>  > SWANKY DANKがロングツアーで得た充実と課題

SWANKY DANKが47都道府県ツアーで得た充実と課題「自分たちの“思い”がライブには必要」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

170125_sd_7.jpeg

 

俺らが出し切るしかない(KOJI)

ーーSWANKY DANKは自らポップパンク・バンドだと明言していますが、シーンの現状というのはどうですか。

YUICHI:ポップパンクシーンの盛り上がりを復活させたいですね。シーン自体がなくなってしまったとまでは言わなくとも、メロディックに隠れてしまってるところはあると思うんです。それを自分たちがよりデカいものに、メロディックシーンに匹敵するようなでかいシーンにしたい。

ーーラウドやパンク・シーンでは、それぞれに大きなイベントがあったり、ツアーを組んで盛り上げていこうという動きがありますが、ポップパンクとしての盛り上げの起爆剤については考えていたりするんですか。

YUICHI:今のところは考えていないですね。自分たちがいかにポップパンクとして認識されるのかっていうことには挑んでいるんですけど。例えば何か新しいことをやったとしても、「SWANKY DANKってポップパンクだよね」っていう一つの基準があれば、自分たちがどんなことをやってもそれがポップパンクになる。そういうところまで持っていきたいんです。

ーー今回の47都道府県ツアーが、その基盤作りとして繋がっていくんですね。各地の盛り上がりを見て、いい兆しはありましたか。

YUICHI:とにかく人との出会いですかね。例えば、音源を聴いてSWANKY DANKを好きになってくれたけど、ライブは行ったことがないとか、地方に住んでいて大阪や福岡までライブに行ったことはないしなっていう人たちがいたとして。でも、俺たちが彼ら彼女らの地元まで行けば、音源も好きだしライブにも行ってみようかっていう人がすごくたくさんいたんですよね。初めてライブを見る人って聞いた瞬間、手を挙げる率が高かったんです。音源は持っていたけど、ライブは観たことがない。でも今回ライブに来て、別日のチケットを買いましたっていう人も、いっぱいいてくれたので。そういう出会いがあって、もし俺たちが足を運べなくても、逆に足を運んでくれるっていう出会いがこのツアーではあったので。それは大事にしたいなって思いましたね。またすぐ47都道府県行けって言われたら、ちょっと待ってってなりますけど(笑)。今回は会いに行ったから、一度こっちにも会いに来てねって(笑)。

KOJI:これでまたファイナル・シリーズが終わったら、いろいろ考えることがあると思うので。曲作りはつねにしているんですけど。こんな感じにしていきたいという構想はあるので、このツアーを経て面白いものを作れると思います。

ーーワンマンについても伺いたいのですが、今回東京では渋谷TSUTAYA O-EASTという大きな会場になりますね。

KOJI:47都道府県ツアーも挑戦だったんですけど、大きな会場でのライブも挑戦なんですよね。もう、俺らが出し切るしかないというか。いま自分たちができること、47都道府県ツアーを回ってきた、その集大成を見せたい。ワンマンならではの曲もセットリストには入っているので。俺らが伝えたいたくさんのことを少しでも感じてもらえるようなワンマンにしていきたいですね。

(取材・文=吉羽さおり)

■ライブ情報
『SWANKY DANK “it is WHAT it is”TOUR -FINAL SERIES ONEMAN SHOW-』
1月28日(土)渋谷TSUTAYA O-EAST

※1月28日渋谷TSUTAYA O-EASTのライブにご招待(5組10名様)
ご希望の方は下記のアドレスまで必要事項(お名前・年齢・ご住所・電話番号)をご記入のうえご応募ください。
swankydank-prfb@v.avex.co.jp

■リリース情報
『it is WHAT it is』
発売:2016年8月3日(水)
価格:¥1,728(税込)
01 MADE A MESS
02 BELIEVE IN MYSELF
03 TIME
04 WIMP
05 BAD GIRL
06 IN THE END

SWANKY DANKオフィシャルサイト

「SWANKY DANKが47都道府県ツアーで得た充実と課題「自分たちの“思い”がライブには必要」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版