>  >  > ラジオから感じる“しんつよ”の友情

佐藤結衣の『ラジオdeジャニログ』

草なぎ剛、今年の誕生日は香取慎吾がラジオでお祝い トークから感じる“しんつよ”の変わらぬ友情

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「今日は7月の9日、つよぽんの誕生日でーす」草なぎ剛と香取慎吾がパーソナリティを務めるラジオ『ShinTsuyo POWER SPLASH』(bayfm)7月9日放送回では、香取が草なぎのバースデーを祝う言葉でスタートした。“パワスプ”の愛称で親しまれ、1995年から続く同番組の魅力といえば、幼馴染のようなふたりの絶妙な掛け合い。ときに年齢が逆転した兄弟のような、ときに付き合いの長い恋人のような、そんな草なぎ&香取ならではのトークが実に微笑ましいのだ。

 「あ、どうもありがとうございます。いやいやいや……私43歳になりましたね。ま、いろいろありますけど、楽しい人生じゃないかと思っていますねー」と、いつもの通りリラックスした口調で話し始める草なぎ。すると、香取が「生誕祭やるから、お祭りだ!」と盛り上げておきながら、草なぎの「誕生日の日にラジオってなかなかね、ないですよね、ねえ?」という言葉には、「上着を脱ぐからチャックの音しまーす」とスルー。めげずに「ねえ? その日ってないじゃないんですか? ねえ!?」と問いかける草なぎに、思わず「ふふっ」と吹き出しつつも「上着を脱ぐから。シャカシャカしたやつなんで、音がしまーす」と、かわしていく香取。その後も、草なぎの話を遮るように曲紹介をするなど、遠慮のないふたりのやりとりに、聞いているこちらまでニヤけてしまう。

 また、この番組でおなじみの即興ソングでは、香取の振りで草なぎが自らの誕生日を祝う歌を披露。<誕生日だよ~つよしく~ん~>と楽しそうに歌う草なぎに、香取は「もう1曲」と矢継ぎ早にリクエスト。突然の無茶振りにも関わらず、全く動じない草なぎは<Dのコードから始まる~ぅ~>と、誕生日に全く関係ないオリジナルソングをノリノリで歌いあげる。そして「特に意味がありません。僕が(ギターコードの)Dを押さえたから」と、飄々と話す始末。これには「アホだよね、ふふふふふふ(笑)」と呆れながらも「褒め言葉ですよ」となんだかんだ愛でる香取。そして<あなたといると僕もアホになれる いくつになってもアホ ステキなその頭 あなたの頭の中をこれからももっと見せてね>と、変わらない友情を歌に乗せて贈るのだった。

 終盤には、番組スタッフから草なぎにプレゼントが渡される。中身は、草なぎが欲しがっていたカッティングボード。個人的に注文していたためかぶってしまったが、何枚あってもいいと喜ぶ。アウトドアで使いたいという草なぎは「キャンプでもいこうよ」と香取を誘う。実は、昨年の香取の誕生日に食器が揃ったピクニックセットをプレゼントしており、今回のカッティングボードとの相性も抜群なのだが、香取は「あれ、もうないから」と、つれない態度。そこから「捨てたの?」「捨てるわけないじゃん」の押し問答。今年の香取の誕生日を祝った1月29日放送回でも、「誰にあげたっけな」「あげんのかよー」と痴話ゲンカしたのを思い出させる。

      

「草なぎ剛、今年の誕生日は香取慎吾がラジオでお祝い トークから感じる“しんつよ”の変わらぬ友情」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版