>  > Flower×レーベルスタッフ特別対談(後編)

Flower『MOON JELLYFISH』インタビュー(後編)

Flowerが『MOON JELLYFISH』で迎えた転機「殻を破って新しいFlower像を出していかなきゃ」

関連タグ
Flower
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「『バラードで踊るガールズグループ』というカテゴリーを確立させていきたい」(重留真波)

170426_flower2.jpeg

 

ーー前編でも話してもらったように、色んなものを各メンバーがこれまでよりも積極的にインプットする時期で、何年後にどうアウトプットできるかのベースになる大事な局面なんですね。それを踏まえて、2017年以降のFlowerは何を発信していきたいかを最後に教えてください。

中島:「Flower=バラード曲」というイメージが強かった中で、前作「モノクロ」では新しいFlowerが出せたような気がしています。その次に出す楽曲もHIROさんを筆頭にどうアプローチするか色々考えさせて頂いていたので、それを踏まえて今回「MOON JELLYFISH」のような曲をリリースできることになりました。だからこのあとも殻を破って、どんどん新しいFlower像を出していかなきゃいけない、出していい時期になったのかなと感じています。その世界観をまず最初に作ってくれるのは小竹さんの歌詞と伶菜の歌声だと思ってるので、そこに置いていかれないように自分を高めていきたいです。

坂東:今のLDHは世界展開へ向かって環境も変化しつつあるところなんです。色んな方がLDHのアーティストに関わって、協力してくださる環境もどんどんできていて、歌や踊りを届ける以外の新しいエンタテインメントも続々と生まれている。そんななかで、Flowerはこれまで作り上げた世界観をさらに掘り下げて、もっと色濃いものを提示していけたらと思います。

170426_flower_int3.jpeg中島美央
170426_flower_int2.jpeg坂東希
170426_flower_int4.jpeg佐藤晴美

藤井:さっき美央が言ってくれた「Flower=バラード」というのは、これまで支えてくれた方には知られていますが、「誰もが知っている」という段階ではないと思うんです。色んなアーティストや表現者の方を見ていても、徹底的に突き詰めないと残らないものがあるというか。『Flower Theater 2016 〜THIS IS Flower〜』でやっていたことをさらに突き詰めるとしたら、もはや盛り上がるライブじゃなくても良いのではないかとすら思えますし、むしろライブという括りにすることが違うのかもしれないとすら考えていて。そういう風にFlowerでトライすることを、何かの基準とは違ったフォーマットで届ける機会を増やしていきたいです。LDHの海外展開については、機会があれば日本らしさとFlowerらしさを融合させたものが発信できると面白いのかもしれません。

鷲尾: LDHが新体制になって、より様々なチャンスが増えると思うので、今までに見たことがない自分たちならではの表現に挑戦していきたいです。もちろん、その中でも色んなものに対して何かを感じる気持ちは大切にしなければいけないので、リリースする度に頂く楽曲でも、もっと自分たちがインプットしたものや感じたことを歌とダンスで表すことのできるグループを目指していきます。

佐藤:Flowerの世界観やイメージをもっと深く根付かせた先にようやく「Flowerっぽい」で伝わる表現になったり、今まで味わったことがないような感情を抱いてもらえるパフォーマンスができるようになるんだと思います。パフォーマーとしては、その世界観を一言じゃ表せない不思議なものとして提示しつつ、核となるメッセージは伝わるような見せ方を追求していきたいですね。

重留:パフォーマンスや楽曲ももちろんですが、やっぱり自分たちはグループなので。どれだけ自分が全力でパフォーマンスしていても、全体の動きや印象でそれが良いものにも悪いものにもなるので、グループの色をまずは好きになってもらって、楽曲もパフォーマンスも全ての面で愛されるグループにならなければいけないと思います。『Flower Theater 2016 〜THIS IS Flower〜』ではグループの空気感を味わってもらえたはずなのですが、今後は楽曲一つひとつでもその雰囲気が伝わればいいと思いますし、最終的には「バラードで踊るガールズグループ」というひとつのカテゴリーを確立させていきたいですね。

(取材・文=中村拓海/写真=下屋敷和文)

インタビュー前編:Flower×レーベルスタッフ特別対談 グループの最大の強みは「パフォーマンスとボーカルの黄金比」

「MOON JELLYFISH」ミュージックビデオ

■リリース情報
『MOON JELLYFISH』
発売:4月26日(水)
価格:初回生産限定盤(CD+DVD)¥1,500+税
通常盤(CDのみ)¥1,000+税
期間生産限定盤(CDのみ)¥463+税

<収録曲(タイアップ情報)>
初回生産限定盤
1.MOON JELLYFISH(TBS系テレビ「ひるおび!」4月度エンディングテーマ)
2.とても深いグリーン

通常盤
1.MOON JELLYFISH
2.とても深いグリーン
3.カラフル ”a touch of jazz“ mix
4.MOON JELLYFISH (instrumental)   

期間生産限定盤
1.MOON JELLYFISH

<DVD収録内容>※初回生産限定盤のみ
1.MOON JELLYFISH  Music Video 

■配信情報
ベストアルバム「THIS IS Flower THIS IS BEST」
iTunes
レコチョク
mora
LINE MUSIC
Apple Music

■関連リンク
Flower Official HP
Flower Official YouTube Channe
Flower Official Twitter

「Flowerが『MOON JELLYFISH』で迎えた転機「殻を破って新しいFlower像を出していかなきゃ」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版