>  > FUKI×SHENのコラボが生んだ表現の可能性

『TWO the OCEAN feat.SHEN (Aloha Damashii)』対談

FUKI × SHENが挑んだ、“ライフソング”という表現の可能性「新しい風が吹いてきた」

関連タグ
Def Tech
JPOP
R&B
シンガー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エネルギーがいい形で回ってた」(SHEN)

170412_shen.jpeg

SHEN

ーーレコーディングに関してはいかがでしたか?

SHEN:一言で!

FUKI:え? あ、楽しかったです!

SHEN:Yeah! 楽しかったよね、うん。

FUKI:特に頑張らなきゃみたいな感じもなく、普段通りにやれたというか……あんまり覚えてないかも。それだけ自然な気持ちで歌えたってことなんだと思います。

ーーすごくナチュラルな歌声が響いていますもんね。

FUKI:そうですね。ほんとに力を入れず、ラクに歌えたと思います。リラックスできたのはどうしてなんでしょうね。曲的なものなのか、SHENさんと制作していく中でいいバイブスをたっぷりもらってたからなのか。どっちもかな。

SHEN:曲自体、ゆったりしたバイブスを持ってるからね。僕は今までのキャリアで言うと、ラップをしてみんなの気持ちを上げさせることを最重要だと思っていたんですよ。でも2年くらい前からウクレレを持ったことで、歌い方もゆったりしたものに変わってきた。スピーチ・レベル・シンギング、SLSっていう超小さな声で歌う歌唱法があって、そのトレーニングをしているおかげで声がどんどん変わってきてるんだよね。で、今回みたいなゆっくりな曲のときは特にそういう歌い方のほうが伝わるから、FUKIちゃんにもそれは伝えて。もっと声を小さく、気楽な感じでいいよって。俺もそうだけど、アーティストはスタジオに入ると頑張っちゃうからね(笑)。

FUKI:あぁ、そうでしたね。最初はいつものように頑張って歌っちゃってたんだけど、SHENさんのアドバイスのおかげで力を抜いて歌えるようになったんです。「え、こんなに声が小さくていいのかな?」って最初は思ったけど、録ったのを聴いてみると「あ、もっと弱くてもいいんだな」って思ったし。おもしろかったですね。

ーーたっぷり盛り込まれたコーラスも、この曲が持っているあたたかな空気感を増幅させていますよね。

FUKI:コーラスはもう頭で考えるのではなく、サウンドを聴きながらポロッと出てきた鼻歌を、「それいいね。入れちゃおう!」みたいな感じでしたね。難しいことは考えず、気持ちよく聞こえればいいかなっていう気楽な感じで(笑)。

SHEN:現場はほんとにいい雰囲気だったからね。俺とFUKIちゃんに加えて、EIGOがいたのも良かったと思う。3人いることでエネルギーがいい形で回ってたから。みんなが心を動かして、楽しみながら自分のセンスをどんどん発揮していたと思うな。今回の経験で意識が変わると、レコーディングにしても、ライブパフォーマンスにしてもFUKIちゃんは将来的にすごく成長していくんじゃないかな。彼女はね、俺がどんなアドバイスしても嫌がらないで受け止めてくれるんですよ。その上で自分の意見をちゃんと言えるアーティスト性もある。学ぼうという気持ちも強いしね。可能性がすごいと思いますよ。すごくいいよ!

FUKI:あははは。嬉しい、ありがとうございます。私は歌に関しても、曲に関してもけっこう悩んでいたところがあったんですけど、今回SHENさんと一緒に制作をして、いろんなお話を聞いたことで、自分の中に新しい風が吹いてきた感じがとてもしましたね。

ーーどんなことで悩んでいたんですか?

FUKI:例えば歌い方に関して言うと、私はけっこうパーンと強く力歌うタイプなんですけど、年齢を重ねるごとに、もうちょっと違う歌い方をしてみたい気持ちが強くなっていて。でも、私のいいところはそういう歌い方にあるとも思うので、どうしたらいいのかなとか。あと最初に言いましたけど、ラブソングの印象が強いせいで“FUKI= 恋愛の人”みたいになっている今の状況も自分なりに変えたかったですし。そういった悩みが今回のコラボで晴れたところがすごくありました。

SHEN:考え方も音楽もシンプルでいいんだからね。そういう気持ちでいれば大丈夫。

FUKI:うん。“余計なものはいらないよ”“Less is more(より少ないことは、より 豊かなこと)”っていうのも今回のテーマでしたもんね。

SHEN:そうそう。アーティストはよく7th、9th、11thとか難しいコードを使ってジャズの世界にいっちゃったりするんだけど、歌いやすくて覚えやすいシンプルなコードで全然いいんだよ。その中でおもしろい部分をちゃんと見せることができればね。歌詞だってそう。Def Techはハンパないくらい歌詞の量が多いけど(笑)、あれはラップだし、伝えたいことがあるからしょうがない。でも自分が最近作る曲に関しては、 歌詞の少ないハワイの曲を意識して、なるべく言葉を減らすようにはしているんだよね。

FUKI:私もけっこう言葉を詰め込む系の曲が多いので、今回はあえて抜いて抜いて、メロディを大きく取るようにっていう挑戦はしましたね。今回のいい経験を今後の曲どんどんに生かしていきたいと思います。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版