>  >  > GENERATIONS白濱、デビュー前の思いを語る

GENERATIONS 白濱亜嵐、デビュー前の思いを語る「俺らが絶対に続かなきゃ」

関連タグ
EXILE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月1日に放送された情報ワイド・バラエティ番組『王様のブランチ』のコーナー「買い物の達人」に三浦翔平、GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐が出演した。

 少年時代の貴重な写真と共に人生年表を紹介する「ブランチタレント名鑑」。2008年、当時14歳の白濱はダンスと運命の出会いを果たす。二代目 J Soul Brothersが、バス一台で全国を巡る武者修行をしていた時に、白濱の地元愛媛県でライブを行った。「(ライブを)偶然観に行ったのがきっかけで『ダンスやりてぇ』と思って大ファンになって。それからダンスを始めました」と話す白濱。続けて、「当時、(小林)直己さんが(EXILE/三代目 J Soul Brothers)ロングのドレッドで、頭をガンガン振って踊ってるのを、僕が手を伸ばしてドレッドに触ったんですよ。それで『あ、EXILEになりたい!』と思って」と嬉しそうに話した。

 また、EXILEになりたいということを友達に話していた白濱は、「あだ名が白(しら)ザイルだったんです……すごいバカにされてたんですよね。でも、嫌ではなかったんです。不思議と(EXILEに)なれるような気がすると思っていて」と当時の心境を明かした。2009年、演劇を中心に活動する劇団EXILEに入団した白濱は、愛媛から上京する。「いつかEXILEに繋がるのかなと思って、お芝居もそこから勉強を始めて。めちゃくちゃ大変でしたね。毎日レッスン詰めでしたし、演技の先生から『お前、向いてない』とか言われました」と苦しい時代を語った。

      

「GENERATIONS 白濱亜嵐、デビュー前の思いを語る「俺らが絶対に続かなきゃ」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版