>  >  > 竹原ピストル『PEACE OUT』初日レポ

竹原ピストル 『PEACE OUT』東京キネマ倶楽部公演レポート

竹原ピストルの歌はなぜ心を揺さぶる? “全身全霊”を体現する『PEACE OUT』ツアー初日を観た

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 竹原ピストルの弾き語りツアー『PEACE OUT』が、5月7日に東京キネマ倶楽部(東京)で初日を迎えた。アンコールを含め2時間半、竹原の歌手としての凄みが最大限に発揮されたライブであった。短いMCはあるものの、ほぼノンストップで歌い上げる姿は、“全身全霊”という言葉を体現しているようだった。

 4月7日に発売された同名アルバムを伴った、全国57箇所を巡る本ツアー。竹原はギター2本が置いてあるシンプルなステージに登場。「ドサ回り数え歌」をはじめとする新アルバムの収録曲はもちろん、過去作の楽曲から初披露する新曲まで、これまでのキャリアを横断するようなセットリストでライブは行われた。

 新アルバムの1曲目、ライブではお馴染みとなる「ドサ回り数え歌」は、竹原にとって名刺代わりのナンバーと言える。全国を巡業し年間250本以上のライブ、“ドサ回り”をする中で生まれたこの曲には、“一期一会”という竹原のライブに対する考え方が色濃く反映されているように思う。情感を込めてじっくりと歌い上げ、一気に観客の心を鷲掴みにする。野狐禅解散後にライブを重ね、ほぼ無名に近い状態から再びメジャーデビューを果たした竹原の、歌うたいとしてのキャリアと底知れぬ実力を肌で感じる瞬間だった。

 ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』(テレビ東京)の主題歌に抜擢、『ミュージックステーション』(テレビ朝日)でも話題を集め、竹原ピストルの存在をさらに広く知れ渡らせた曲「Forever Young」も披露。<Forever Young あの頃の君にあって Forever Young 今の君にないものなんてないさ>というストレートな歌詞で紡がれる応援歌は、竹原の人柄や芯のある歌声が揃ってこそ説得力を与えられる。

 竹原のパブリックイメージとして、“無骨”や“力強さ”といった“ワードを思い浮かべる人は少なくないだろう。同ライブでも、歌声、ギター、汗、その一挙手一投足には、会場に足を運んだ観客と1対1で向き合おうとする竹原の気概に満ち溢れていた。しかし「カモメ」「マスター、ボーグスかけてくれ」では、猛々しいパフォーマンスを披露する一方で、ひとつひとつの言葉をきちんと届けようとする“繊細さ”も感じることができた。

 アコースティックギターをメインの楽器にしているため、フォークソングが中心だと思われがちだが、新アルバムをリリースした際のインタビューにて、「世の中にはいろんな音楽があるし、これいいなって思ったり、マネしてみようかなっていう要素はバンバン取り入れていこうと思ってて」(参考:エンタメステーション「竹原ピストル、ここから新しい旅路。旅芸人の心意気を証明する『PEACE OUT』」)と回答しているように、竹原の楽曲には様々な音楽的要素が組み込まれている。カントリー風の陽気なギターフレーズが印象に残る「一等賞」では、それまで集中して歌に耳を傾けていた観客も一丸となってクラップを入れる。一方、ミニマルなフレーズに韻を意識したラップ調の歌詞を乗せて北海道での実体験を歌い上げる「ママさんそう言った ~Hokkaido days~」では、シャウトの効いたサビで会場を圧倒していた。ヒップホップ好きを公言している竹原は、「ちぇっく!」や「俺のアディダス~人としての志~」のように、ヒップホップの手法を大々的に取り入れた楽曲も製作している。今回のライブでも、フォーク、ブルース、カントリー、ヒップホップなど、ギター一本を巧みに演奏しライブの中盤までに多彩な表情を見せた。

 住友生命「1UP」のテレビCMに起用された代表作「よー、そこの若いの」を歌った竹原。サビの<よー、そこの若いの>を会場全体で歌い出す一幕も。竹原の歌詞には、綺麗事や夢物語のような理想は登場しない。自身の人生経験を切り取り、その時々のリアルな心情や感覚を歌に込めるからこそ、誰かの背中を押すような楽曲を生み出すことができるのだろう。映画『永い言い訳』を手掛ける西川美和監督から、「仕事の歌」と依頼を受けて楽曲を制作したという竹原は、「自分は狭い世界観の歌しか作れないですからね。世の中にある仕事すべてを括れるような歌は書けないし、仕事をしているすべての人にくれるような歌も書けないから、どうしても私事チックになってしまったけど、みなさんそれぞれのお仕事に対する愛着だったり、奥歯を噛みしめる瞬間だったりに、ちょっとでも優しく触れることができたらなと」と前置きし、「俺たちはまた旅に出た」を歌い出す。また、クリープハイプの尾崎世界観も賞賛した「例えばヒロ、お前がそうだったように」では、トゲのある言葉が並ぶ歌詞を鬼気迫る勢いで歌い上げ、会場から大きな声援があがった。

 “一期一会”という言葉が示す通り、初日公演とは思えないほどのステージングを見せた竹原ピストル。観客のアンコールを受け照れくさそうに登場した竹原は、松本人志をモチーフにした「俺のアディダス~人としての志~」などを披露、歌い終えると会場に一言お礼を述べステージを後にした。“PEACE OUT”は、「じゃあな、またね」といった人と人の別れを指すスラング。歌い手として次の段階に進まなければならない、という気持ちのもと付けられたタイトルだという。12月22日に行われる中野サンプラザ最終公演まで、7カ月間という長い期間で行われる同ツアー。これから各地でたくさんの「じゃあな、またね」を繰り返し、再び東京に戻ってくる時には、さらに大きな存在となってファンを驚かせてくれるに違いない。

(文=泉夏音/写真=福政良治)

■リリース情報
『PEACE OUT』
発売:2017年4月5日(水)
初回限定盤(CD+DVD) ¥3,300(税抜)
通常盤(CD) ¥2,900(税抜)
<CD>
1.ドサ回り数え歌
2.虹は待つな 橋をかけろ
3.一枝拝借 どこに生けるあてもなく
4.ママさんそう言った ~Hokkaido days~
5.ぐるぐる
6.一等賞
7.ため息さかさにくわえて風来坊
8.最期の一手 ~聖の青春~
9.ただ己が影を真似て
10.例えばヒロ、お前がそうだったように
11.Forever Young ※テレビ東京系ドラマ24「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」エンディングテーマ
12.俺たちはまた旅に出た
13.マスター、ポーグスかけてくれ
<DVD>※初回限定盤の特典
1.オールドルーキー
2.LIVE IN 和歌山
3.午前2時 私は今 自画像に描かれた自画像
4.じゅうじか
5.俺のアディダス ~人としての志~
6.ちぇっく!
7.便器に頭を突っ込んで
8.ドサ回り数え歌

■ライブ情報
『全国弾き語りツアー”PEACE OUT”』
5月7日(日) 東京 東京キネマ倶楽部
5月10日(水) 滋賀 U☆STONE
5月11日(木) 奈良 NEVER LAND
5月16日(火) 兵庫 チキンジョージ
5月17日(水) 和歌山 OLD TIME
5月24日(水) 岐阜 岐阜ants
5月25日(木) 三重 松坂M’AXA
5月27日(土) 静岡 浜松窓枠
5月28日(日) 愛知 名古屋TOKUZO
6月1日(木) 青森 青森Quarter
6月2日(金) 秋田 秋田Club SWINDLE
6月4日(日) 岩手 盛岡CLUB CHANGE WAVE
6月5日(月) 宮城 仙台CLUB JUNK BOX
6月7日(水) 山形 山形ミュージック昭和セッション
6月8日(木) 福島 郡山HIP SHOT JAPAN
6月11日(日) 鳥取 米子AZTiC laughs
6月12日(月) 島根 出雲APOLLO
6月14日(水) 岡山 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
6月15日(木) 広島 広島クラブクアトロ
6月18日(日) 山口 周南RISING HALL
6月20日(火) 京都 磔磔
6月21日(水) 大阪 umeda AKASO
7月3日(月) 岩手 久慈UNITY
7月4日(火) 岩手県 宮古KLUB COUNTER ACTION
7月5日(水) 宮城県 石巻BLUE RESISTANCE
7月12日(水) 神奈川 Yokohama B.B.street
7月13日(木) 埼玉 西川口Hearts
7月21日(金) 長野 長野CLUB JUNK BOX
7月23日(日) 新潟 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
7月25日(火) 福井 福井CHOP
7月26日(水) 石川 金沢AZ
7月28日(金) 富山 富山ソウルパワー
8月1日(火)北海道 北見オニオンホール
8月2日(水) 北海道 帯広Rest
8月4日(金) 北海道 苫小牧ELLCUBE
8月5日(土) 北海道 函館club COCOA
8月9日(水) 山梨 甲府CONVICTION
8月15日(火) 千葉 千葉ANGA
8月16日(水) 群馬 高崎club FLEEZ
8月26日(土) 茨城 水戸NINETY EAST
8月27日(日) 栃木 宇都宮HELLO DOLLY
9月6日(水) 長崎 長崎DRUM Be-7
9月7日(木) 佐賀 佐賀GEILS
9月9日(土) 熊本 熊本B.9V1
9月10日(日) 大分 DRUM Be-0
9月12日(火) 宮崎 宮崎SR-BOX
9月13日(水) 鹿児島 鹿児島SRホール
9月15日(金) 鹿児島 奄美ASIVI
9月26日(火) 愛媛 松山サロンキティ
9月27日(水) 高知 高知X-pt.
9月29日(金) 香川 高松DIME
9月30日(土) 徳島 徳島club GRINDHOUSE
12月8日(金) 愛知 名古屋DIAMOND HALL
12月10日(日) 大阪 大阪Zepp Namba
12月12日(火) 福岡 福岡IMSホール
12月14日(木) 北海道 札幌PENNY LANE 24
12月22日(金) 東京 中野サンプラザ

竹原ピストル オフィシャルサイト

「竹原ピストルの歌はなぜ心を揺さぶる? “全身全霊”を体現する『PEACE OUT』ツアー初日を観た」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版