>  >  > THE SxPLAYがプロモーションアニメに参加

THE SxPLAYがテーマソングを担当 山田悠介、4年ぶりの長編小説でプロモーションアニメ制作

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 THE SxPLAY(菅原紗由理)が、山田悠介の新作長編小説『僕はロボットごしの君に恋をする』のプロモーションアニメでテーマソングを担当する。

 10月中旬に刊行される同書籍は、『リアル鬼ごっこ』『その時までサヨナラ』『スイッチを押すとき』などで知られる山田悠介の4年ぶりの長編小説。小説刊行に伴い、プロモーションアニメの制作も決定している。

 『四月は君の嘘』『ソードアート・オンライン』などで知られるA-1 Picturesがアニメ制作を担当するほか、キャラクターデザインには『君の膵臓をたべたい』のイラスト担当をしたloundraw、テーマソングには『君がいるから(FINAL FANTASY XIII テーマソング)』などで知られるTHE SxPLAY(菅原紗由理)が参加している。

■関連リンク
河出書房新社 HP
河出書房新社 Twitter
A-1 Pictures
Loundraw Twitter
THE SxPLAY Twitter
THE SxPLAY Facebook
THE SxPLAY Official HP

「THE SxPLAYがテーマソングを担当 山田悠介、4年ぶりの長編小説でプロモーションアニメ制作」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版