>  >  > SKE48大場、AKBメンバーに敵意

SKE48 大場美奈、AKB48に対して敵意を露わに 「余裕ぶっこいてたら消しますよ」

関連タグ
SKE48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『AKBINGO!』(日本テレビ系)の8月15日放送回では、AKB48とSKE48の代表メンバーが体力勝負などで5番勝負を繰り広げる、「AKB48対SKE48 新世代メンバーバトル」の前編がオンエアされた。

『意外にマンゴー』(TYPE-A)(初回生産限定盤)

 オープニングトークにて、MCの村本大輔(ウーマンラッシュアワー)に「今のAKBだったら勝てる?」と聞かれた小畑優奈は、「勝てます!」と即答。続けて村本に「誰だったらいけそう?」と聞かれると、「全員いけるんじゃないですかね」とAKBチームを挑発した。さらに大場美奈も、AKBチームに向かって「余裕ぶっこいてたら消しますよ」と啖呵をきるも、年齢が25歳であることを明かすとAKBチームから「ババア! ババア!」とヤジが飛んだ。

 1回戦目の競技では「勝ち抜き腕相撲」が行われAKB48チームが勝利。2回戦目では「限界突破スクワット対決」が行われ、参加者として大場美奈が登場。大場は「世間の25歳よりは体力あると思います」と、再び年齢を絡めながら体力自慢であることをアピールし、さらに競技開始前にも「25歳が足を引っ張るわけにはいかない」「やるべきことは大人としてやります」と意気込みを語った。

 スクワット対決には、AKBチームから向井地美音、倉野尾成美、岡部麟、SKEチームから小畑、大場、日高優月の6名が参加。他のメンバーが少しずつ脱落する中、180回を超えても順調に回数を重ねる大場を見た村本は、「意外と大場さんがやる! これが大場さんが25歳でも現役の理由だ!」と感想を述べるも、219回の時点で膝から崩れ「もう無理です……」と脱落。結果は、AKBチームは倉野尾、SKEチームは小畑と日高の2名が残り、SKE48チームが勝利を収めた。

      

「SKE48 大場美奈、AKB48に対して敵意を露わに 「余裕ぶっこいてたら消しますよ」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版