>  > KinKi Kids、紅白初出場直後の思いを語る

KinKi Kids、紅白初出場直後の思いを語る 堂本光一「普段我々を見ない方にも届くように」

関連タグ
KinKi Kids
SONGS
アイドル
ジャニーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KinKi Kidsが、1月14日放送の『SONGS』(NHK総合)に出演。“大人の心を震わせる音楽番組”をコンセプトに掲げ、様々な形でアーティストの歴史を振り返る番組で、「SONGS KinKi Kids Spin off」と題し昨年11月時に放送出来なかった未公開映像と彼らが初出場した『第67回NHK紅白歌合戦』(同)の舞台裏密着映像を放送した。

 2人にとって思い入れの深い紅白の会場であるNHKホール。その場所に今年、KinKi Kidsは紅白出場歌手として訪れた。紅白恒例の司会者打ち合わせに臨む。白組司会であり、2人の後輩でもある嵐・相葉雅紀との思い出に話が膨らんだ。堂本光一が「相葉が後ろで踊ってたりしてたっけ?」とコメントすると、相葉が「『愛されるより愛したい』でバックで踊ってましたよ。それから17年も経つんですね」と嬉しそうに返答。光一も「お互いそれなりに年をとりましたね」と述べる。1999年の紅白にてコーナープレゼンターとしてKinKi Kidsが登場し、「フラワー」を披露していたことについて相葉が懐かしそうに触れると、光一も「ありましたね。飛ぶ車に乗って」と当時を振り返った。

 光一は紅白初出場で披露する「硝子の少年」に関して、「ずっと20年やってきた中でも、ずっと僕らの土台としてある楽曲だと思うんですよね。紅白に関しては僕ら新人みたいなものですが、『ああ、さすが20年やってるだけあるな』というものをお届けしないといけないなというプレッシャーみたいなものを自分に課して、見てくださっている方々にお届けできたらと思ってます」と楽曲への思いの強さをアピールした。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版