>  >  > 乃木坂46、18thシングルセンターは3期生

乃木坂46、3期生大園桃子と与田祐希が18thシングルWセンターに 「迷惑をかけないように頑張っていきたい」

関連タグ
乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46の冠番組である『乃木坂工事中』(テレビ東京)。7月10日放送分では、18thシングル選抜メンバーが発表された。

乃木坂46『生まれてから初めて見た夢』

 今回のシングル選抜メンバーは前作の21名から3人減って18名、Wセンター制となり、6人×3列のフォーメーションとなった。3列目は左から、伊藤万理華、新内眞衣、生駒里奈、桜井玲香、若月佑美、井上小百合が選出。桜井は「3期生が入ってきて、(自分は)今まで真ん中くらいの年代だったけど、下の子が入ってきて上の年代になったので、しっかりとしていきたい」とコメントし、若月は「乃木坂も結成6年を迎えて、いろんなことを変えていかなければいけないと思う」、井上は「乃木坂が世間からどう見られているか考えることも多くて。自分たちがどう応えられているか考えるけどまだ足りてないと思うし、より一層同じ方向を向けるように、その後押しを出来るように頑張りたい」と語った。

 続いて2列目のメンバーとして名前が呼ばれたのは、左から星野みなみ、松村沙友理、生田絵梨花、秋元真夏、衛藤美彩、高山一実。星野は「自分の中でこの1年くらいあまり変わらなくて、それをなくしたいと思っていたので、違う景色が見れるんじゃないかなと楽しみ」と変化を喜び、個人での舞台活動も多い生田は「何の活動をしているときも乃木坂46を背負っている感覚がある」とグループに還元していることを明かすと、衛藤は「昔したいと思っていたことがやっと形になっていて、3期生も入ってきて、『乃木坂って夢が叶う場所』って思ってもらいたいし、それを自分が示していきたい」と決意を新たにした。

      

「乃木坂46、3期生大園桃子と与田祐希が18thシングルWセンターに 「迷惑をかけないように頑張っていきたい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版