>  > SECONDが語る、グループの“本格始動”

EXILE THE SECOND『BORN TO BE WILD』インタビュー

EXILE THE SECONDが語る、グループの本格始動とこれから「自分たちで新しい道を切り拓く」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EXILE NESMITH「一本でも多くライブをやりたい」

20170224-akira.jpgEXILE AKIRA

――今年はLDHの新体制の発表もあり、いろんな形で変化のある年になりそうです。SECONDはそのなかでどこへ向かっていくのか。何か見えているものは?

EXILE AKIRA: LDHにはいろんな変化があり、さらなる高みを目指して世界に羽ばたいていくところですが、SECONDに関しては、EXILE TRIBEのなかでも唯一「PRODUCE BY EXILE THE SECOND」ですべてやらせていただいています。だから、地に足をつけて、自分たちがすべきことを着実に一つひとつ、6人で結束力を高めて追求していきたいと思う。音楽性もそうだし、パフォーマンスもそうだし、クリエイティブの部分もそう。大人として自分たちできちんと考えていくチームなんですよね。だから、LDHという会社の一員でありながら、EXILE THE SECONDという会社みたいな感じ。自分たちで開拓して、新しい道を切り拓いて、素敵な音楽を作っていこうと。

黒木啓司:個々のメンバーにそれぞれの役割もありながら、全員がグループのためにという気持ちでやっています。みんなが見ている方向が同じなので。

――例えば、意見が分かれて議論が白熱する……みたいなことは?

黒木啓司:ほとんどないですね。昔、HIROさんが「小さなことで揉めている場合じゃない」と言っていたのが、分かるようになった。細かいことで揉めていないで、高みを目指しながら、ネクストステージに進まないといけない。だから変に揉めたりという、ムダなことはしなくなりました。

――2017年のSECONDは、さらに加速していきそうですか?

橘ケンチ:そうですね。2016年は本当にたくさんの方々のおかげで、本当にいい一年目、本格始動のスタートを切ることができました。最初は“どこに石を投げるか”と少し迷った時期があったんですけど、自分たちが望んでいる方向にだんだんと近づけて、地盤固めができてきた一年だったので、今年はその地盤をもっと強化しつつ、もっともっと先に進むスピードを上げていきたいなと思います。

そして、応援してくれる方々と直接会えるようなタイミングは、去年以上に作っていきたいですね。僕らは“ライブ命”みたいなところがあるので、音楽を作り、それを生で共有して、会場のお客さんと一体になって、何か幸せを感じてもらって、また次会う日まで……みたいな、そういうことを繰り返していきたい。今回のアルバム、まだツアーが続くのに、ライブDVDをつけるという冒険もしているんです。映像を観てから生のライブと比較してもらうのもいいし、併せて楽しんでもらえたらうれしいですね。

20170224-nes.jpgEXILE NESMITH

EXILE SHOKICHI:ツアーも続きますし、このアルバムを引っ提げてパフォーマンスを重ねて、そこでいろんなものを吸収して、また新しい音楽を作る。それが一番ですね。

――ちなみに、ライブに行く前に今回のアルバムを家で楽しむ人も多いと思いますが、オススメの楽しみ方は?

EXILE SHOKICHI:本当にいろんな楽しみ方できますよね。一枚通して聴いてもいいし、テンション上げたいときに聴いてもいいし、それに加えて、例えば「SUPER FLY」だったり、昔の曲のオマージュになっている部分もあるんです。

――スティービー・Bの曲とか。

EXILE SHOKICHI:そう。「Mo Bounce feat. Far East Movement」という曲もそうで、Far Eastが書いてきたリリックに、クラシックなヒップホップやR&Bのタイトルやアーティスト名が入っていたり、いろんな仕掛けをしてきたので、こっちはこっちでジャパニーズヒップホップのリリックを引用したり。そういう日米の遊び心が散りばめられている曲もある。例えば、ジャパニーズヒップホップの引用は8カ所あるので、それを探してみても楽しいと思います。ぜひいろんな楽しみ方をしてもらいたいですね。

――そういうクリエイティブな遊びも本作の魅力ですね。NESMITHさん、最後にあらためて2017年の抱負を。

EXILE NESMITH:みんなも言うように、SECONDはライブから生まれて、ライブに強いグループだと思うので、一本でも多くライブをやりたいですね。3月以降の追加公演では、まだ行ってない地域……静岡や青森にも行かせていただくので、より細かく、全国のいろんな場所に行って、自分たちの音楽を生で体感してもらえる場所をどんどん作っていきたいです。夏になればフェスもあるし、より多くの方にお会いできるのを楽しみにしています。

(取材=神谷弘一/構成=橋川良寛/写真=下屋敷和文)

EXILE THE SECOND「SUPER FLY」MV

■リリース情報
『BORN TO BE WILD』※全形態スマプラ対応
発売:3月1日(水)
価格:【AL+DVD3枚組】¥6,980+税
※初回盤:三方背ケース・デジパック仕様
※初回特典(封入):写真集
【AL+Blu-ray Disc3枚組】¥7,980+税
※初回盤:三方背ケース・デジパック仕様
※初回特典(封入):写真集
【AL+DVD】¥3,980+税
【AL+Blu-ray Disc】¥4,980+税
【AL】¥2,800+税

<CD収録曲>
DISC-1(CD)※全5形態共通
1. SUPER FLY
2. YEAH!! YEAH!! YEAH!!
3. Break It Down
4. 24/7 Cruisin’ feat. LL BROTHERS
5. Shut up!! Shut up!! Shut up!!
6. Dirty Secret Remix feat. AKLO
7. Shelly
8. Mo Bounce feat. Far East Movement
9. Going Crazy
10. Beautiful Angel
11. Because I Love You
12. RAY
13. Step into my party
14. WILD WILD WILD

<DVD/Blu-ray収録内容>
DISC-2(DVD/Blu-ray -LIVE-)※3枚組のみ
『EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2016-2017 “WILD WILD WARRIORS”』
1.WILD WILD WILD
2.YEAH!! YEAH!! YEAH!!
3.ASOBO!
4.One Time One Life
5.HEAD BANGIN’
6.Choo Choo TRAIN
7.LA・LA・LA LOVE SONG
8.TETSUYA’s TAP SHOWCASE
9.I Wish For You
10.September
11.Without You (Interlude)
12.Missing You
13.let it go
14.Dirty Secret
15.GO ON THE RAMPAGE/THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
16.Parade of THE RAMPAGE/THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
17.Lightning/THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
18.SHOKICHI’s DRUM SOLO
19.BACK TO THE FUTURE
20.Don’t Stop the Music
21.青の日々
22.The One
23.プライド
24.WILD STYLE ~THE PERFORMERS’SHOWCASE~
25.THINK ‘BOUT IT!

DISC-3(DVD/Blu-ray -LIVE&Documentary-)※3枚組のみ
『EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2016-2017 “WILD WILD WARRIORS”& www.thesecond ~THE FINAL EPISODE: Road to WILD WILD WARRIORS~』
26.SURVIVORS feat. DJ MAKIDAI from EXILE
27.BUMP UP
28.HERE WE GO
29.CLAP YOUR HANDS
30.Going Crazy
【ENCORE】
EN-1.Shut up!! Shut up!! Shut up!!
EN-2.RAY

【Documentary】
『www.thesecond ~THE FINAL EPISODE: Road to WILD WILD WARRIORS~』

DISC-4(DVD/Blu-ray -Music Video-)※CDのみ盤のぞく
1.YEAH!! YEAH!! YEAH!!
2.Shut up!! Shut up!! Shut up!!
3.WILD WILD WILD
4.SUPER FLY

オフィシャルサイト

「EXILE THE SECONDが語る、グループの本格始動とこれから「自分たちで新しい道を切り拓く」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版