>  >  > スガ シカオ、20周年記念イベントで感無量

スガ シカオ、デビュー20周年イベントで斉藤和義、トータス松本、浜崎貴司と“感無量”共演

関連タグ
スガ シカオ
森広隆
斉藤和義
トータス松本
浜崎貴司
JPOP
ROCK
シンガーソングライター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スガ シカオが2月26日、舞浜アンフィシアターにて『スガフェス EXTRA 〜アコギ侍の宴〜』を開催した。同ライブは5月6日にさいたまスーパーアリーナで行なわれる『スガフェス!~20年に一度のミラクルフェス~』のキックオフイベント。舞浜アンフィシアター公演にはオープニングアクトに森広隆を迎え、斉藤和義、トータス松本、浜崎貴司が参加した。

20170303-suga3.jpg

斉藤和義

 20170303-suga2.jpg

トータス松本

 まずはオープニングアクトを務める森のライブからスタート。森は声量が際立つ「ただ時が経っただけで」やグルーヴィな「ゼロ地点」など4曲を歌い、開演前の会場を早くも盛り上げた。その後観客の拍手に出迎えられ、斉藤が登場。リラックスした様子でギターを手にし、「ずっと好きだった」を優しい歌声で披露した。「スガくん20周年おめでとう!」と当日にデビュー20周年を迎えたスガを祝うと、この日急遽楽屋で練習したというスガ率いるkōkuaの楽曲「Progress」を歌唱。さらに自身の新曲「遺伝」を歌い上げ、ステージを後にした。

 続いて飄々と現れたトータスは「不思議な雰囲気だね」と微笑むと、「笑えれば」「サムライソウル」をストレートな歌声で歌唱。MCでは「オレが常識人だから、スガくんみたいな奇天烈な人に憧れる」と発言して笑いを誘い、スガの「午後のパレード」を歌って会場を沸かせる。さらに「チークタイム」に続き、「東京ブギウギ」が原曲の「クリアアサヒ」CMソングも披露するなど、トータスらしい茶目っ気たっぷりのステージとなった。

 そして浜崎は「ウイスキーが、お好きでしょ」をワンコーラス歌唱し、そのまま「♂+♀(ボーイミーツガール)」で会場の緊張感を高めていく。スガが作詞を手がけた「夜空ノムコウ」と自身の曲「風の吹き抜ける場所へ ~Growin' Up Blowin' In The Wind~」のマッシュアップでは、伸びやかで深い歌声で会場中を魅了した。最後にスガをステージに呼び込むと、「幸せであるように」をコラボ。真っ直ぐで凛とした浜崎のボーカルにハスキーがかったスガの色気あるコーラスが重なる様子に、思わず聴きいってしまった。

20170303-sg1.jpg

スガ シカオ、浜崎貴司

     
  • 1
  •  

「スガ シカオ、デビュー20周年イベントで斉藤和義、トータス松本、浜崎貴司と“感無量”共演」のページです。スガ シカオ森広隆斉藤和義トータス松本浜崎貴司JPOPROCKシンガーソングライターの最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版