>  >  > 嵐 大野の残念な“写真撮影あるある”

嵐 大野智、残念な“写真撮影あるある”を明かす 「台に乗っても俺、つま先立ち」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 嵐が番組オリジナルの大型ゲームでゲストと対戦する、“体感型アミューズメントゲームバラエティー”番組『VS嵐』(フジテレビ)が6月1日にオンエア。舞台『髑髏城の七人 Season鳥』チームとして阿部サダヲ、森山未來、早乙女太一、松雪泰子、梶原善、池田成志が、プラスワンゲストとしてココリコが出演した。

 番組冒頭、6月1日は「写真の日」であることから嵐の5人が「写真撮影あるある」についてトークを展開。相葉雅紀は「限界まで寄る。グッと!」と5人での撮影時の「あるある」について言及すると、櫻井翔も「一般的に求められる距離よりはるかに近い」と同意した。

 さらに櫻井は「相葉くんの(笑顔に求められる)ハードルの高さ(がすごい)」と指摘し、スタッフから「相葉さんもうちょっと笑顔で」と言われることを明かすと、相葉は「5人で撮る写真(の顔)ほとんどしわくちゃ」と苦笑。松本潤は「相葉くんからしたら俺(の笑顔)60%くらい」と撮影時の笑顔を実践し、笑いを誘った。そして二宮和也は「後ろの方でリーダー(大野智)と積み木みたいの乗せられて。3人身長が高いから。我々が前行きゃいいのに後ろに行かなきゃいけない」と不満気な表情に。すると大野も「台に乗っても俺、つま先立ち」と撮影時の辛さを明かした。

 ゲストとして登場した阿部は映画『大奥』での二宮との共演を振り返り、「ご飯食べに行ったりして少し仲良くなって。共演してたムロツヨシくんのお部屋行って、お部屋荒らして帰ったのは覚えてます」と発言。これに対して二宮は「ムロくんは誰からもイジられやすいっていう特殊なキャラクター」と前置きしつつ、「阿部さんが急に(ムロの部屋に)出前を取り出して、それを確認せずに帰るっていう遊び(をした)」と語った。

 さらに番組中、天の声・谷岡慎一アナが結婚を報告すると、サプライズで大野が花束をプレゼント。二宮は「もうちょっとザワザワするかと思ったんですよ。(コーナーが)始まる前にリーダーがいなかったから。でも何のザワザワもなく始まっちゃう」と大野の存在感のなさを指摘した。

      

「嵐 大野智、残念な“写真撮影あるある”を明かす 「台に乗っても俺、つま先立ち」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版