>  >  > キスマイ藤ヶ谷、下積み時代の苦悩明かす

Kis-My-Ft2 藤ヶ谷太輔、デビューに至る13年間の苦悩明かす「辞めようと思ったこともあった」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔と髙嶋政宏が、5月17日オンエアの『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にゲスト出演。藤ヶ谷がデビューまでの道のりや当時の苦悩を明かした。

 入所オーディションで一度不合格になったものの、とあるきっかけで合格することができたと語る藤ヶ谷は、「(オーディションの際に)番号のプレートをお借りしたので、それを返さなきゃと思って『これどこに返せばいいですか?』って聞いたら、(ジャニー喜多川に)『YOUは初日に僕に話しかけるなんて凄いよ』と言われて(合格者の中に)番号をプラスされた」と、一発合格のエピソードを明かした。

 1998年にジャニーズ事務所に入所した藤ヶ谷は、Kis-My-Ft2としてデビューするまでに13年かかったという。国分太一にほかの後輩ジャニーズをどう思っていたのか問われると、「最初、KAT-TUNの一歩手前のグループに入っていたんですよ」と告白。「僕まだ中学生だったので20時以降にテレビに出れなくて、ジャニーさんが『YOU年齢的に出れないじゃん』と言われて、そこで外された」「(当時は)ずっと中丸(雄一)くんとシンメだった」と当時を振り返った。

 さらにKis-My-Ft2の横尾渉はNEWSとしてデビューする可能性があったと続け、「キスマイはデビューから外された人達の集まりなんですよ」「Kis-My-Ft2の“M”をマッスー(増田貴久)がやっていたこともあった」と語ると、松岡昌宏が「増田の“M”は「ミソスープ」の“M”だと思ってた!」と冗談交じりにつっこんだ。

      

「Kis-My-Ft2 藤ヶ谷太輔、デビューに至る13年間の苦悩明かす「辞めようと思ったこともあった」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版