>  > LOVE PSYCHEDELICOが、今音楽で伝えたいこと

『LOVE YOUR LOVE』発売記念:KUMIソロインタビュー

LOVE PSYCHEDELICO KUMIが今音楽で伝えたいこと「“LOVE”の本質がリアルになってきた」

関連タグ
LOVE PSYCHEDELICO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「伝えたいのは、根っこの部分、言葉にできないところ」

ーー“こういう音にしたい”という理想のサウンドのイメージもあったんですか?

KUMI:はい。そのイメージがあったから自分たちでミックスまでやってみようと思えたわけで、“こういう音がいいよね”というのはNAOKIとも共有していたので。今回のアルバムの音が技術的に正しいかどうかはわからないけど、自分たちのイメージする音作りはできたのではないかと思っています。

ーーKUMIさんのボーカルもいままで以上に生々しく伝わってきました。歌も2人で録ってるんですよね?

KUMI:そうだね。NAOKIがディレクションしてくれるんだけど、「もうちょっと弱く歌ってみようか」とか「そういう感じで歌うんだったら、こっちを調整するね」っていう話をしながらレコーディングして。これまでもそういう風にいろいろと試行錯誤しながらやってきているけど、以前よりも「こんな音像で歌いたい」「こういう声色がいい」というイメージはクリアになってきたね。

ーー『LOVE YOUR LOVE』というタイトルを決めたのはいつですか?

KUMI:いちばん最後かな。「タイトル、どうしよう」と思いながら、なかなか思い浮かばなくて。今回はアルバムをひとつのテーマや言葉でまとめるのが難しくて、『LOVE YOUR LOVE』もタイトルという感じより、メッセージみたいなものなんです。

ーー“LOVE”はLOVE PSYCHDELICOがずっと表現してきたテーマですが、このタイミングで改めて打ち出したのはどうでしてなんですか?

KUMI:何て言うか、LOVEの本質がやっとリアルになってきた気がして。自分も含め、世の中もそういう時代じゃないかなと。大変なことも多いけど、そっちは本当じゃなくて、LOVEが本質なんだよって。

ーー実際に起きたこと、社会の雰囲気も影響している?

KUMI:きっと。私はあまりニュースを見たりはしないんだけど、肌で感じていることや、人と話すことで見聞きすることを大切にしているので。

ーー無意識のうちに情報過多になるのを避けているのかも。時代性を楽曲のなかに反映させることもないですよね?

KUMI:自分たちの音楽が社会と無関係だとは思ってないけど、そういうメッセージをダイレクトに込めることはないかな。もっと根っこの部分、言葉にできないところなんだよね、伝えたいのは。楽しいことや明るいこと、美しいことを“愛”という言葉で括って、「それこそが本質なんだよ」ということが伝わるといいなと思って音楽を作ってるので。

ーーそのスタンスをNAOKIさんと共有しているのも、LOVE PSYCHEDELICOの魅力だと思います。NAOKIさんとの関係性も変わらないですか?

KUMI:あまり変わらないかな。LOVE PSYCHDELICOはもともとバンドだったし、メンバーが抜けて2人になってた時期にデビューが決まったんだけど、自分としてはずっとバンドだと思っていて。制作はずっと2人だけど、一緒に演奏する仲間は増えたね。

ーー2人で音楽を作り続けて、まったくインスピレーションが衰えないのはすごいですよね。

KUMI:そういうことはないね。音作りは繊細になっていくし、イメージしている音に辿り着く速度は早くなっていくけど、それは技術的なことであって、根本的にやってることは変わっていない。ただ、作ってるときに「この音はちょっとイキイキしていないね」みたいな話はするね。

「LOVE PSYCHEDELICO KUMIが今音楽で伝えたいこと「“LOVE”の本質がリアルになってきた」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版