>  >  > ONIGAWARAが手にした良質なポップミュージック

ONIGAWARAがオマージュの先で手にした良質なポップミュージック ツアー最終公演レポート

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ONIGAWARAが6月3日に東京・渋谷WWW Xで『1st full album「ヒットチャートをねらえ!」リリースツアー2017~ベストヒットO・N・I~』のツアーファイナルを迎えた。

 ONIGAWARAのワンマンライブ史上最大キャパとなった当日。会場いっぱいに集まったガワラー(ファンの総称)の前で、ONIGAWARAはアルバム『ヒットチャートをねらえ!』の収録曲や、新曲「ホップステップLOVE」を披露した。

 ライブは「Shake it!」からスタート。<ダンス!ダンス!ダンス!ダンス!踊ろう?さぁ素敵なミュージック>という、ONIGAWARAのあり方を象徴するような自己紹介ソングで、冒頭から一気に独自のワールドに誘い込む。ディスコクラシックな「タンクトップは似合わない」では竹内サティフォ (Vocal,Guitar,Programming)と斉藤伸也(Vocal,GAYA,Programming)の二人のタイプの違うボーカルの掛け合いが炸裂。さらに「GATTEN承知之助~We can do it!!~」では、キッズダンサー3人組によるオニーズJr.もステージに登場し、サティフォと斉藤の二人もアイドル然とした軽やかなステップを披露した。

 続く「僕の恋人」は切ないラブソングだ。サティフォの甘いボーカルと歌詞の世界観で会場はロマンチックな空気に。男女のすれ違いという恋愛の普遍的なテーマが表現されており、ONIGAWARAの楽曲はJ-POPのフィールドで十分勝負できることを証明しているようにも感じられた。続く、「I don’t wanna die」では、サイケデリックな映像をバッグに歌唱。『ヒットチャートをねらえ!』のラストナンバーでもあるこの曲は<ノスタルジックのその先へ>と、1980~90年代の音楽をただオマージュするだけではなく、ヒット曲への愛情をもとに生まれる良質なポップミュージックで、何かを変えてみせようとするONIGAWARAというユニットの奥深さが浮き彫りになっていた。

 前半戦が終わると、2人はステージから一度退場。スクリーンでは、昔の通販番組風の映像が流れ、笑いの渦を巻き起こしながらグッズを紹介。さらに、サティフォ演じる芸能記者“中村ひとし”が斉藤に突撃生インタビューする映像も。歌って踊るだけではない、コミカルな演技にも挑戦できるのがONIGAWARAなのだ。

      

「ONIGAWARAがオマージュの先で手にした良質なポップミュージック ツアー最終公演レポート」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版