>  >  > 中居正広、バカリズムの行動を叱責

中居正広、バカリズムとセクシー女優のやりとりを叱責「そういう時は身を預ければいいじゃない!」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ナカイの窓』(日本テレビ系)の8月16日放送分では、バカリズムをゲストに迎え「バカリズムを知る人SP」がオンエアされた。バカリズムを知るゲストとして、朝日奈央、おかゆ太郎、小宮浩信(三四郎)、千秋、細川智三、山里亮太(南海キャンディーズ)が出演した。

 番組中盤でバカリズムの「セクシー女優好き」を明かした千秋。バカリズムがとあるセクシー女優からご飯に誘われ、自宅でコーヒーを振る舞ったのにもかかわらず、なにもアクションを起こさなかったというエピソードをタレコミした。その話に対して中居正広は「気持ち悪いわ」とコメントし、山里も「喫茶店気取りですか?」とツッコミを入れる。するとバカリズムが、実際は食事をせずにいきなり家でお茶をしたと訂正し、「お茶をして2~3時間くらいで帰りました」と告白した。

 そんなバカリズムの行動を中居が「バカ!」と一喝。バカリズムは「僕もそういう気持ちはゼロではないですよ」と釈明するも、中居は「なにやってんの!」と苦言を呈する。さらにバカリズムが「だって相手は百戦錬磨ですよ! プロ野球選手にバッティングピッチャーするようなもんじゃないですか!」と言い訳すると、中居は「違うよ! そういう時は身を預ければいいじゃないかよ! バカだなー! なに自分がリードしちゃおうみたいな」「なにプロ面してんだよ! バカだなー!  その話だけ聞きたかったわ!」とダメ出しした。

      

「中居正広、バカリズムとセクシー女優のやりとりを叱責「そういう時は身を預ければいいじゃない!」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版