れる。それぞれが定位置についたことを確認したあと、山口が深々とお辞儀し、「どうも。僕たち私たち、サカナクションです!」と一言。レーザー光線が上空を行き交うなか、挨拶代わりに「新宝島」を届ける。

 そして上空に掠れた月が浮かぶなか、3曲目に演奏されたのはメジャーデビューアルバム『GO TO THE FUTURE』収録の「三日月サンセット」。曲が進むにつれ音数が増え、その音ひとつひとつの逞しさも増していくようなアレンジからは、この10年間での彼らの成長を読み取ることができた。また、中盤のインストパートにて、草刈→岡崎→岩寺→江島の順でソロ回しが行われた直後、山口が嬉しそうにその場で大きく飛び跳ねていたのも印象に残っている。きっとメンバーのファインプレーに気持ちが昂ったのだろうが、それはもちろん彼だけではない。「みんな自由に、自分のステップで踊れますか?」と山口が語りかけるまでもなく、暗闇のなか、フィールド一面のオーディエンスは思い思いに身体を揺らしていたのだ。

 ラップトップを前に5人が横並びになるフォーメーションを経て、ダンスミュージック的な側面を強化。そして、ライブはいよいよクライマックスへ。バンド編成に戻り、「アイデンティティ」、「多分、風。」と続け、ここまで一切音を止ませることのないままステージを終えた。ラストに「目が明く藍色」を演奏する際、「本当は今の曲で終わりなんですけど、今日アンコールの時間をいただいたので、一旦引っ込むと時間オーバーしてしまうのでこのままもう1曲やってもよろしいでしょうか」(山口)と話していたあたり、制限時間ギリギリまで使い尽くしたいという想いが彼らにはあったのだろう。絶えず進化を続け、私たちに新鮮な驚きをもたらしてくれるサカナクションの音楽の根底には、そんなある種の貪欲さと徹底的なこだわりが存在している。デビュー10周年。その歴史の重みをここに垣間見た。


(文=蜂須賀ちなみ/撮影=岸田哲平)

『SWEET LOVE SHOWER 2017』ライブレポート特集

8月25日(金)

BLUE ENCOUNTの“第二章”がはじまったーーオーディエンスと作り上げた一期一会のライブ
WANIMAの陽性メロディックパンクが晴れた空に鳴り渡る フェスの舞台で見せた“成長の証” 
マキシマム ザ ホルモンのライブには“熱い幸福感”がある 4年ぶりSWEET LOVE SHOWERレポ
THE ORAL CIGARETTESの快進撃は終わらない “思い出の地”での熱演を見た!
エレファントカシマシは“希望と夢”を追って生きていく 30年の歴史刻んだライブをレポート

8月26日(土)

10-FEETのライブはなぜロックファンに求められる? “対話”を生む壮絶なステージを目撃KICK THE CAN CREWは自らをアップデートし未来に進む 復活の狼煙上げた熱狂ライブをレポ
ポルノグラフィティが見せた“挑み続ける姿” 初出演のフェスの舞台でヒットソング連発!銀杏BOYZ 峯田和伸の一挙手一投足から目が離せない 「BABY BABY」大合唱も起こった名演を見て

「サカナクションのパフォーマンスは進化し続ける SWEET LOVE SHOWER2日目フィナーレ!」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版