>  > ラックライフが人生賛歌を歌う理由

『Life is beautiful』リリースインタビュー

「幸せになろうなと言い続けたいし、幸せでありたい」ラックライフ PONが“人生賛歌”を歌う理由

関連タグ
ラックライフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「『GOOD LUCK』は夢の置き所でありたい」

――今後の予定として、怒涛のライブラッシュが始まります。まず、4月にはオーガナイザーを務めるイベント『GOOD LUCK 2017』の開催が控えています。

PON:もう当日のことを考えるだけで眠れそうにない。出演バンド全部見て、物販やって、自分らもライブやって……話しただけで、足つりそう(笑)。

――毎回8時間以上のランタイムですからね。『GOOD LUCK』の特徴と言えば、昨年出演したUNCHAINや藍坊主といった名うてのバンドの出演はもちろん、地元高槻を始めとした大阪の若手バンドや苦楽を共にしてきた同期のバンドが大挙しているところかと。

PON:パッと出演者を見ると超ドローカル、ヘタすればほとんど知らん!という人がいるんじゃないかな。でも、共に切磋琢磨してきたバンド、しかもみんなめっちゃいいバンドばかり。音楽が好きな人に、ちゃんと胸を張ってお客さんに紹介したいんですよ。そのための1日にしたくて。

――なんばHatchでの『GOOD LUCK』開催は今年で4年目。Hatchでやり続けることの意義みたいなものがあるのでしょうか?

PON:めちゃくちゃありますよ。東京の人はピンと来ないかもしれないですけど、なんばHatchって、大阪のバンドにとって最上級の特別な場所で、生半可なバンドが軽い気持ちでライブできるところじゃない。だから最初は、俺らを含めた、売れてへん上に名前も全然知られてへんバンドを集めて、力はないけど全員で力を合わせたら、おもろいもんができねん!というのを見せたくて。曲がりなりにもみんな必死こいてきたからこそ、今年も開催できるんかなと思ってます。だからいずれは、地元の連中だけで成立させるのが夢やし、将来、俺らだけでHatchを埋められるようになっても続けていきたい。それだけ『GOOD LUCK』は思い入れが深すぎる。

――地元のバンドや仲の良いバンドをフックアップする一方、ビッグネームのバンドを呼ぶ理由は?

PON:もう一つの意図として、『GOOD LUCK』は、夢を叶える場所でもありたいなぁと思って。その一つに去年の藍坊主みたいに、俺らが大好きなバンドを毎年必ず呼ぼうというのがあって。憧れのバンドに出てもらって、同じ空気を共有できるってなかなかできないし、何より名前が無いバンドが企画出演お願いします! と言ったところで絶対に無理。最初は力はなくとも、頑張って盛り上がりを生み出せば自分らの夢は叶うんやっていうのを出演するバンドや、お客さんにも感じてもらいたくて。今年はBUZZ THE BEARS、大石昌良さん、セックスマシーンに出ていただく予定です。10代の頃セクマシを観て暴れて、Sound Scheduleを観て一緒に大声で歌ったし、BUZZを観て震えたし。バンドとしてはもっと頑張らな!とケツ叩かれる気持ちになりますし、お客さんはええ音楽聞いたと幸せな気持ちになってもらいたいし。何より『GOOD LUCK』をキッカケにバンドを始めた!なんてなってもらえたら最高。音楽に携わる、みんなの夢の置き所でありたい。

――そして久々のロングロードツアーが、5月の仙台公演を皮切りに7月まで行われます。

PON:約2カ月も……エライこっちゃ(小声)。久々やなぁこのカレンダーの予定が“ライブ”で埋め尽くされたのを見るのは。やっとパツンパツンに詰まったツアーの開幕ですよ(笑)。

――そして全国ツアーのタイトルがこれまた素晴らしい。「生きてるだけで丸儲け」ですよ。

PON:アホ丸出しですかね(笑)。と言いつつ、『Life is beautiful』と対の言葉なんですよ。今回行く場所はどこもお世話になってきたハコなので、やっとこのツアーでメジャーデビューのお礼できるというのが嬉しい。俺らはやっぱ、ライブがないとダメになっちゃうんですよ、ライブで喜んでもらえたら最高やし、その喜ぶ姿をみて俺らもハッピーになれるから。それに、「ライブ来て!」と言われたら、行きたくなるじゃないですか(笑)。そんで、今度はコッチがお客さんに「来て!」と言ったら、またライブができて、また「来て!」と約束してもらえる。約束を交わした以上、もう一度行かなくちゃ。「また来るわ~」と言っておいて、もう行かへんとなったら、人として最低やないですか(笑)。

――義理堅い! ラックライフとライブハウスの約束は永遠に切れない関係ですね(笑)。

PON:俺らと、お客さんにライブハウス。どちらかが「もう、ムリ!ヤメや!」と言わない限り、この関係は終わらんでしょうね(笑)。

(取材・文=田口俊輔)

■リリース情報
ラックライフ 1st アルバム『Life is beautiful(読み:ライフイズビューティフル)』
発売:3月15日(水)
価格:2,800 円+税

<収録曲>
1.サニーデイ(アルバムリードトラック)
2.初めの一歩(TVアニメ『チア男子!!』OP主題歌)
3.view
4.shutto
5.アイトユウ
6.君の匂い
7.風が吹く街(TVアニメ『文豪ストレイドッグス』第2クールED主題歌)
8.素晴らしい世界
9.ラブリープリティーミュージック
10.変わらない空(TVアニメ『純情ロマンチカ3』ED主題歌)
11.モーメント
12.赤い糸
13.名前を呼ぶよ(TVアニメ『文豪ストレイドッグス』ED主題歌)

■ライブ情報
『ラックライフ Presents GOOD LUCK 2017~9th Anniversary & Album Release Party~』
日程:4月29日(土)
会場:大阪 なんばHatch
時間:OPEN 12:00/START 13:00
チケット:前売¥3,500
出演者:あいう/アルコサイト/ザ ・ モアイズユー/Self-Portrait/FouFou/HEADLAMP/LOCAL CONNECT/SHE’S/MAGIC OF LiFE …and more!
チケット一般発売中

『「生きているだけで丸儲け」ツアー』
5月12日(金)宮城・仙台enn3rd OPEN18:00/START18:30
5月13日(土)神奈川・横浜BAYSIS OPEN17:30/START18:00
5月14日(日)愛知・豊橋Club KNOT OPEN17:00/START17:30
5月16日(火)京都・京都MUSE OPEN18:00/START18:30
5月19日(金)新潟・新潟GOLDEN PIGS BLACK OPEN18:00/START18:30
5月21日(日)北海道・札幌SPIRITUAL LOUNGE OPEN17:00/START17:30
5月24日(水)茨城・水戸LIGHT HOUSE OPEN18:00/START18:30
5月26日(金)群馬・高崎FLEEZ OPEN18:00/START18:30
5月27日(土)埼玉・西川口Hearts OPEN17:30/START18:00
5月28日(日)千葉・千葉LOOK OPEN17:00/START17:30
6月2日(金)三重・四日市CHAOS OPEN18:00/START18:30
6月9日(金)佐賀・佐賀GEILS OPEN18:00/START18:30
6月10日(土)福岡・福岡Queblick OPEN17:30/START18:00
6月11日(日)広島・広島BACK BEAT OPEN17:00/START17:30
6月16日(金)鳥取・米子laughs OPEN18:00/START18:30
6月17日(土)島根・出雲APOLLO OPEN17:30/START18:00
6月18日(日)岡山・岡山CRAZY MAMA 2nd Room OPEN17:00/START17:30

チケット一般発売日:3月15日(水)~

『生きてるだけで丸儲け』ワンマンツアー

2017年7月8日(土)東京・shibuya TSUTAYA O-WEST OPEN18:00 / START18:30
2017年7月17日(月・祝)愛知・名古屋ell. FITS ALL OPEN17:00 / START17:30
2017年7月21日(金)大阪・梅田クラブクアトロ OPEN18:15 / START19:00

チケット前売:¥3,000-
ラックライフ メジャー1st Full Album “Life is beautiful”CD封入最速先行
3月15日(水)10時~3月22日(水)23時59分まで
・ラックライフオフィシャルHP先行
3月23日(木)10時〜3月30(月)23時59分まで
一般発売:4月29日(日)10時から

ラックライフ オフィシャルHP

「「幸せになろうなと言い続けたいし、幸せでありたい」ラックライフ PONが“人生賛歌”を歌う理由」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版