>  > BAND-MAIDが見出したバンドの芯

1stフルアルバム『Just Bring It』インタビュー

BAND-MAIDが、充実の2016年を経て見出したバンドの芯「今までとは違った“強さ”も見せたい」

関連タグ
JPOP
ROCK
バンド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「音で説得させたい」(KANAMI)

ーー小鳩さんはいかがですか?

小鳩:今回はバンドで作曲した曲だけじゃなくて、作家さんに提供していただいた曲でも作詞をだいぶさせていただいて。本当は時間をかけて書きたかったんですけど、ツアー中の制作ということで限られた少ない時間の中で、自分を追い込んで書いたものがたくさんあるんですっぽ。そういう意味では、この作品自体すごく思い入れが強いですね。特に印象に残ってるのは、私がメインで歌わせてもらっている9曲目の「TIME」。こういうこともフルアルバムでしかできないことだと思うんです。

ーー「TIME」の歌詞は決意表明的な内容ですよね。

小鳩:そうですっぽ。曲を聴いたときにすごく前向きな印象を受けたので、過去を踏まえて先に進んでいく覚悟を見せられたらと思って書きました。そういう意味でも、いろんな “時間”を感じていただける曲になったんじゃないかな。

ーー歌詞で書きたいことや伝えたいことにおいて、この1年で変化はありましたか?

小鳩:もともとBAND-MAIDの歌詞には強い女性像というテーマがあるんですけど、今まではただ強さだけを主張するものが多くて。でも、自分たちで楽曲制作をするようになってからはもう少し闇の部分とか、強さの中にある弱さとかも見せていきたいと思うようになったんです。なので今回のアルバムでは、今までとはちょっと違った意味合いの“強さ”も見せていけたらというふうに、意識が変わってきたと思いますっぽ。

ーーなるほど。では、続いて彩姫さん。

彩姫:今回のレコーディングではただ勢いだけではなくて、いろんな表情のつけ方をスタッフさんから学びました。例えば「Puzzle」なんですけど、歌詞が……不倫?

小鳩:不倫とか浮気とか、そういうイメージ。

彩姫:女性って何かいけないことをしているのが楽しいみたいな、そういうところがあると思うんです。

他のメンバー:えーっ!?(笑)

彩姫:(笑)。なので、あまり暗くなりすぎないように、意識して歌いました。ドロッとしすぎるとBAND-MAIDっぽくないので、そこは違うかなと思いながら歌って。そして「モラトリアム」はライブ曲として考えていたので、みんなで歌ってもらえるようなフレーズも入れました。レコーディングではスタッフさんに手伝ってもらって声を入れたんです。

小鳩:「WOW WOW WOW〜」っていうところは、男性スタッフさんに歌っていただきました。

彩姫:ぜひお給仕でみんなで歌えたらなと思いますね。

ーー今回、そういうシンガロングできるタイプの楽曲が増えましたね。

彩姫:そうですね。今までのBAND-MAIDにはそういう曲がなくて、自分たちで演奏して「そこで見てろ」みたいな感じだったので(笑)、今回はひとつになれる曲を増やしたいねって思いで制作したところはあります。

ーー最後はKANAMIさん。

KANAMI:今回ほとんどのギターソロは事前に練って、すごく練習して持っていったものばかりだったので、全部聴いてもらいたいです(笑)。中でも「Awkward」は曲を作ってから意外と早く歌詞も上がってきて、歌詞をもらった後にレコーディングしたので、歌詞を反映したギタープレイになってます。

ーー個人的には「secret My lips」のソロ明けの、ギターフレーズがすごく好きで。

KANAMI:本当ですか? あそこもすごく練っていて、ギターテックさんにいろいろアドバイスをいただきながら弾きました。それと「So, What?」は作曲者の後藤(康二)さんがかなりロッカーな方で、「もっと感情的になって、ここは弾こうよ!」と言われて「ソロを考えてきたんですけど、じゃあ別のフレーズを弾いてみます」みたいに弾いたこともあって(笑)。楽曲提供していただいたものは、その場で何パターンかその場で考えて弾くことが多かったです。

ーー今回のレコーディングを経験したことで、皆さんミュージシャンとしてかなり成長したことが伺える1枚に仕上がったと思います。それこそガールズバンドに対して偏見を持つ人を、音でねじ伏せるぐらいの強い意志を感じました。

KANAMI:お給仕もですけど、音で説得させたいよね。

小鳩:まずは聴いてもらって、たくさんの人に「かかってこい!」と言いたいなと思いますっぽ。

ーーアルバム発売直前の1月9日には、赤坂BLITZでのワンマンお給仕も控えています。

小鳩:「BLITZワンマン」という響きが自分たちのものじゃない気がしていて(笑)。変な感じがするよね?

彩姫:まだあんまり考えたくないというか(笑)。

ーーえ、なんでですか?

小鳩:急に大きくなったので、怖さとかいろいろあるしね(笑)。

彩姫:ワンマンだと初めての規模の会場なので、すごく胃がギューっとなります(笑)。でも楽しみですけどね。プレリリースのお給仕なので、「かかってこい!」なセットリストにしちゃおうと思います。

小鳩:ぜひこの日にご帰宅(=来場)していただいて、アルバムの感触を掴んでいただけたらなと思いますっぽ。

ーーでは最後に皆さんそれぞれ、2017年の展望や目標を聞かせてください。

MISA:海外にもたくさん行きたいし、日本の大きいフェスにも出たいです。

彩姫:日本ではまず、お茶の間に知ってもらえるようなバンドになりたいと思います。海外だったら昨年はヨーロッパ中心だったので、次はアメリカのほうを攻めていきたいな。あと、一度行った国に何度も行けるようになって、地元のご主人様お嬢様から「おかえり!」と言ってもらえるようにもなりたいです。

小鳩:いろんな国の方とBAND-MAIDでコミュニケーションが取れたらいいな。それと今年は酉年なので、小鳩の年にしてやりたいなと(笑)。日本中を「くるっぽ」と言わせられるようになりたいと思いますっぽ!

AKANE:「YOLO」がスマホアプリのタイアップになったように、今後もそういう形でどんどんバンド名を外に向けて発信できたらな、というのも目標ですね。

KANAMI:ギターやバンドの技術向上はもちろんなんですけど、今回みたいにいっぱいバンドのオリジナル曲を入れてもらえるように、とにかくもっと頑張りたいです。

ーーもしかしたら、アルバム全曲オリジナル曲というのも挑戦かもしれないですね。と同時に、作家さんの曲を入れてバランスを取れるのも、BAND-MAIDの強みでもありますし。

小鳩:そうですね。いろんな色を出せていけたらなと思っているので、いただく曲も大事にしたいなと。そこからいいところだけ奪って、自分たちのものにしていけたらなと思いますっぽ!

(取材・文=西廣智一)

■リリース情報
『Just Bring It』
【通常盤】 ¥2,900 (税込)
【初回生産盤】 ¥3,700 (税込)
〈収録曲〉
1.Don't you tell ME
2.Puzzle
3.モラトリアム
4.YOLO
5.CROSS
6.OOPARTS
7.Take me higher!!
8.So,What?
9.TIME
10.you.
11.Awkward
12.decided by myself
13.secret My lips

■ライブ情報
『BAND-MAID「1st Full Album『Just Bring It』Pre-Release One-man 〜新年 初お給仕はじめます〜」』
1月9日(月) 赤坂BLITZ

■オフィシャルサイト
http://bandmaid.tokyo/

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版