>  > 怒髪天 増子直純が語る、“潮目”を待つこと

『赤ら月』リリースインタビュー

怒髪天 増子直純が語る、バンドを磨き続ける理由「やってることに自信があれば何十年でも待てる」

関連タグ
怒髪天
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20170525-dohatsu6.jpg

 

「フェスのヘッドライナーを見れば流行はわかるけど、そこに寄せようと考えることなんてない」

ーー先ほど「敢えて避けてきたところに意外と面白みがあった」とおっしゃってましたけど、音楽やバンドに関しての考え方が柔らかくなってきたというような実感はありますか?

増子:昔、自分でつけていたような手枷足枷みたいなものが、どんどん外れてきて、いい具合に力を抜いてやれるようになってきたというのはあるね、ここ何年間かで。

ーーそれによって、作品の作り方も何か変化しましたか?

増子:近年はシングルはもちろん、アルバムも全体像がわからないままで作ってる。曲作ってる友康が最終的な完成図を見ていて、それを我々に知らせないまま最終段階に入っちゃうわけ。でも、それってすごく面白いし、楽しみが増えたんだよ。それまでは「こういうものが作りたい」「こういう風にしたい」というところがあって作っていたんだけど。ただ、あらかじめ完成図みたいなものを知っちゃうと、そこに最高点を持っていくことしかできないんだよ。逆にそういうものを知らないままやっていくと「こっちのほうが面白いんじゃないか?」と、いろいろアイデアを持ち寄ったときに予期せぬ化学反応が起こる。それがすごく面白くて。“作業的”にならないというか。

ーー長年一緒にやってきたからこそ委ねられる部分でもありますね。

増子:うん。「もう、任せておいて大丈夫だな」と。昔は「こんな感じで、ドラムはこうじゃない、ベースはこうで、ギターはこうしたほうがいい」なんて言ってたんだけど。今は一切何も言わない。……もう10年くらい前になるのかな? レコーディングで一カ所、アレンジが気になったとこがあったの。家帰ってもやっぱり気になっていて。で、次の日スタジオ行ったら、そこがピンポイントでバッチリ直ってたんだよね。これはもう言わなくとも大丈夫だなと。それからまったく言わなくなった。友康も「完成に近くなるまで待ってて」というようになったし、ドラムに関してもベースに関してもそれは同じで。完全に任せられるようになった。俺が想像する以上のものは絶対に作ってくれるからさ。

ーー信頼があるからこそ、バンド内でのそれぞれの役割が明確になったと。

増子:自分がやれることがわかってきた。俺は、俺がやれることを全力でやりきれなければならない。より自分のやることに対する比重が大きくなってる、自己責任が重くなったとでもいうか。歌詞に関してはとくにあるかもしれない。「つきあかり」(2005年)という曲を書いてから、歌詞に対する考え方が変わってきた。この曲は職業作家的に作ったからさ。字数も母音の重なりもストーリーも、ポエムとしても完成度が高い。楽曲としては名曲だなと思うし、完璧なものができたと思う。でもそれによって、ロックバンドというのは形式じゃなくて、“何かを伝える、言いたいことを叫ぶ”、ということが本来いちばん最初に来なきゃいけないんだ、ということに立ち返ったんだよね。同じワードが1番の中で2回出てこないとか、そういう風に考えて作ってた。そこから解放された。ポエムと歌詞は違うんだということに。メロディにのったとき、最大限の力を発揮するのが歌詞であると。文章としての美しさはあまり必要ないんだよね。そこにとらわれていた。

ーーそうした長年の活動と変化によって、現在の怒髪天が出来上がった。まさに最初におっしゃった“純度が上がった”という表現がふさわしいですね。

増子:ビジネスのことも考えなきゃいけないけど、それ以上にロックバンドは楽しいし、表現欲求という部分で動いていることのほうが多い。フェスのヘッドライナーを見れば流行はわかるけど、そこに寄せようと考えることなんてないもんな。“待てば海路の日和あり”とでもいうか、潮目を待って粛々と自分を磨いていく……そういう期間も悪くないと思ってる。自分のやってることに自信があれば、何十年でも待てるからね。

ーー確固たる信念と独自性を貫いてきたバンドだからこその、重みのある言葉です。

増子:ただ、唯一無二というものを磨いてきたつもりではいるんだけど。反面でフォロワーがいない。「好きだ」と言ってくれるバンドはいても「音楽的に影響受けてます」というバンドには会ったことないもんな。そこは寂しくはあるよ。こういう曲作って、こういう風に歌って、こういう風にやることは意外と難しいんだよってことをわかってほしいよね。 

ーー実際、難しいからこそ「真似したくても真似できない」というところもあると思いますよ。 

増子:まぁ、“クセが強い”ってことなんだけどな(笑)。でも、The Poguesと変わらないと思ってるんだけどね。向こうはアイリッシュ民謡をロックと合わせて、俺らは演歌。自国の歌に対するリスペクト。まぁ、演歌とアイリッシュ民謡を比べちゃ、アレだけど(笑)。若者にとっちゃ、演歌なんて、なんの興味もないだろうしねぇ。でもいずれわかるんだ、仕事でクタクタになって帰ってきて、風呂入ったときにわかる(笑)。しかし、我々長年“JAPANESE R&E”を名乗ってきたわけだけど、こないだ音楽番組で女子大生のアイドルと一緒になったとき、「どうだった?」って訊いたら「演歌みたいな歌い方と声で〜」なんて言われてさ。いよいよ意識しなくともそうなってるのかと、なんだか嬉しくもあり悲しくもあり。目指すところではあったんだけど、いざたどり着いたてみたら「あれ?」っていう(笑)。

(取材・文=冬将軍)

■リリース情報
『赤ら月』
発売日:2017年5月24日(水)
初回限定盤A CD+DVD ¥2,200(+税)
初回限定盤B CD+CD ¥2,200(+税)
通常盤 CD ¥1,200(+税)

<CD収録曲3形態共通>
1.赤ら月
2.恋ノ猛毒果実(ヨミ:コイノ ポイズン フルーツ)
3.愛のおとしまえ(舞台「サンバイザー兄弟」より)

<初回限定盤A特典DVD収録内容>
2017年1月8日(日)長野CLUB JUNK BOX「2017年新春公演
“謹賀新年、ネオ元旦。2017年は二度明ける。”」全19曲、ノーカット完全収録。
1.酒燃料爆進曲(おめでとうVer)
2.ホトトギス
3.夕暮れ男道
4.オレとオマエ
5.団地でDAN!RAN!
6.喰うために働いて生きるために唄え!
7.蒼き旅烏
8.サムライブルー
9.そのともしびをてがかりに
10.つきあかり
11.DO RORO DERODERO ON DO RORO
12.人生○×絵描きうた
13.マンイズヘヴィ
14.せかいをてきに
15.セイノワ
16.プレイヤーⅠ
17.歩きつづけるかぎり
EN1. オトナノススメ
EN2.実録!コントライフ

<初回限定盤B特典CD収録内容>
昭和歌謡曲カバーミニアルバム
1.ラ・セゾン(歌:増子直純)
2.夏の扉(歌:増子直純)
3.1/2の神話(歌:増子直純、岡本真依(ひめキュンフルーツ缶)
4.絶体絶命(歌:増子直純、谷尾桜子(ひめキュンフルーツ缶)

■ライブ情報
『怒髪天TOUR 怒髪天 GOLD N’ SILVER TOUR 2017 “きんは100歳、ぎんも100歳、俺達あわせて200歳”』

6月3日(土)大阪 味園ユニバース 17:00 / 18:00
6月8日(木)渋谷CLUB QUATTRO 18:45 / 19:30
6月10日(土)新潟GOLDEN PIGS BLACK 17:30 / 18:00
6月11日(日)富山 MAIRO 17:00 / 17:30
6月15日(木)奈良NEVER LAND 18:30 / 19:00
6月17日(土)高松DIME 17:30 / 18:00
6月18日(日)高知X-pt. 16:30 / 17:00
6月20日(火)静岡UMBER 18:45 /19:15
6月24日(土)金沢AZ 17:30 / 18:00
6月25日(日)松本ALECX 17:00 / 17:30
7月1日(土)岡山YEBISU YA PRO 17:30 / 18:00
7月2日(日)広島SECOND CRUTCH 17:00 / 17:30
7月4日(火)松山サロンキティ 18:30 / 19:00
7月6日(木)鹿児島 SR HALL 18:30 / 19:00
7月8日(土)熊本 B.9V1 18:00 / 18:30
7月9日(日)福岡DRUM Be-1 18:00 / 18:30
7月11日(火)滋賀U★STONE 18:30 / 19:00
7月13日(木)郡山HIP SHOT JAPAN 18:30 / 19:00
7月15日(土)秋田SWINDLE 17:30 / 18:00
7月16日(日)仙台RENSA 17:00 / 18:00
7月22日(土)HEAVEN’S ROCK 熊谷 VJ-1 17:30 / 18:00
9月16日(土)札幌PENNY LANE24 17:30 /18:00
9月17日(日)札幌PENNY LANE24 16:30 /17:00
9月23日(土)名古屋BOTTOM LINE 17:00 /18:00
9月30日(土)桜坂セントラル 17:30 / 18:00
10月1日(日)桜坂セントラル※トーク&アコースティックライブ 16:30 / 17:00
10月9日(月・祝)新木場Studio Coast 16:30 / 17:30

<チケット料金>
オールスタンディング 前売 ¥4,000(税込)
オールスタンディング 当日 ¥4,500(税込)
10月1日(日)桜坂セントラル公演 自由席(前売)¥4,000-(税込)
自由席(当日)¥4,500-(税込)
STUDIOCOAST公演 2F指定 ¥4,500-(税込)
※要別途ドリンク代
※保護者1名につき3才以下1名まで無料、2名以上及び4才以上チケット必要

■リンク先
オフィシャルサイト
レーベルサイト

      

「怒髪天 増子直純が語る、バンドを磨き続ける理由「やってることに自信があれば何十年でも待てる」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版