>  >  > 「音小屋」、夏期講習開講

鹿野 淳による音楽ジャーナリスト養成学校「音小屋」、小野島 大、柴 那典を迎え夏期講習開講

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 鹿野 淳による音楽ジャーナリスト養成学校「音小屋」が 、2年ぶりの夏期講習を開講する。

 講師は小野島 大、柴 那典、鹿野 淳の3名で、3つのプログラムを開講。音楽ジャーナリズム、これからのメディアの在り方&作り方、フェス&イベントのAtoZとプロデュースなど、各プログラム12名づつ、計36名の生徒募集を行なう。

鹿野 淳(音小屋主宰)コメント

1年お休みをいただいておりましたが、今年の音小屋は、再び夏期講習を開催します。
2012年の春から開講している音楽寺子屋の音小屋も、5年の時を超えて多くの生徒達が音楽業界に就職しています。
音楽サイト、出版社、CDショップ、コンサートプロモーター、レコード会社、そして配信サイトなどなど、音楽業界の様々なフィールドで音小屋生の顔や頑張りを見るようになりました。嬉しいことです。
今回は夏休み中に開講するので、日本各地で音楽業界を目指している方々も受講できるかもしれません。あなたがあなたと音楽との関係の真価を問う、いいきっかけになればと思い、2年ぶりに3つの夏期講習を開きます。
今回も2年前同様、「小野島 大」、「柴 那典」、そして僕「鹿野 淳」がそれぞれ異なる授業別にクラスを持ち、夏期講習を開きます。
内容は下記にある通り、音楽メディアとして様々な項目に分かれています。「ライター」「新しい音楽メディアの在り方」「フェス」という、みんながその裏側や奥の奥を知りたいテーマ別に、それぞれ6回の講座の中でたっぷりとレクチャーします。
いわゆる専門学校のメディア科とは違う、「近い」関係の中であなたが知りたいこと、目指したいことにまっすぐ向かってゆく本音溢れるいい機会になればと思っています。それぞれの講師は音楽メディアの最前線にいる方です。とびっきりの現場感覚を味わえると思います。
是非、興味のある講座を見つけ、参加しながらあなたと音楽の特別な夏を見つけてください。待ってます。

■講座情報
各授業案内&各開催日程
◆「音楽ジャーナリズム、一から十まで」 講師:小野島 大(音楽ジャーナリスト)
講師:小野島 大(音楽ジャーナリスト)
音楽ジャーナリスト、音楽ライターになるためのノウハウに特化した講座。
~開催日程~(全6回)
8月22日(火)/8月29日(火)/9月5日(火)/9月12日(火)/9月19日(火)/9月26日(火)
※時間は全日程、20時~22時。各講座約2時間。

◆「音楽の新しい伝え方、これからのメディアの作り方」 講師:柴 那典(音楽ジャーナリスト)
講師:柴 那典(音楽ジャーナリスト)
ポスト・ストリーミングの時代にあたって、音楽をどう伝え、どう広めるべきなのか? テクノロジーの発達を前提に、時代によって変わらない言葉と文章の価値を見据えつつ、新しい音楽メディアの可能性と戦略を探る講座。
~開催日程~(全6回)
8月21日(月)/8月28日(月)/9月4日(月)/9月11日(月)/9月18日(月・祝)/9月25日(月)
※時間は全日程、20時~22時。各講座約2時間。

◆「フェスやイベントをもっと知り、やがて自分で開くために」 講師:鹿野 淳(VIVA LA ROCKプロデューサー、音小屋主宰)
そもそもフェスとは何なのか? フェスを開催するまでの0から100までや、そのプロモーション方法、さらにフェスやイベントやライヴをメディアとしてどう位置づけるのか? 土日の集中講座。
~開催日程~(全6回)
9月2日(土)12時〜19時(3講座)/9月3日(日)11時〜18時(3講座)
※1日あたり、約2時間 × 3講座の合計6時間を1日で行う集中講座。

募集要項
【受講料】(各授業共通)
24,000円(税込)
※各講座それぞれの6回分の授業料

【会場】(各授業共通)
株式会社FACT会議室(東京都世田谷区北沢2-14-16 北沢プラザビル4F)

【参加資格】(各授業共通)
高校生(15歳)以上の方、年齢の上限なし

【持ち物】(各授業共通)
筆記用具、受講料 ※ブログやツイッターでの掲載等の2次使用をしなければ、小型の録音機材の持ち込み可能。

【定員】(各授業共通)
1クラス12名ずつ(定員を超過した場合、選考あり)

【応募方法】
オフィシャルサイトより、エントリーシートをダウンロードして記入の上、メール又は郵送にて送付。
これまで音小屋を受講した方、応募した方も、改めてエントリーシートを記入の上、送付すること。メールの場合は、必ず件名に「音小屋夏期講習応募」と明記すること。また、再応募の方はその旨も明記する。その他詳細は、オフィシャルサイトにて。

【選考通知日程】(各授業共通)
エントリーシート、2017年7月21日(金)までに選考結果を通知する。それまでに合否の通知が届かない場合は、音小屋のメールアドレス(otokoya@fact-mag.com)にその旨を連絡すること。

【応募締め切り】
2017年7月14日(金)23時59分まで
(郵送の場合、当日消印まで有効)

【講師プロフィール】
■小野島 大
音楽評論家。9年間のサラリーマン生活、音楽ミニコミ編集を経てフリーに。『MUSICA』『MUSIC MAGAZINE』『ROCKIN’ON』『ROCKIN’ON JAPAN』『CDジャーナル』『週刊SPA』『ナタリー』『REALSOUND』などのほか、新聞、雑誌、各WEB媒体などに執筆。著書に『NEWSWAVEと、その時代』(エイベックス)『音楽配信はどこへ向かう?』(インプレス)など。1996年から2009年まで、西武百貨店池袋コミュニティ・カレッジにて『音楽ライター養成講座』の講師をつとめる。「音小屋」講師はこれが5期目。酒・野球・猫・ガジェット好き。
FaceBook:dai.onojima/Twitter:@dai_onojima

■柴 那典
1976年神奈川県生まれ。京都大学総合人間学部卒業後、99年株式会社ロッキング・オン入社。『ROCKIN’ON JAPAN』『BUZZ』『rockin’on』の編集に携わる。04年、ロッキング・オン退職後にフリーのライター/編集者として独立。雑誌やWEBなど各方面にて編集とライティングを担当し、音楽やカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー・記事執筆を手掛ける。著書に『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)、『初音ミクはなぜ世界を変えたのか』(太田出版)。共著に『渋谷音楽図鑑』(太田出版)。主な執筆媒体は『AERA』『ナタリー』『CINRA』『MUSICA』『REALSOUND』『MUSIC MAGAZINE』など。「音小屋」講師は3年目。
Twitter:@shiba710

■鹿野 淳
89年扶桑社入社、翌90年(株)ロッキング・オン入社。98年より音楽専門誌『BUZZ』、邦楽月刊誌『ROCKIN’ON JAPAN』の編集長を歴任。04年ロッキング・オン退社後、(株)FACT設立。06年にサッカー雑誌『STARsoccer』を創刊し、07年に月刊音楽専門誌『MUSICA』を創刊させる。フェスは「ROCK IN JAPAN FES.」に立ち上げメンバーとして関わり、03年には「COUNTDOWN JAPAN 03/04」、10年からは東京初の総合フェス「ROCKS TOKYO」をオーガナイズ。14年からは埼玉県初のメガフェス「VIVA LA ROCK」をプロデュースしている。Twitter:@sikappe

音小屋オフィシャルホームページ

「鹿野 淳による音楽ジャーナリスト養成学校「音小屋」、小野島 大、柴 那典を迎え夏期講習開講」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版