>  >  > ピコ太郎、新曲のルーツを語る

ピコ太郎、ビヨンセに影響受けた新曲のルーツ明かす「踊りとラブソングが混ざりました」

関連タグ
V6
JPOP
TECHNO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トリに出演したピコ太郎は、先月行われた『第59回 グラミー賞』にて影響を受けた音楽が、アフリカ音楽を取り入れたビヨンセの「Love Drought」だたという。今後アフリカ音楽が来ると確信したピコ太郎は、アフリカ音楽にラブソングの要素を入れ新曲「I love you~アフリカの風に乗せて~」を制作。ピコ太郎は「魂で踊るというアフリカの音楽とラブソングが上手い具合に混ざんないかなと思ったらガチで混ざりました。バチバチに混ざって上手いこといったなと思っております。歌詞もアフリカ語が言えないのでアフリカっぽく歌ってます。ここはタモリさんリスペクトということで」と話しながら、楽曲について「あるんですよね。踊りという魂から揺さぶられる。そことラブソングが混ざりました!」と語り、ドープなアフリカ音楽とキャッチーなポップミュージックをミックスさせた「I love you~アフリカの風に乗せて~」と「ペンパイナッポーアッポーペン2017~春~Ver.」を歌唱した。

 ほかにも、乃木坂46が「インフルエンサー」、加藤ミリヤ/屋比久知奈が「どこまでも ~How Far I'll Go~」、flumpoolが「ラストコール」、Anly+スキマスイッチ=が「この闇を照らす光のむこうに」、尾崎裕哉「サムデイ・スマイル」、三代目 J Soul Brothersが「HAPPY」を披露。

次回は3月31日放送の『MUSIC STATION 3時間SP』にAKB48/坂道、X JAPAN、エレファントカシマシ、尾崎裕哉、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、CHEMISTRY、Cocco、ゴールデンボンバー、三代目 J Soul Brothers、浜崎あゆみ、藤巻亮太、三浦大知、ゆずを予定している。

(文=向原康太)

      
  • 2

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版